Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月11日

【立場別】働く理由の例・多いランキングTOP3|高齢者

ほとんどの人の働く理由は生活のために働いています。働く理由は年代別に見ても、職種別に見ても、基本的な理由は生活のためです。生活の基盤を作る事で次のステップに上がる事が出来るので、夢を叶えたい場合は今の生活環境を整える事から始めましょう。

年代別に見た主な働く理由とは何か?

働く理由はそんなに大きく変わるものではないです。年代別に見ても生活のためだったり、夢を叶えるためだったりと、そんなに大きく変わる事はないでしょう。今は女性でも男性でも仕事をしてじぶん自身を高めたり、人間としての成長を目的に仕事をしている場合がほとんどです。

年代別に見ても、雇用形態が厳しくなっている現代では、夢のために働く事が難しくなっています。ほとんどが生活のために働いている事が多いです。家族のためだったり、ローンを返済するためだったり、生活で背水の陣を敷いている人もいるでしょう。

働く理由は、一昔前とは違って来ています。したい仕事に就けない人が増えているので、現実的な考え方で仕事をしている場合がほとんどです。

高齢者の場合

年金の支給が十分でなかったり、住宅ローンや車のローンが残っていたりするとどうしても働かないといけなくなります。また孫と付き合うために貯蓄を持っていたいなど、高齢者の働く理由は生活に密着した理由が多いでしょう。

高齢者が働くことは社会を活性化します。高齢者は経営の仕組みや働く事の意味を若い人よりも心得てます。より多くの高齢者を職場に迎える事が当面の政府の目標となっています。

高齢者が働く理由は、生活に密着した理由が多いですが、若い人よりも考え方に落ち着きがあるので、仕事も丁寧に対応できるので、若い人は高齢者の仕事ぶりを学ぶ必要があります。

現役世代の場合

学校卒業後に働く場合でも、30代でも40代でも現役世代が働く理由は、将来を考えて働いています。若いうちは夢や将来へのビジョンが明確な場合もあるので、よりじぶんに合った仕事をして、より多くの成果を得られるような仕事をしようとしているので、なかなか理想に合わないこともあるので、試行錯誤をしながら毎日の仕事をこなしている場合もあります。

現役世代の主な働く理由としているのは、免許を取る資金が欲しかったり、住宅ローンや車のローンを組むために仕事をしているといった目的もあるので、若い世代の働く理由としてはじぶん磨きやじぶんの能力の向上なども含まれます。高齢者が家族や生活中心に働くことは違い、じぶんの生活やこれからのことを考えて自身に投資している場合が多いです。

女性の場合

結婚しても働く女性は多いです。夫の給料が少なかったり、シングルの女性も多いので、女性が男性並みに働くことは珍しくなくなっています。

女性が働く理由としては家族のためだったり、叶えたい夢があったり、生活のためだったりとさまざまですが、なかなか女性が働いて理想を現実にすることは難しいでしょう。

男性も女性も働く理由はそんなに変わりません。多くの人は生活のためや家族のために働いている事が多いです。

なぜ働くのか理由ベスト3

働く事に疑問を感じてる場合は働く事に疲れてしまっている場合です。労働の喜びを感じる事が難しくなっているので、現代では理想の人生を送る事が難しくなっています。

人が働く理由は、人の性格や顔のように色々な種類は存在しません。人が働く理由は、夢を叶えたり、家族のためだったり、将来のために会社や職場での地位を築いてその後の人生を豊かにするためです。

働く年代や性別によっても働く理由は変わってきますが、根本にある理由は大きく変わる事はないでしょう。ここでは主な理由ベスト3として紹介していきます。

第3位夢を叶えるため

働く理由として若い世代に多いのが、夢を叶えるために仕事をすることです。店の店主になるために他の仕事をして貯蓄をする事や、マンションの購入や車の購入、結婚の資金や子供の夢を叶えるための資金など理由はさまざまです。

第3位としたのは、現代では夢を持って仕事をしている人が少ないので3位となっています。厳しい雇用形態などで日々の生活もままならない人が増えています。じぶんの夢を優先させるような生き方がしにくい世の中になっています。

大きな夢を叶えるのは、難しくなっているので、現実的な夢を追う働き方をする傾向が今の時代では多くなっています。

第2位生活のために働く場合

第2位は生活のために働く場合です。仕事をする人は夢や自身のことばかりを考えてはいられません。まず毎日の生活を送れるようにしないと次のステップには上がれません。

税金を納める事と労働をしてお金を稼ぐ事は、日本人に課せられた主な義務なので働かないと生活がままならくなるような社会構造になっています。日本は平和で道路や水道などの環境は整っていますが、社会保障やそれらの環境を利用する場合はどうしても、税金の納付やある程度のお金が必要になります。働き理由で生活のためというのは誰にでもあるでしょう。

第1位仕事をして地位や財産を築くため

第1位として、仕事を通じて人として成長をして、将来困らないように生活するため働く人が多い事があげられます。地位や財産を築く事は単純な豊かさではなく、生きていく上で安心感や余裕を持つ事ができます。

第2位の働く理由と違う点はより高度な感情を持って働く事を多くの人が望んでいるので、第1位が地位や財産を築く事を働く理由となっています。

生活を送るためにはある程度の、財産やコンスタントに仕事をしていくために会社での地位が必要になります。単純に生活のためといっても基礎を築くための理由として、財産や地位を多くの人が重要視しているために一番多い働く理由となっています。

就活をして働く理由を見つけようとする場合

就活をしながら、働く理由を見いだすのはなかなか難しいです。学生時代にアルバイトの経験がないとなかなか将来のために働く理由を就活をする時点で見つける事は難しいでしょう。

就活の際は働く理由が明確でないと仕事選びにも困ります。じぶんが何をしたいのかが分からないとしたい仕事も決まらずにいると、どの会社も相手にしてくれません。

就活の時に働く理由が分からない場合は、当面の生活を考えて働く事を考えていきましょう。叶えられそうな夢を持ったり、物理的なものが欲しい場合など届きやすい目標設定をすることでもっと大きな働く理由を見つけるようにするべきです。

若いうちに働く事の意味を学ぼう

若いうちはただ漠然と仕事をこなしている事も多いです。学生時代にアルバイトをすることで得られる事も多いので、なるべく社会に入る前の準備として、アルバイトをしておきましょう。

若いうちは働く事に意味を見いだせない人も多いですが、仕事を毎日確実にこなしていくことで得られる達成感や職場での信頼もあります。働く理由が見つからない場合は、会社や職場に慣れていく事考えて仕事をしていきましょう。

立場別に見た働く理由と立場別の事例とは

立場的に不利な人が仕事をする場合はなかなか思い通りの仕事に就けません。仕事は厳しいものになり、ストレスも溜まる事も多いですが、切羽詰まっている場合は働く理由を考えるよりも行動する事が必要になってきます。

定年後の仕事や、若い人や学生、シングルマザーが働く場合は、男性の現役世代のように働く事は難しくなります。待遇もしっかりしておらず、時給制で働く事が多いでしょう。高齢者やシングルマザーが働く理由は生活に密着した理由だったり、家族や本人が生きていく上でどうしてもしていかなくてはならない場合もあります。

定年後に働く場合

定年後に働く場合は生活のためか、もしくは会社勤めをまだ経験したくて仕事をしている場合に分かれます。定年後の仕事は年金が十分支給されなくて仕事をしていることもあるので、社会保障の改善の声がどうしても高くなりがちです。

定年後に働かないような社会にしておくことがよいということでなく、精神や体の健康を得るために自然に働くような社会構造にしていかなくてはならない段階に来ています。

ワーキングマザーが働く場合

シングルでも、結婚していてもワーキングマザーはいつでも仕事には意欲的です。仕事に働く意味を見いだす事を忘れない人が多いので、働く理由自身を見失っている人は少ないと言えます。

ワーキングマザーが働く理由は、子供のためだったり、夫の給与の足しにしたりと家族のために仕事をしている人が多いです。働く理由が不純でないので、仕事も誠実にこなすことを常に忘れません。男性のようにじぶんの欲望や願望、野望は女性は仕事に出さないので、働く女性が働きやすいような環境を作る事が大切になります。

女性が働く場合はじぶんの夢や願望を優先せずに、家族や生活のためといった現実的な理由で働く事が多いでしょう。

海外で働く人が働く理由を見いだしている場合

日本で仕事をして夢を叶えるのは難しい事も、海外で仕事をすれば叶えやすい事もあります。日本は平和でチャレンジ精神を養うには適していない環境なので、海外で働いて、じぶんを厳しい環境に置いて仕事をする人も増えています。

海外で働く理由は、日本でできない事をするためです。海外の経営学や海外の人の考え方を学ぶために海外で働く人もいるので、スポーツ選手はもちろん、ベンチャービジネスを始めたい場合も海外で働く理由になっています。

職種別に見た働く理由の事例とは

雇用形態が不安定だと働く理由も一定です。ほとんどが生活のためでしょう。または正社員になるためや、今の生活を良くしたいためです。雇用形態が不安定なのは今の日本では当たり前になっているので、働く理由はほとんど生活のためになってしまいます。

職種別で見ても、働く理由は大きく変わる事ないでしょう。芸能人のようにかけ離れた収入があり、大きい夢を追う事は会社勤めの人にはできません。正社員でも非正規社員でも生活のために仕事をしている人が多いのは、若い人の方が現実を見る事に冷静だとも言えます。

派遣社員の場合はどうなるのか

いつ仕事がなくなるのか分からない派遣社員の場合は働く理由は生活のためです。また現実を見る事をやめるためにお酒やタバコ、じぶんの趣味を優先する人もいます。

派遣社員として働く人は、能力がない人も多いですが、仕事に対するこだわりがないために派遣社員として働いている人も多いので、仕事をするにはある程度のこだわりや熱意というものが必要な場合もあります。

働く理由はどの人でも大きく変わる事はない

働いている人はほとんどが生活を基本に考えて仕事をしています。生活を基本に考えながら、じぶんのしたいことや住まいや趣味を考えられるような、余裕を持てるように仕事をしています。政治家や芸能人のように多額の給料は得られないので、大多数の人の働く理由は生活のためになります。

労働をすることで人としての喜びを得よう!

「働かず者は食うべからず」と昔の人は言いましたが、労働をして始めて人として認められます。労働を面倒と考えてしまったら、今している仕事を見つめ直しましょう。働く理由はそんなに大差がありません。

働く理由を探すよりもまず仕事をして、次の目標や現在の生活を維持していく事を考えましょう。労働をする事の喜びを感じられるような人になり、また周りにも勇気や希望を与えるような仕事をしていきましょう。

Latests