Search

検索したいワードを入力してください

【職種別】未経験の場合の志望動機の例文|医療事務/営業

更新日:2020年08月20日

未経験の場合の志望動機の例文とは、どのようなものでしょう。履歴書に志望動機を記載する時に、未経験での応募の時はどうして良いか分からない時があります。この記事では、医療事務や、営業などの具体的な志望動機について、未経験の場合のまとめ方を記載してみました。

職種別未経験の場合の志望動機の例文

未経験の場合の志望動機は、自分が希望している職種で何が求められているか把握する事が大切です。どんなにしっかりとした文章で志望動機を記載してもどのような職種かしっかりと理解していない文章では、中味が薄い志望動機になってしまいます。

未経験の志望動機の書き方としては、インターネットなどで未経験の志望動機について検索してみて参考にしてみるのも良いでしょう。基本的には、今の自分をよく分析して未経験者らしい志望動機を記載する事が重要です。最近では未経験の人でも採用される職種は増えてきています。

医療事務の志望動機

医療事務の未経験の志望動機の例文としては、経験がなくてもどのような理由で医療事務を志望しているかが重要です。その理由がしっかりしていれば、未経験でも採用される可能性はあります。

未経験の志望動機の例文としては、「以前から医療事務に興味があり、細かい事務の仕事を得意とするので、自分の長所をいかして医療事務の仕事がしたいと思い御社を志望しました」などがあります。

就職活動全般でも言えることですが、常に志望動機では、他の人と比較した時にどれだけPRできるかがポイントとなります。そのような事を考慮して、客観的に医療事務の志望動機を記載できれば良いでしょう。

医療事務の志望動機のポイント

次に未経験の医療事務の志望動機の大きなポイントは何でしょう。これは、医療事務の仕事は高額なお金を取り扱う場合があり、ミスが許されない仕事でもあることを理解していることが大切です。

普通の事務とは違って医療費は、場合によってはかなりの高額になります。間違えて高額な医療費を請求してしまっては病院のイメージも悪くなることがあります。志望動機では、このようなシビアな側面のある医療事務を志望するしっかりとした理由が必要です。

特に他の事務処理の仕事ではなくて医療事務を志望する理由はしっかりもっておくと良いでしょう。

未経験の営業

営業の未経験の場合の志望動機は、やる気を全面に志望動機で表現できるかが大切です。営業を希望する人はかなりいるので、他の応募者と同じような志望動機にならないようにすることもポイントです。

営業の未経験の志望動機例文としては、「学生の頃から海外の製品を取り扱う営業について勉強してきます。御社に入社して海外製品について知識を身に付け、御社の営業として売り上げに貢献したいと思い志望しました」などがあります。

このような内容の志望動機であれば、未経験であっても採用担当者は、しっかりとあなたの志望動機を読んでくれるでしょう。

してはいけない営業の志望動機の書き方

してはいけない営業の志望動機の書き方としては、ありきたりの内容を志望動機に記載することです。営業という仕事は、時として柔軟な考え方が必要である場合があります。常にありきたりの考え方だけで営業をしていれば、売り上げをあげることは難しいでしょう。

そのため、志望動機でも自分らしいインパクトのある営業職にふさわしい志望動機が理想的です。逆に、他の人よりもインパクトのある志望動機を記載できれば、書類審査を通過して面接の機会をもらえる可能性が高くなります。

未経験の歯科助手

歯科助手を未経験で志望する時は、なぜ歯科助手を志望しているのか明確にする必要があります。歯科助手の仕事は、とても色々な知識を必要として、仕事自体もシビアなところがあります。

志望動機をしっかりと記載できない人は、歯科助手としても十分な仕事をすることができないと思われることもあります。そのため、歯科助手の未経験の志望動機としては、「御社に入社して、歯科助手として一つ一つ知識を身に付けて患者様のためになる歯科助手としての仕事がしたいと思い御社を志望しました」となります。

面接の時は、時間があれば、さらに自分をアピールする内容を発言しても良いでしょう。

未経験の不動産事務

不動産事務の未経験の場合の志望動機の例文としては、不動産の事務の仕事内容について理解している事が大切です。不動産の事務の仕事は、かなり不動産に関する知識を必要とします。

そのため、経験者であれば優遇されますが、未経験の場合はどのような姿勢で入社後に知識や経験を身に付けていくかが重要となります。未経験の志望動機の例文としては、「興味のある不動産について一生懸命勉強して一日でも早く会社の不動産事務の戦力になりたいと思い御社を志望しました」となります。

なにか難しい内容を未経験の志望動機で記載しれば良いのではなくて、ポイントをついた志望動機が良いでしょう。

工場

工場における未経験の志望動機のポイントとはどのようなものでしょう。工場勤務は他の仕事と比較して体力的にきついところがあります。このあたりについても良く理解している志望動機であれば、採用担当者もあなたの志望動機を認めてくれるでしょう。

具体的な未経験の工場の志望動機としては、「学生の頃から興味のあった工場で常に工夫して品質の高い商品の生産の仕事をしたいと思い御社を志望しました」となります。これを採用担当者が読んだ場合、他の人とは少し違う志望動機であると思ってくれるでしょう。

の高い企業であればあるほど、他の人との違いを明確にした志望動機が好印象となります。

調剤薬局

調剤薬局で未経験の場合の志望動機としては、なぜ調剤薬局で薬剤師としての仕事をしたいのかはっきり言えることがポイントです。調剤薬局の仕事はかなり集中力を必要とする仕事であって、志望動機もしっかりとしている事が必要です。

具体的には、「大学で勉強した薬に関する知識を使ってミスのない調剤を薬剤師としてやりたいと思い御社を志望しました」となります。調剤薬局の仕事では、ミスを一つでもすれば大きな問題に発展することもあります。

そのため、志望動機でこのような内容を記載することで自分の薬剤師としての考え方を伝えることができます。

健診事務

健診事務の未経験の場合の志望動機は、健診事務に興味がある理由が必要になります。どのような理由で健診事務を志望しているのかまとめる事で採用担当者が理解してくれる志望動機となります。

志望動機の例文としては、「人にとって非常に大切な健診における事務を通して社会に貢献したいと思い御社を志望しました」となります。この文章であれば、人によっては大げさではないかと思う人もいますが、これくらいの内容の方がインパクトがあって良いでしょう。

健診を志望する理由としては、健診はなくなる事がないので継続して仕事ができる事があげられます。この様な理由で志望している人はたくさんいるので、人とは違ったインパクトのある志望動機にすることで採用される可能性も高くなるでしょう。

配送

配送についての未経験における志望動機には、なぜあえて体力的につらい配送業務を志望するのか明確である事がポイントです。配送業務は想像以上に体を酷使することがあります。仕事内容によっては、すぐに体調を崩す人もいます。

その配送業務を志望する理由には、採用担当を納得させる内容が必要となります。具体的には、「私は運転が好きで、人の大切な物品などを輸送する仕事をしたいと強く思い御社を志望しました」となります。

この内容であれば、面接でも色々と質問されることがありますが、自分の気持ちを強くもって発言できれば良いでしょう。

配送と他の職種との大きな違い

配送と他の職種との大きな違いは、配送が好きな人が長続きする仕事であることです。他の仕事では、それほど好きでなくても継続して勤務できるところがありますが、配送業務については、継続して長期で働くには、やはり自分がこの仕事が好きだと思えることが重要です。

そのため、志望動機を記載する時もどれだけ自分が配送業務について興味があるのか明確に記載することが採用担当者に理解してもらうためには大切なことです。また、配送業では夜勤である場合もあるので、いわゆるシフト勤務であっても耐えられる人である事もチェックされます。

これは、実際に夜勤で配送をやってみれば分かりますが、とても眠い中で集中して長時間運転することは体力的につらいところがあります。

初回公開日:2018年03月09日

記載されている内容は2018年03月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests