Search

検索したいワードを入力してください

ESに書く自己紹介例文|趣味/特技/志望動機/弱みなど

更新日:2020年08月20日

ESを書くにあたっては、企業が求める人材に近づける必要があります。また、ESを書くには、ネガティブな書き方をしてはいけません。例え欠点を書く場合にも、克服するために努力してしるといった前向きな書き方をしましょう。なぬべく手書きで書き、熱意と誠意を伝えましょう。

内定に近付くESの書き方

エントリーシートを書く場合には、手書きで書くことをお勧めします。もちろんESはパソコンで作成しても構いませんが、就職活動中はESの書き方や文字により、応募してくる方の人となりをある程度判断材料としています。そこで今回はESの書き方や、そのポイントについてお話ししましょう。

ESを書く場合の書き文字

ESを書くにあたっては、できる限り丁寧な文字で書くということと、楷書体にするということです。文字を書くにあたって自信のないという方でも、どれだけ丁寧に書かれてあるかに重点をきますので、文字がきれいにかけないという方も、誠意をこめて書きましょう。普段の書き方で乱暴に書かれたESでは、受け取る方に読んで 頂こうという気持ちが伝わりません。

ESを書くのであれば、たとえ上手に書けなかったとしても間違いがないよう丁寧に書きあげるよう心掛けるだけでも、読み手の方に一生懸命さが伝わり、好印象を与えられます。

ESを書く場合には、文字の大きさに統一感が出るようバランスに注意して、文字が曲がってしまわないよう、まっすぐ書くように心がけてください。鉛筆と定規で線を引き、その線に沿って文字を書き、書き終えたらインクが乾いたかどうかを確認し、跡が残らないよう、きれいに消しておきましょう。

ESを修正する方法

ESを書き損じてしまった場合には、もう一度始めから書き直す必要があります。あと少しで書き終りそうだったESを書き損じてしまい、もう一度書き直さなければならなくなると、大変な手間と時間がかかります。ですが、その手間を惜しむために、修正液や修正テープを使用してはいけません。

ほんのわずかな手間も惜しむいうことは、実際に入社した後も、仕事に対しても同じように手を抜くような人物と思われかねません。そのためESを書き損じてしまった場合は、もう一度新しい用紙に書き直すよう心がけましょう。

その他の注意点

ESを作成する場合には、黒のボールペンを用いましょう。ESを書く場合には、筆ペンやサインペンといった筆記用具を用いないでください。サインペンやマジックでは、紙がインクを吸ってしまい、書いた文字が潰れて読み取れなくなってしまいます。

また、印鑑を押すのであれば、一番はじめに捺印することをします。印鑑は失敗しやすいものですので、きれいに書きあげた後で捺印を失敗してしまい、初めから書き直しとなると大変な手間がかかってしまいます。最後に誤字脱字や記入漏れがないかどうかをチェックして完成です。

ESに書く自己紹介例文

ESに自己紹介文を書く場合には、いかに企業側が求める人物に近付けるかどうかにかかっています。ただし、自己紹介文は、長くなり過ぎないよう注意をし、わかりやすく端的に書く必要があります。企業側が何を求めているのかを意識しながら、読み手側から見てわかりにくくない顔どうか注意しながら書きましょう。

それでは次に、わかりやすい自己紹介の書き方について例文をご紹介しましょう。

趣味

ESに趣味について書く場合は、それが企業の役に立つかどうかといった利点について判断される可能性はあまりありません。趣味はあくまで、応募者の人となりを知る上で必要な項目です。そのため、ギャンブル性の高い趣味や悪いイメージを持たれかねない趣味についてはESに書かないようにしましょう。

とはいえ、ESに嘘を書く必要はありません。面接で趣味について詳しく問われた時に、答えられなかったら相手の方に不信感を与えてしまいます。イメージを良くしようとするあまり、大げさな嘘は書かないよう注意しましょう。

趣味を役立てるのであれば

人事採用者の方は、ESに書く趣味だけで採用の可否を決定するわけではありません。ですが、仕事につながる趣味を書くことにより、就職活動を有利に進めることも可能です。せっかく一生懸命ESを書くのですから、趣味についても企業側にアピールできる書き方をしましょう。

例えば洋裁や手芸といった趣味があるのであれば、それをプレゼントしたりするということで、友人を大切にし、人間関係を重んじる人間であるということをアピールできます。そのほかにも、登山といった趣味のある方の場合には、忍耐強さとチームワークを重んじ、協調性のある人間であるということをアピールできます。

書いてはいけない趣味について

趣味を書くにあたっては、企業側に悪い印象を与える趣味もありますので、注意が必要です。例えば競馬や競艇、パチンコといったギャンブル性の高い趣味は書かないよう注意して下さい。そのほか、最近ではゲームを趣味にしていらっしゃる方も多く見られます。

もしもゲーム開発の会社に就職を希望している方であれば、趣味に「ゲーム」と書く必要がありますが、ゲームを趣味としてESに書いてしまうと、ただ遊んでいるだけのように受け取られてしまうため、なるべく別の趣味を書くことをします。

ESに趣味を書くためのポイント

ここで、よく取り上げられる趣味についてと、趣味を書く上でも注意点についてお話しします。最も書きやすく、取り上げられることの多い趣味は「読書」があります。「読書」と趣味に書く場合には、どういった本を読んでいるのか問われることがあるため、作家名や本のタイトルについてきちんと覚えておきましょう。

また、よく取り上げられる趣味の中に「旅行」と書かれる方もいらっしゃいますが、その場合には、社交性の高さについて盛り込んでおくと良いでしょう。

男性の方は特に「ドライブ」を趣味として書かれる方がいらっしゃいますが、その場合は、「スピードを出すのが好き」といった試験運転をしている可能性が高い理由は書かないようにしましょう。

私が一番司馬遼太郎さんの本で1番感銘を受けたのは吉田松陰や高杉晋作が主人公となった「世に棲む日日」です。完成された思想家としての松蔭ではなく、模索と蹉跌を重ね、打開を求めて行動し、焦心の中 で問答する若者の吉田松蔭の生き方や詩人の激情を抑え切れぬまま、精神の純白を最後まで貫徹して、時代の前で自ら死を引き受けた高杉晋作の生き方に1番感銘を受けました。

出典: http://tokugi.jp/635/ |

特技

例えばESに「料理」を特技として書くのであれば、時間配分や段取りといった仕事にも役立てる能力について書き入れましょう。そのほか、水泳や運動について特技を書くのであれば、ご自分の健康や体力をアピールすることができるためです。

ですが、あくまで本当に得意としている方が書いてもよい特技ですので嘘は書かないようにしましょう。その場合、今現在も続けているのであればそのことについても書き加えておきましょう。

私は学生時代に居酒屋でアルバイトを2年間していました。居酒屋では主に調理を担当していました。最も大変だったことは金曜や土曜日が忙しく、料理を出すのが遅くなるため、忙しい中でも、できるだけ早く料理が出せるように計画を立てるようにしました。その結果、お客様からのクレームが減り、今では計画を立てるのが習慣になりました。

出典: http://tokugi.jp/725/ |

志望動機

もともとその企業を目指していたというのであれば、志望動機について悩まれる方はいらっしゃらないでしょう。ですが第1志望ではない企業に出すESに志望動機を書く場合には、どう書いたらよいのか悩まれる方も少なくありません。企業側にこう印象を与えられる志望動機を書ければ、内定までの道のりが近づきます。

初回公開日:2018年03月27日

記載されている内容は2018年03月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests