Search

検索したいワードを入力してください

高校中退した人の特徴・中退理由・その後・履歴書の書き方注意点

更新日:2020年10月02日

高校中退と聞くと、どうしても悪いイメージがありますが、高校中退した人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。また、中退理由はどんなことがあるのでしょうか。高校中退した人のその後や、高校中退後に大学に入学する方法、成功した人の特徴について解説します。

高校中退して、まれにニートになってしまうという人もいます。高校中退をすると、就職のときにそれについて突っ込まれたり、学歴の面からなかなか就職が難しくなってしまうことがあります。そのため、なかなか就職ができず、結果としてニートになってしまう人もいます。

専門職を極める

高校を中退すると、「中卒」という扱いになってしまうので、専門職に就職することが多くなります。美容室で働きながら国家資格の勉強をしたり、お寿司屋さんで働いてすし職人になったり、現場仕事の職人になったりなど、さまざまな道がありますが、そういった専門職を極めて最終的に独立する人も多くいます。

高校中退した人の履歴書の書き方の注意点は?

履歴書に「高校中退」とあると、必ず面接官にそこを突かれてしまうので、面接で嫌な思いをしたことがあるという方も多いでしょう。そのため、「隠してしまいたい」と感じる人もいます。高校中退した人は、いったいどのように履歴書を書けば良いのでしょうか。履歴書の書き方の注意点を解説していきます。

高校「卒業」と偽ってはいけない

高校を中退してしまうと、どうしても「中退」ということがネックになって就職できない場合もあります。しかし、中退という部分を「卒業」と偽ってしまうことで、いつまでも罪悪感を抱えて仕事をしなくてはいけなくなってしまいます。

その場ではやり過ごせても、就職先に同じ高校の同級生などがいれば、中退の事実は簡単にばれてしまいます。学歴詐称ということにもなるので、絶対に「卒業」と偽ってはいけません。

履歴書よりも面接対策が大切

高校中退ということは、変えられない事実なのですから、どう履歴書に書こうと同じ事です。高校中退してしまった場合には、履歴書の書き方云々よりも、面接対策を十分に行うようにしましょう。

面接官は必ず高校中退について突っ込んで聞いてくるため、それにしっかり受け答えできるようにしておくことが大切になります。自分の中で理由を整理し、高校中退してしまった理由と、今後はその教訓を生かしてどのように生きていきたいか、しっかりとビジョンを話すことができるようにしましょう。

高校中退した人が大学に入学する方法は?

高校中退をしても、やっぱり大学に行きたいと思う人もいるでしょう。高校中退した人は、いったいどのようにすれば大学に入学することができるのでしょうか。高校中退した人が大学に入学する方法について解説していきます。

高等学校卒業程度認定試験を受ける

高校中退をした人が大学を受験するためには、まずは「高等学校卒業程度認定試験」という試験を受ける必要があります。この試験は高校卒業の資格を取得することができる試験で、この資格を取得することで、大学を受験することができる資格を得ることができます。

中卒のままではほとんどの大学が入学試験すら受けることができないため、大学に入学したいと思ったら、この高卒認定を受験し、合格することがもっとも大切になります。

大学受験をする

高卒認定の資格を取得したら、初めて大学入試を受けることができるようになります。センター試験の勉強や、入学試験の勉強をして、大学入学を目指しましょう。自宅で勉強することも良いですが、家庭教師をつけたり、予備校に通うなどすると、より合格率が高くなるのでです。

高校中退したことを後悔した瞬間は?

高校中退している人は意外にたくさんいますが、高校中退したことを後悔した瞬間とは、いったいどんな瞬間があるのでしょうか。高校中退したことを後悔した瞬間について解説していきます。

面接時に後悔

高校中退した人は、会社などの面接時に後悔してしまう人が多いです。高校中退に関して理解のある面接官なら良いですが、中には高校中退について偏見を持っており、それだけで「不合格」とされることもあります。

また、中退に関してひどい言葉を浴びせられることもあり、そういった理由から高校中退を後悔してしまう人は多いです。

親になったときに後悔

高校中退を後悔する場面として、親になったときに後悔することもあります。特に子供の小学校受験などの際には、親の学歴でも判断されることがあります。親が高校中退しているというだけで子供が不合格にされてしまうこともあるため、「自分のせいで子供に辛い思いをさせてしまった」と後悔してしまう人もいます。

高校中退後に成功した人の特徴は?

初回公開日:2018年04月09日

記載されている内容は2018年04月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests