Search

検索したいワードを入力してください

ESに書く自己紹介例文|趣味/特技/志望動機/弱みなど

更新日:2020年08月20日

ESを書くにあたっては、企業が求める人材に近づける必要があります。また、ESを書くには、ネガティブな書き方をしてはいけません。例え欠点を書く場合にも、克服するために努力してしるといった前向きな書き方をしましょう。なぬべく手書きで書き、熱意と誠意を伝えましょう。

敬称のつけ方について

これまでお話ししてきた とおり、ESを郵送にする場合は、個人あてにする場合には「様」、企業や部署あてに送る場合には「御中」が使われます。例えば人事部宛てに送る場合には、「人事部御中」と書いておきましょう。

人事部採用担当宛てに送る場合には、「人事部採用担当者様」と書いておけば良いでしょう。「御中」と「様」は同時に用いることはできません。そのほか、敬称を用いる場合の注意として、「殿」の使い方があります。これは、目上の方が目下の方に対して用いる敬称になりますので、目上の方に用いないよう注意しましょう。

ESの書き方本

ESを書くにあたって必要になることは自己分析です。自己分析をすることにより、自分の長所や短所、強や弱みを的確に分析し、その対処方法について理解し努力する必要があります。長所や短所については、ご家族の方やご友人に聞いてみるという方法もありますが、ESの書き方について詳しく説明をしている方もありますので、利用してみても良いでしょう。

それでは次に、ESを書くにあたって本を紹介しましょう。この中から自分にふさわしい本を選んでみてください

自己分析をするなら

自己分析はESを書くにあたって絶対に必要になるものです。この本は、経験者の体験談からどういった方法をとるべきかといった、ご自己分析の方法についてや、伝え方を紹介しています。こちらの本では、ご自分の強みの見つけ方や自己分析の方法の入れ方のほかにも、企業に良い印象を与える強みの書き方についても紹介されています。

次に紹介する本は、主にES対策について書かれてあります。そのほか、ESを書くにあたってのポイントや、まとめておくこと、企業側に興味を持っていただける内容の書き方について説明していますので、自己分析が苦手という方は参考にしてみましょう。

ESの書き方を基本から学ぶには

この本では、ESの書き方を基本から学ぶことができます。周りから一歩抜きんでたESの書き方のほか、面接に通りやすくなるポイント、OB訪問についてのマナーなど、細かい所までサポートしています。

ESの書き方講座

就職活動中をするにあたって、内定率を上げるためにも講座やセミナーを受講すると良いでしょう。基本的にどの大学でも就活セミナーが行われています。セミナーは、大学によっては一年生から受講できるものもありますので、早い段階で準備しておくのもです。

就活セミナーには、いろいろなものがあり、ビジネスマナーのほかにも、筆記試験についての対策方法やESの書き方、OB訪問の方法についてなど、就職活動で必要になる役立つ情報を教えていただけます。

就職活動を有利に進めるためにも、なるべく時間をつくり積極的に参加しましょう。就活セミナーや講座は、大学の掲示板やホームページをチェックしておくと、開催される日時についてや、開催場所について記載されています。ご自分がどういったセミナーや講座を受講するべきであるのか、ご友人や先輩にお話しを聞いて情報を得ておくと良いでしょう。

ESを正しく書いてやる気と誠意を見せましょう

ESを書くにあたっては、いろいろなことに注意をする必要があります。例えば、ESを郵送する場合には、その封筒の選び方や書き方についても注意が必要です。就職活動において内定を有利に進めるためにも、なるべく多くの講座を受講し、経験者の体験談を知ることができる本を読んで予備知識を得ておきましょう。

ESを書くにあたって、上手な文字で書く必要がありませんが、その企業に入社したい気持ちが強いかという熱意を伝えるためにも、なるべく丁寧に誠意をこめて書きましょう。

初回公開日:2018年03月27日

記載されている内容は2018年03月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests