Search

検索したいワードを入力してください

寒中見舞いの書き方|寒中見舞い時期・ハガキ/メール・書き方・品

更新日:2020年08月20日

寒中見舞いとはどういったものなのでしょうか?寒中見舞いを出せる時期やその用途、そして用途別の具体的な寒中見舞いの書き方、寒中見舞いをだせる時期が過ぎたらどうなるの?など寒中見舞いについて知っておきたいアレコレをまとめてみました。

・相手からきた年賀状に対して一言そえる

相手から子供の写真や家族写真などをのせた年賀状や「家族も元気で過ごしています」などと書かれた年賀状が届くこともあるでしょう。そういった年賀状が届いた場合、その内容に対しての一言をそえるといいです。「ご家族の皆様もつつがなくお過ごしの様子を拝見いたしました」「○○ちゃんも大きくなられましたね」などの言葉をそえると相手も「ちゃんと自分がだした年賀状をみてくれているな」と思い、嬉しくなるでしょう。

・さりげなく理由を書く

年賀状の返信としてだす場合、小寒にはいるまでの時期に返信ができるのであれば年賀状として投函することがマナーです。ですが、年末から海外旅行に行っていた、など自宅にいないため、年賀状をすぐに受取れないし返事をすぐに書けないという場合は時期や期間の関係でそれも難しかったりします。

そういった場合は自分の近況を書く時にさりげなく返信が遅れた理由をいれましょう。例えば「私も友人達と年末より海外に行き、思いきり楽しんできました」などといれるといいです。

喪中に関して

喪中関連の場合はそれぞれの用途によって内容は大きく変わってきます。また、言葉遣いも賀詞や祝う言葉を使わないようにするなど気をつけましょう。年賀状も「賀」という文字が入っているので「始」という文字を使い「年始状」という言葉を使うようにしましょう。

・出す相手が喪中と知らずに年賀状を出してしまった場合のお詫び

自分が年賀状を投函した後で喪中ハガキが届くことがあります。このような場合、「寒中お見舞い申し上げます」といった時候の挨拶のあとに「服喪中とは知らず年始状をだしてしまい申し訳なかった」という内容の文章を入れるようにしましょう。

また、「○○様のご冥福を心よりお祈り申しあげます」といった内容の言葉をいれ、最後に「まだ悲しいだろうが身体には気をつけてください」といった遺族に対する言葉もいれるとなお、いいです。

・喪中の友人、知人などに年賀状の代わりとして出す

次に自分が年賀状をポストに投函する前に喪中ハガキが届いた場合です。この場合は当然、年賀状はだせません。そのような時にも年賀状の代わりとして寒中見舞いをだすことができます。「年賀状はだせないから」といって知らん顔をするのではなく、松の内の時期が過ぎてから相手に届くように寒中見舞いをだすようにするといいでしょう。

その時に書く言葉としては「○○様の訃報をききました ご冥福を心よりお祈り申しあげます 悲しみはなかなか癒えないでしょうが寒さが続いているので身体には気をつけてください」といった内容を書くようにするといいでしょう。

・故人あてに届いた年賀状への返信

喪中ハガキをだしたつもりでも実はだしていなかった、もしくは故人の交友関係がわからず亡くなったことを知らせることができなかった人から故人宛に年賀状が届いた、というようなこともまれにあります。そのときには通常の喪中ハガキではなく、寒中見舞いを兼ねた返信をするようにしましょう。

その時には基本的な書き方に加え、「父○○は昨年○月に○才で他界いたしました」など、いつ亡くなったのかということを知らせる内容にしましょう。また、「知らせが遅れてしまい申し訳ない」といった言葉とともに、「○○の生前は仲良くしてくれてありがとう」といった内容の言葉もいれるようにしましょう。

・自分が服喪中に年賀状が届いた場合の返信

自分の近親者が亡くなったのが年末に近い場合など、相手がすでに年賀状をポストに投函している可能性があります。そういった年賀状が服喪中にとどくことがあります。その年賀状に対する返信も寒中見舞いを兼ねてだすといいです。

書く内容は上記の“故人あてに年賀状が届いた場合”とほぼ、同じ内容です。ですが「○○が亡くなったので年頭の挨拶を控えた」ということと「知らせが遅くなってしまい申し訳なかった」という意味をこめた内容の文章を書くようにしましょう。

・上記のような返信として投函する時期

上記ような内容の寒中見舞いを投函する場合は松の内を過ぎたらできるだけ早い時期に相手の手元に届くように返信するように特に心がけるようにしてください。

ここにも気をつけよう!

時期などだけはなく、ほかにも寒中見舞いを出す時には気をつける点があります。

・年賀状を使用しない

次のページ:寒中見舞いの品や贈り物は?

初回公開日:2017年12月15日

記載されている内容は2017年12月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests