Search

検索したいワードを入力してください

新卒の際の自己PRの書き方と例文・書けない時の対処法

更新日:2020年08月20日

新卒の際の自己PRとはどのようなものでしょう。人によっては、自分に自信がないので自己PRが書けない新卒の方も結構います。このような時は、対処法として考え方を変えることが大切です。どのような視点で自己PRを書けば良いか記事にしてみたので見てみて下さい。

新卒の際の自己PRの書き方

新卒の際の自己PRの書き方は、どのような業種や職種かで相当変わってきます。ですが、基本的な自己PRは同じで考えても問題ないでしょう。

例えば、自分が粘り強いのが新卒の自己PRであるとすればどの仕事でも粘り強く仕事をすることは大切なので、そのように自己PRで言うことはできます。その上で、自分が応募している仕事を考えてさらに良い自己PRができれば良いでしょう。

履歴書の自己PRの書き方

新卒の履歴書の自己PRの書き方としては、学生の間の自分を振り返ってみてどのような強みが自分にはあるか考えてみることです。たとえばサークルなどに所属していてみんなをまとめるような事をしてきた経験がある人は、管理する力があるとも自己PRで言えるでしょう。

履歴書に記載する新卒の自己PRは面接で発言する自己PRと同じ内容で良いのでしっかりと記載することです。

新卒の際の自己PR例文・サンプル

新卒の際の自己PRの例文は、採用担当者がこの学生は他の学生とは違うと思ってもらえることが大切です。具体的な例文としては、「私には地道に努力する力があります。この力を御社に入社してからも発揮してさまざまな資格取得をして、御社の戦力となれるよう取り組みます」となります。

これで採用担当者は、あなたにどのような資格取得を考えているか聞いてきてくれるでしょう。新卒の面接では、常に話しが盛り上がることが大切です。

協調性など

新卒の際の自己PRとして協調性を言う場合は、ある程度強い表現で言うことが大切です。協調性を新卒の自己PRで言う人は結構います。その中でこの人の協調性はうちの会社に入社してからでも使えると思ってもらえることが大切です。

例文としては、「私は、学生の間協調性を必要とする工場内でのアルバイトは長いことやってきました。この経験を活かして御社に入社し協調性をもってさまざまな問題を解決できるようなスタッフになります」となります。

新卒で自己PRが書けない時の対処法

新卒で自己PRが書けない時の対処法としては、自分の生活の中をよく振り返って考えることです。自己PRとは、もともと人との比較ではなくて自分の中でこれはPRできると思える内容であれば良いです。

そのため、自分の生活の中で自分がこれはしっかりと毎日行えていると感じればそれが新卒の自己PRになります。もちろん、採用担当者もそのような自己PRであれば、納得してくれることでしょう。

新卒の面接での自己PRの答え方

新卒の面接での自己PRの答え方としえは、基本的に事前に準備した内容を大きな声ではっきりと話すことです。内容も大切ですが、社会人としての基本である発声ができていないと元気のない人だと思われてしまいます。

職種によっては、元気のない人は採用しないケースもあるので十分に注意しましょう。また、具体的な答えか方としては、新卒の自己PRで一番大切なことを最初に発言して、後で補足的な説明をすることが良いでしょう。

職種・業界別の新卒の自己PRの書き方

職種、業界別の新卒の自己PRの書き方は、採用担当者がどのような人材を必要としているかを考えに入れると良いでしょう。そのためには、応募する企業についてインターネットなどで情報収集して自分とその会社との接点を見つけると良いです。

その接点を新卒の自己PRで上手に表現できれば採用担当者もあなたのことを覚えてくえるでしょう。また、このようにしている人はあまりいないので、会社の考え方に合わせた自己PRの作成は効果的でしょう。

不動産の場合

新卒の不動産の自己PRを作成する時は、この人なら長く不動産関係の仕事をしていけると思ってもらえるような新卒の自己PRである必要があります。例えば、以前から不動産が好きで休日でも不動産の資格取得の勉強をしている人などは、自己PRを書きやすいだけでなく採用される可能性も高くなります。

不動産は、入社してみたらイメージしていた仕事と違っていたと感じる人もいます。そのような状況になっても頑張っていける人が必要とされるのも事実です。

薬剤師の自己PR

薬剤師の自己PRとしては、薬剤師という人の命にかかわる重要な仕事だと認識した自己PRが必要です。そのため、自分のもともとの生活がものごとを慎重に行うタイプであればそのように記載して自己PRとなるでしょう。

また、自分はミスが少ないタイプだと思えば、自己PRでミスが少ないタイプであることも書くこともできます。また、薬剤師が勤務するところは、薬局なのでのこのようなところでも人間関係を円滑にしていける人であることを自己PRするのも良いでしょう。

システムエンジニアの場合

新卒のシステムエンジニアの自己PRの書き方としては、システムエンジニアとして必要とされる資質を理解しておくことが大切です。システムエンジニアはプログラマーと違ってさまざまな仕事をする事があります。時には、プログラム自体を集中的に組む時もあります。

また、お客と交渉するのもシステムエンジニアとしての仕事でもあります。そのため自己PRとしては、どのような仕事でも積極的に行える人材であることを言えれば自己PRとしては良いでしょう。

初回公開日:2017年12月21日

記載されている内容は2017年12月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests