Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月09日

高校中退した人の特徴・中退理由・その後・履歴書の書き方注意点

高校中退と聞くと、どうしても悪いイメージがありますが、高校中退した人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。また、中退理由はどんなことがあるのでしょうか。高校中退した人のその後や、高校中退後に大学に入学する方法、成功した人の特徴について解説します。

高校中退した人の特徴は?

高校中退した人の特徴・中退理由・その後・履歴書の書き方注意点

高校中退と聞くと、「ヤンキー」「落ちこぼれ」などのイメージがありますが、決してそういった人ばかりではありません。高校中退した人には、いったいどのような人がいるのでしょうか。高校中退した人の特徴について解説していきます。

頭が悪かった

高校中退した人の特徴の1つに、「頭が悪かった」という特徴があります。高校は義務教育ではないので、勉強ができずに単位を落とせば留年してしまいます。留年して頑張って卒業する人もいますが、やはり1つ下の学年に混じって勉強するのが嫌という人は、「中退」という選択をすることが多くなります。

どうしても頭が悪いと中退してしまう人が多くなるため、高校中退の人の特徴の1つと言えるでしょう。

大人すぎる

同級生たちに比べて大人すぎることも、高校中退した人の特徴の1つと言えるでしょう。周囲の子たちと話が合わなかったり、群れている同級生たちをどことなく冷めた目で見ているようなタイプは、高校中退した人の特徴の1つと言えるでしょう。

精神年齢が高すぎることも、高校中退につながってしまうことがあります。

独自の夢がある

独自の夢がある人も、高校中退した人の特徴の1つと言えるでしょう。高校中退した人の中には、「宝塚」に入りたくて中退した人や、音楽の道に進むために中退した人もたくさんいます。また、芸能界などの特殊な世界の人も、夢を追いかけて中退したという人は多いです。

独自の譲れない夢がある・あったという人は、高校中退した人の特徴の1つと言えるでしょう。

高校中退した人の中退理由は?

高校中退した人の特徴・中退理由・その後・履歴書の書き方注意点

高校中退と聞くと、どうしても悪いイメージがありますが、それでもあえて「高校中退」という選択をした人には、いったいどのような理由があるのでしょうか。高校中退した人の中退理由について解説していきます。

勉強についていけなかった

高校の中退理由に多いのは、「勉強についていけなかった」という理由です。勉強ができずに単位を落としてしまい、留年が嫌で中退してしまったという人は、かなり多いのではないでしょうか。勉強についていけないことは、高校中退の大きな理由の1つになります。

人間関係が上手くいかなかった

高校中退の理由の1つに、「人間関係が上手くいかなかった」という理由があります。社会人になって働くようになっても同じですが、やはり人間関係はとても大切になります。特に学生時代は狭いコミュニティの中で生活していることがほとんどなので、そこで人間関係がこじれてしまうと、「学校に行きたくない」「辞めたい」という心理になってしまいます。人間関係が上手くいかないことも、高校中退の大きな理由の1つと言えるでしょう。

高校に行っている時間が無駄と感じたから

高校で勉強することよりも、もった大切な夢や目標があったという人は、高校に行っている時間がもったいない・無駄と感じ、高校中退という選択をしてしまうことがあります。

芸能界に入って成功したい・宝塚に入りたい・音楽の道を極めたいなど、それぞれ強い意志や目標がある場合は、高校に行っている時間も惜しく感じ、中退して目標に向かって頑張るという選択をする人もいます。

早く働きたかった

高校中退した人の特徴・中退理由・その後・履歴書の書き方注意点

家庭に複雑な事情を抱えていたり、「毒親」という人に育てられたり、社会や大人に対して憧れが強い人は、「早く働きたい」「自分の力で生活したい」という一心で高校中退してしまうことがあります。

高校や大学を出た方が将来の選択肢が広がるということまでは、まだ若さゆえに判断できないこともあり、とにかく働いてお金が欲しいと思っているタイプの人が多く、別に言い換えれば、「自立心が強い」ことから高校中退してしまうことがあります。

なんとなく

高校中退理由で意外と多いのが、この「なんとなく」という理由。高校生くらいの思春期の時は、家庭の問題や人間関係の問題など、さまざまなストレスや悩みがあり、すべてを投げ出したくなってしまうことがあります。

そういったストレスが溜まり、ひょんなことから「もう辞めちゃえ」という投げやりな気持ちになってしまうこともあります。こういったタイプの人は、「どうして高校を辞めたのか」と聞かれても、本人もよく理由がわかっていないこともあります。

高校中退した人のその後は?

高校中退した人の特徴・中退理由・その後・履歴書の書き方注意点

高校中退した人の特徴や、中退理由について解説しましたが、高校中退した人は、その後いったいどのような人生を送っているのでしょうか。高校中退した人のその後について解説していきます。

就職する

高校中退した人のその後で、1番多いのが「就職」ではないでしょうか。高校中退した=社会人になったということなので、就職し働いて、自分で食べていかなくてはいけません。就職して働き、普通に生活を送っているという人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

ニートになる

高校中退して、まれにニートになってしまうという人もいます。高校中退をすると、就職のときにそれについて突っ込まれたり、学歴の面からなかなか就職が難しくなってしまうことがあります。そのため、なかなか就職ができず、結果としてニートになってしまう人もいます。

専門職を極める

高校を中退すると、「中卒」という扱いになってしまうので、専門職に就職することが多くなります。美容室で働きながら国家資格の勉強をしたり、お寿司屋さんで働いてすし職人になったり、現場仕事の職人になったりなど、さまざまな道がありますが、そういった専門職を極めて最終的に独立する人も多くいます。

高校中退した人の履歴書の書き方の注意点は?

履歴書に「高校中退」とあると、必ず面接官にそこを突かれてしまうので、面接で嫌な思いをしたことがあるという方も多いでしょう。そのため、「隠してしまいたい」と感じる人もいます。高校中退した人は、いったいどのように履歴書を書けば良いのでしょうか。履歴書の書き方の注意点を解説していきます。

高校「卒業」と偽ってはいけない

高校を中退してしまうと、どうしても「中退」ということがネックになって就職できない場合もあります。しかし、中退という部分を「卒業」と偽ってしまうことで、いつまでも罪悪感を抱えて仕事をしなくてはいけなくなってしまいます。

その場ではやり過ごせても、就職先に同じ高校の同級生などがいれば、中退の事実は簡単にばれてしまいます。学歴詐称ということにもなるので、絶対に「卒業」と偽ってはいけません。

履歴書よりも面接対策が大切

高校中退ということは、変えられない事実なのですから、どう履歴書に書こうと同じ事です。高校中退してしまった場合には、履歴書の書き方云々よりも、面接対策を十分に行うようにしましょう。

面接官は必ず高校中退について突っ込んで聞いてくるため、それにしっかり受け答えできるようにしておくことが大切になります。自分の中で理由を整理し、高校中退してしまった理由と、今後はその教訓を生かしてどのように生きていきたいか、しっかりとビジョンを話すことができるようにしましょう。

高校中退した人が大学に入学する方法は?

高校中退をしても、やっぱり大学に行きたいと思う人もいるでしょう。高校中退した人は、いったいどのようにすれば大学に入学することができるのでしょうか。高校中退した人が大学に入学する方法について解説していきます。

高等学校卒業程度認定試験を受ける

高校中退をした人が大学を受験するためには、まずは「高等学校卒業程度認定試験」という試験を受ける必要があります。この試験は高校卒業の資格を取得することができる試験で、この資格を取得することで、大学を受験することができる資格を得ることができます。

中卒のままではほとんどの大学が入学試験すら受けることができないため、大学に入学したいと思ったら、この高卒認定を受験し、合格することがもっとも大切になります。

大学受験をする

高卒認定の資格を取得したら、初めて大学入試を受けることができるようになります。センター試験の勉強や、入学試験の勉強をして、大学入学を目指しましょう。自宅で勉強することも良いですが、家庭教師をつけたり、予備校に通うなどすると、より合格率が高くなるのでおすすめです。

高校中退したことを後悔した瞬間は?

高校中退した人の特徴・中退理由・その後・履歴書の書き方注意点

高校中退している人は意外にたくさんいますが、高校中退したことを後悔した瞬間とは、いったいどんな瞬間があるのでしょうか。高校中退したことを後悔した瞬間について解説していきます。

面接時に後悔

高校中退した人は、会社などの面接時に後悔してしまう人が多いです。高校中退に関して理解のある面接官なら良いですが、中には高校中退について偏見を持っており、それだけで「不合格」とされることもあります。

また、中退に関してひどい言葉を浴びせられることもあり、そういった理由から高校中退を後悔してしまう人は多いです。

親になったときに後悔

高校中退を後悔する場面として、親になったときに後悔することもあります。特に子供の小学校受験などの際には、親の学歴でも判断されることがあります。親が高校中退しているというだけで子供が不合格にされてしまうこともあるため、「自分のせいで子供に辛い思いをさせてしまった」と後悔してしまう人もいます。

高校中退後に成功した人の特徴は?

高校中退をすると、思っているより大変な将来が待っていますが、そんな挫折を乗り越えて、高校中退後に成功している人もたくさんいます。高校中退後に成功した人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。高校中退後に成功した人の特徴について解説していきます。

その後の選択を大切にしてきた

高校中退後に成功した人の特徴として、高校中退後の「その後の選択」を大切にしてきたことが挙げられます。高校中退をすると、早い人は15~16歳くらいのうちから社会人になります。

大学卒業後に就職する人は22歳くらいで就職することになるので、その人たちよりも5~6年近く早い段階で社会に出ることになります。早く社会に出た分、社会の酸いも甘いも嚙み分けることができるようになり、間違った選択も、正しい選択も早い段階で行うことができます。

一度間違えてしまっても、まだまだ若く修正が効くので、そういった選択の1つ1つを大切にしてきたことから、中退後でも成功することができます。

1つのことに全精力をかけてきた

周りの同級生がまだ高校や大学に通っている段階から、高校中退をした人は社会で働いていることがほとんどです。その際に専門職に就いたり、夢を追いかけるために1つのことに全精力をかけてきたという人は、その後の人生で大きく成功することがあります。

美容師や職人、芸能界などは学歴が関係ないことが多いため、どれだけ早くから失敗や成功を繰り返すかが大切になります。失敗や成功を人より多く繰り返し、たくさん場数を踏むことで、周囲の人たちよりも成功する可能性が高くなります。

高校中退でも人生終わりじゃない!

高校中退した人の特徴・中退理由・その後・履歴書の書き方注意点

今回は、高校中退した人の特徴や中退理由、大学に入学する方法やその後成功した人の特徴について紹介・解説しました。

高校中退を経験すると、落ちこぼれになったような感覚になってしまいますが、高校中退をしても成功している人は世の中に五万といます。

高校中退しても人生の終わりではなく、そこがスタートと思い、その後の人生をどう選択していくかが大切になります。ぜひ今回の記事を参考にして、今後の人生に役立ててみてください。

Latests