Search

検索したいワードを入力してください

横の封筒の書き方・裏面の書き方|会社/就活/履歴書

更新日:2020年08月20日

封筒は縦に書くことが多いため封筒を縦にした書き方はほとんどの方が知っています。しかし横の書き方は知っていますか?そんなに変わらないと思いながらもいざ書いてみるとわからないことがたくさん出てくるはず。そこで今回は封筒の横の書き方をご紹介します。

横の封筒の書き方

封筒の書き方は知っている様で知らないことの1つです。実際に書いてみようと思うと疑問に思うことがたくさん出てくるでしょう。その大きな理由は実際に日常生活の中で封筒を使用することが少ないからです。

また、書き方を調べてみると縦の書き方と横の書き方の違いに気づくはず。そこで今回は封筒を横で書く時の書き方を勉強しておきましょう。1度しっかり覚えておくとこれから役に立つこと間違いありません。

A4の封筒の書き方

A4封筒を書く時に気を付けて欲しいのは文字の大きさです。A4の封筒は封筒の中でも大きいものになりますので、いつもの文字の大きさで書いてしまうとバランスが悪く見にくいものになります。

そのため封筒の大きさと文字の大きさのバランスを考えながら書くようにしていきましょう。バランスをよく書くためのコツは始めに宛名を中央に書くことです。

そうすることで住所などをどの部分に書いたらバランスよくなるのかはっきりしてきます。基本的に仕事をしている時に使用する封筒はA4のものが多いので、社会人としてきちんと覚えておく必要があるでしょう。

A3の封筒の書き方

A3の封筒の基本的な書き方はA4とほとんど同じです。ただ社会人になるとA3の封筒を使用することは少ないために、いざ使用する時に書き方に戸惑ってしまうことがあります。

そんな時も宛名を中央に書くとバランスよく綺麗に描くことができますので覚えておきましょう。縦の書き方よりも横の書き方は中央が分かりやすいので、バランスを上手にとれずに綺麗に封筒に宛名を書けない方は縦よりも横で書くことをします。

郵便封筒の書き方

郵便封筒を横書きで書く場合に気になるのは切手の張る位置ではないでしょうか。しかし難しく考える必要はありません。本来、貼る位置(封筒を縦にした時の左上)に貼るのが正解、切手を貼る位置は縦でも横でも変わることがありません。

また、封筒の裏面を書く際も表書きよりも小さい文字で書く事を忘れず、封筒を横にした際に下部3分の1に収まるようにしましょう。ただ会社関係の封筒であると差出人の部分の文字が多くなってしまいますので、そんな時は3分の1に収めようと小さい文字にするのではなく、読みやすい文字の大きさでなるべく下に合わせて書くようにしましょう。

会社での横書きの封筒の書き方

ビジネスで封筒を使用する場合に1番気を付けて欲しいのは宛名です。通常の封筒であれば宛名のあとに「様」を使用しますが、会社に出す封筒の場合、出す場所によって「御中」や「部署名」「役職名」で変化していきます。上記で説明したように宛名は主になる部分を大きく書くようにしましょう。

例えば、個人宛であれば名前を1番大きく、部署に宛てて書く場合は会社名は小さく、部署名を大きく書くようにしましょう。宛名は最も大切な部分になりますので、決して間違えることのないように注意して下さい。

御中を使用する時

御中の意味は「相手が分からない」際に用いる言語であり、会社や部署などの組織に宛てて使う敬称です。そのため個人の方に送る時の「様」と同じ宛名の最後に「御中」を付けます。

また御中を書く際、縦書き封筒では宛名の後に1文字の余白をあけてから書くのですが、横書きでも変わらないです。しかし、縦書きよりも横書きの方が余白が狭くなることが多いので、しっかりと1文字分開けるようにしましょう。

会社や部署に宛てて書く時

会社宛てに出す場合はに最も気を付けて欲しいのは(株)と省略しないということです。ただどうしても宛名が入らない場合に限り(株)と記載してもいいこともありますが、失礼のないように出したいのであれば、2行になってもいいので省略せずに正しく書きましょう。

同じように、宛名が会社名ではなく部署名の場合も宛名が長くなってしまう可能性が高いので、区切りのいいところで2行にしてください。横書きの場合は2行目が1文字分開けてから書くようにしましょう。左側が揃って2行になっているとバランスが悪いので気を付けて下さい。

役職の相手へ宛てて書く時

役所のある相手に宛てて書く際には会社名などは小さく書くようにしましょう。メインである名前が一番大きく書くことを意識して下さい。また書き方として役職のあとに名前を書くのですが、役職のあとに余白を1文字分あけてから名前を書くことを忘れないで下さい。

そして封筒を横にして置いた時に名前がきちんとメインの真ん中に書いてあるか、名前の漢字が間違っていないかなど、一度遠目で封筒をみてバランスが綺麗かどうか確認してから提出するようにしましょう。縦に比べて横書きはまっすぐ書くことが難しいので、どうしても綺麗に書けない場合は鉛筆などで薄く線を書いてから書くと綺麗にまっすぐ書くことができるので試してみて下さい。

就活での横の封筒の書き方

就活で使用する封筒のほとんどは縦に書くことの方が多いですが、横にしても書き方は一緒ですが、1つ違うのは数字の書き方、縦は漢数字になりますが、横は英数字です。

しかし、他の封筒の書き方とは違い、就活で使用する封筒の書き方というのは細かいチェックポイントがいくつかあるため、封筒を書く前に確認しておく必要があります。

履歴書封筒の表の書き方

履歴書を書くうえで最も大切な書き方のポイントは省略をしないということです。例えば住所も最後の部分を「1-2-3」と書くのではなく「1丁目2番地3号」と正しく書くようにしましょう。縦書きの封筒だと漢数字など難しいこともありますが、横での書き方は数字もそのままでかまいません。縦書きの封筒よりも簡単です。

同じように会社名も正しく省略しないようにしましょう。特に就職したいと考えている会社の名前を省略してしまうのはとても失礼なので事前にきちんと会社名を調べておく必要があります。最後に赤字で「履歴書在中」と書くことを忘れないで下さい。

封筒を横にして書く場合は右下になります。赤字で書くことによって相手がすぐ封筒の中身を理解することができるので相手への思いやりとして大切です。

履歴書封筒の裏の書き方

初回公開日:2018年01月04日

記載されている内容は2018年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests