Search

検索したいワードを入力してください

独身寮の基礎知識・独身寮のメリット/デメリット・交際相手はOK?

更新日:2020年08月20日

最近では独身寮などの社員寮や社宅を完備している企業が増えてきています。しかし皆さんは「社宅」や「社員寮」などの違いはご存知でしょうか。独身寮の基礎知識や規則、実際の間取りや家賃などについて、今回は詳しくご紹介していきます。

独身寮の基礎知識

最近では独身寮などの社員寮や社宅を完備している企業が増えてきています。企業としても社宅があることで福利厚生の一環としてアピールすることができ、他社との差別化を図ることができるためです。

そこで、独身寮の基礎知識や規則、実際の間取りや家賃など詳しくご紹介していきます。

独身寮とは

独身寮とはいわゆる、独身男性や独身女性のための社員寮、社宅サービスのことで、企業が従業員のために用意した戸建てや集合住宅のことを指します。独身寮と言っても、すべてがトイレや炊事場・浴室などが共同で一定の規律・制限により起居寝食等の生活態様を共にしているというわけではなく、それぞれが独立した生活を営む社宅や、少人数の者が事業主の家族と同居する住み込みのようなものもあり、その形態はさまざまです。

また独身寮などの社宅の保有形態には、「借り上げ社宅」と「社有車宅」とがあります。

「借り上げ社宅」

借り上げ社宅とは、民間の賃貸住宅を企業名義で借りて、従業員に貸し出すタイプの社宅のことを指します。初期投資が少なくて済み、借り換えや維持管理が楽というメリットがあります。

社宅というと社有社宅をイメージする方が多いかもしれませんが、それは高度経済成長時代までのことで、現在は借り上げ社宅の方がトレンドになっているといいます。

「社有社宅」

社有住宅はその名の通り、企業が保有する社宅のことを指します。民間の賃貸住宅ではないので、借り上げ住宅のように毎月の賃料は発生しません。また、不動産としての物件価値が上がれば資産が増大するという財務上のメリットがあります。

しかし社有社宅は建物の管理も企業が行わなければいけないため、建物の老朽化とともに維持管理費が負担増になることや、減損会計の導入により社宅を保有しているメリットが少なくなっているため、最近では減少傾向にあります。

社宅と社員寮の違いは単身者向けかどうか

よく「社宅」「社員寮」という言葉の違いを耳にすると思いますが、この違いは何かを皆さんはご存知でしょうか。

実はこの二つに明確な規定があるわけではありません。どちらも企業が福利厚生の一環として用意する従業員のための住居であることに違いはなく、近隣の賃貸住宅よりも安い賃料で借りられる点も共通しています。あえて違いを説明するとするならば、社宅はファミリー向けと分類されることが多いことに対して、社員寮は大体が単身者向けの独身寮が多いです。

独身寮などの社員寮は一人部屋とは限らず、一つの部屋に数人で住むルームシェアタイプもありますし、食堂が付いている社員寮も少なくありません。最近では、同じ社員寮に住む従業員同士がコミュニケーションを図ることができるように、遊技場やジムが併設されていることもあります。

独身寮のメリットとデメリット

独身寮のメリット

何をおいても独身寮のメリットは、一般の賃貸住宅を借りるよりも安い賃料で住めるという点なのではないでしょうか。特に親元を離れて就職した新卒や、入社して間もない新人、UIターンなどで移住して就職した場合などは、引っ越し費用や敷金礼金を負担してくれる企業盛りますので、初期費用を抑えることができます。

最近では水道光熱費が家賃に含まれていることもあります。家具も備え付けのことが多いですので自分で一から家具を用意する必要もなく、必要最低限の生活環境が整えられていますので、安心です。

また食堂が付いている場合には食費を抑えることができて経済的な負担も軽減されるだけでなく、栄養も考えられた食事が摂れるのは、従業員としてもメリットです。

独身寮のデメリット

デメリットというとマイナスなイメージですが、初めて関わる人たちが大勢集まり共同生活を送るわけですから、独身寮ならではの規則やマナーなどがあります。たとえば門限があったり、共同で使う共有スペースの掃除をみんなで当番制で行っていたりと、通常一人暮らしをしている場合よりも制限がある点は、デメリットと言えるかもしれません。

また同じ独身寮に住んでいる人は皆、同じ会社の同期や先輩、後輩なわけですから、職場を離れたとしても社内の人間関係や社風が生活スペースにも持ち込まれることになります。最初のうちは慣れずに苦労や心労を重ねるかもしれませんが、それらもじきに緩和されることが多く、普段では触れ合わない部署の人間と関わることが出来たり、友達が出来たりすることもあります。

独身寮の規則

企業が提供する住居ですので、当たり前ですが独身寮にも規則やマナーが存在します。そこで独身寮における規則やマナーについてご紹介してまいりましょう。

門限がある場合が多い

保有している企業が不定期に立ち入ることもありますので、常に部屋をきれいに保っておくのが良いでしょう。また、大人数が共同生活をしているからこそ、門限を設置していることも少なくなく、門限を破った場合には厳しく咎められたりすることもあります。

企業によって処罰はさまざまありますので一概には言えませんが、出勤以外には外出禁止になったり、外泊禁止というところもあるようです。あまりに社則や独身寮の規則を逸脱した行動をとっている場合には、免職になってしまうこともあるようですので、行動には責任をもちましょう。

それもこれも、大人数が快適に共同生活を送っていくために必要な規律だからです。

独身寮におけるマナーとは

先に記載した通り、独身寮などの社員寮は一人部屋とは限らず、一つの部屋に数人で住むルームシェアタイプもあります。その場合、ルームシェアする人が同僚や同期だけとは限らず、先輩や後輩とルームシェアすることもあります。入寮したらまず、ルームシェアする人だけではなく、両隣の部屋の人や先輩には積極的に挨拶しておきましょう。

また従業員同士が共同で生活しているわけですから、個室であっても人の出入りはあるものです。その点から、部屋は常にきちんと片づけておくことが大切です。共同部分は特に散らかしたり私物を置きっぱなしにすることのないようにし、お互いに住みやすい環境を作っていくことを心掛けておきましょう。

またたくさんの人と盛り上がる場合には、自分だけが浮いて周りに気を遣わせてしまったり白けさせてしまわないよう、マナーをわきまえつつ一緒に盛り上がりましょう。

初回公開日:2017年08月03日

記載されている内容は2017年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests