Search

検索したいワードを入力してください

就活やバイトでの履歴書の資格欄のTOEICの書き方|IP

更新日:2020年08月20日

あなたは、TOEICスコアの、履歴書への適切な書き方を知っていますか?この記事では、履歴書にTOEICのスコアを記載するときの、年月や名称の書き方などを解説します。TOEICの点数を履歴書に書き、企業にアピールしたい方におススメです。

TOEICでは、リスニングとリーディングのスキルを測るテストだけではなく、スピーキングとライティングの試験である「TOEIC Speaking & Writing Tests」も受けることができます。

TOEIC Speaking & Writing Testsのスコアの書き方は、「○○年〇月 TOEIC スピーキング&ライティング公開テスト スコア○○点取得」です。

ただ、TOEIC Speaking & Writing Testsは日本でもマイナーなため、点数のアピールと同時に、具体的に自分が英語で何ができるか記入する方が効果的です。

TOEICの申し込み方法

TOEICスコアの履歴書への書き方を知っても、実際にテストを受けて結果を受け取らなければ意味はありません。

TOEIC公開テストが実施される頻度は高く、最大で年に10回ほど受けることができます。申し込みは公式サイトからすることができますが、コンビニの端末機器からでも可能です。

大学生や大学院生の方なら、生協に行けば公開テストもIPテストも申し込むことができます。

かつては書店でも申し込みができていましたが、手続きの混乱を避けるため、中止されました。

書き方と同時にスコアも重要!

ここまでで、TOEICスコアの履歴書への書き方を紹介させていただきました。

適切な書き方でスコアを記載することは、もちろん大切です。しかし、さらに重要なことは、採用担当者にアピールできる高いTOEICの点数を取ることです。

仮に、非常に高いスコアを持っていれば、履歴書への書き方に多少の問題があっても、点数の高さで帳消しにできます。ただ、もちろん理想は高いスコアを適切な書き方で履歴書に記載することです。

採用担当者が驚いてしまうぐらいのTOEICの点数とマナーの高さを履歴書で披露しましょう。

初回公開日:2017年11月27日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests