Search

検索したいワードを入力してください

新卒のときの志望動機の書き方と例文(希望職種別の注意点)

更新日:2020年08月20日

新卒は志望動機の書き方がわからない、と手が止まることがあります。志望動機はあなたの熱意を伝えられる大切な場です。しっかりと企業を研究することももちろんですが、書き方を知っておきましょう。新卒の人だからこそ押さえておくべき書き方を紹介します。

新卒の志望動機の書き方の例

新卒で就職活動をしている人にとって、就職活動は未知数なことばかりです。面接の対策から、履歴書やESの志望動機の書き方まで、挙げていけば心配事はキリがないでしょう。

せっかくインターンシップを行っていたり、貴重な体験をしていても書き方を間違ってしまってはうまく伝わりません。新卒は社会人になっていない人を取るための場です。だからこそ企業の下調べに加えて、志望動機の書き方などの学生とは違うビジネス用の書き方を押さえる必要があります。

就職活動は悪き言われがちですが、そういった意味では新卒が社旗人になる前の訓練とも言えるでしょう。ここでは、新卒の志望動機の書き方に焦点を当てて、希望職種ごとに見ていきましょう。

履歴書の書き方

履歴書とは、あなた自身の個人情報が詰まっている書類です。半分程度の欄が職歴や学歴、そして資格などの情報で埋まります。志望動機を記入する欄はわずかしかないのが履歴書の志望動機の特徴です。

記入欄が狭いからこそ、無駄を省き短くまとめる必要があります。履歴書での志望動機の書き方としては、一文目に言いたいことをずばりと書くことです。例としては「貴社のマーケティング部で働きたいです。」のようになります。

その後、具体的に少し掘り下げ、最後に入社後の目標など未来に向けた一文を入れて締めます。

新卒のESの書き方

ESとはエントリーシートの略で、履歴書だけでは経歴や学歴はわかるが、候補者の人となりがわかりにくいため、企業側が独自に質問項目を設けていることが多いです。中には、就職サイトで登録してそれを使いまわすこともあります。

ESは履歴書に比べると一つ一つへの質問への答えが長くなります。当然志望動機の欄も多くなるため、書き方を知らない新卒は書いているうちに要点がずれる、主張が伝わらないということがよくあります。

ESの志望動機の書き方はまず、大筋を書きだすことです。手間にはなりますがこうすることで文章の論理的つながりなどの文章の構成自体に目が行きます。ここでも最初に志望動機を明記します。その後具体的に掘り下げて、未来に向けての文章で終わらせるというのは一緒です。

しかしそれぞれの要素の長さが変わってくるという点と、履歴書に比べて表面をなぞっていては落とされる危険が高まります。長くかけるからこそ具体例などを用いて詳しく書きましょう。

新卒が志望動機を書くときの注意

新卒が志望動機を書くときにはいくつか注意すべき点があります。

まずは結論を先に書くということです。ビジネスはこれができていないと読んでもらえないことすらあります。そして志望動機が、浅い内容にならないことです。書いた後にその企業に向けてかけているかを見直しましょう。初めての人が読んでどこにあてて書いているかわからないような特徴のないものは使いまわしと判断されかねません。

また、あなたの主観ではなく実体験や成果をもとにアピールしましょう。

希望職種別の志望動機の書き方の注意点

志望動機の書き方は、新卒の希望している職種によって違ってきます。当然といえば当然dネス。そして大切なのは競合他社ではなくなぜその企業を選ぶのかをはっきりとさせることです。

他社ではいけない理由、趣味や大学院での学びではいけない理由など、具体的に新卒だからこそ志望動機の熱意が求められます。

事務

女性の新卒での採用が多い、事務職の志望動機の書き方を見ていきましょう。事務職は総合職に比べると給料が安い、出世や専門性が狭いという特徴がアリアm素。企業側として気になるのは、どうしてあえて新卒が事務職を選ぶのかです。

とりあえず新卒で就職浪人を避けようと考えている人を取りたいわけでは似のが企業側の本音です。そのため志望動機の書き方で振り分けることもあります。

志望動機の書き方としては事務職を志望する理由を詳しく書きましょう。また資格などをさりげなく盛り込んでおくとやる気が伝わります。

事務職だからといって、書き方を考えずに、他社の使いまわしはやめましょう。

IT系

IT系の職種は、新卒では未経験で志望する人が多いのが日本の就職活動の現状です。企業側も文系でも活躍できるとは謳っていますが、努力しなくてもいいという意味ではありません。

知識を持っていない、そしてIT系は変化が激しいからこそ、書き方としてはやる気だけではなく、努力家であることをアピールしましょう。

新卒によくある間違いとして、人との交流が苦手でもなれると考えている人がいますが、IT系もコミュニケーションは必要です。一人でもできる仕事としての認識をもとに志望動機を書くのは避けましょう。

理系

理系の企業での志望動機の書き方はほかと一線を画します。なぜなら、新卒であっても専門知識を要する職種だからです。

興味を持った経緯や、その職種に対しての知識を持ていることを書きましょう。学歴としてではなく研究内容や資格の有無などの実践がものを言う職種です。

書き方も、新卒だからやる気を見せればいいというわけではないのが特徴です。

看護師

看護師も新卒でありながらしっかりとした知識が求められます。しかしそれに加えてどうして選んだのかを志望動機に盛り込む必要があります。

看護師も働く場はいろいろとあります。その中でどうして選んだのかを書きましょう。また書き方としては人の役に立ちたいという理由に加えて、あなたらしさを出すのがポイントです。

薬剤師

薬剤師の志望動機の書き方を見ていきましょう。薬剤師は知識があるのは前提になります。また実習も積んでいるはずです。では何が必要かというと新卒が底を選んだ理由です。大きなところから小さなところまで規模が異なれば、得意としている分野も違いがあるでしょう。

その会社についての知識を持ち、他社との差別化を図るのが新卒での書き方として大切です。

初回公開日:2017年10月24日

記載されている内容は2017年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests