Search

検索したいワードを入力してください

封筒の切手代|封筒の重さ/サイズによる違い・定形/定形外の違い

更新日:2020年08月20日

ビジネス文書やダイレクトメール、請求書などの書類を郵送する機会はなにかと多いもの。封筒を使った郵便物の切手代は、封筒の大きさと重さと厚みで細かい規定があり、経費削減のためにも知っておきたい基礎知識です。今回は郵便物の切手代をご紹介します。

実は細かい郵便物の切手代設定

メールや携帯、SNSなど、コミュニケーションツールが発達した現在では、個人的に手紙を書いて封筒で郵送する機会は以前よりも減っていますが、仕事などで、手紙や書類などを封筒に入れて郵送する機会があるでしょう。オークションなどの個人売買でも、商品によっては封筒を使ってのやり取りもあるでしょう。

郵便物を送る時に切手代がいくらになるか迷ったことはないでしょうか。また、使える封筒や利用できるサービスなど、切手や封筒に関することでその都度迷ったことがある人も多いでしょう。

「切手は手元にたくさんあるけど、どの封筒を使って切手を何枚貼ったらいいの?」と迷ったり、「少しでも安い方がいい」と悩まないように、この記事では急な封筒での書類にも役立つ、封筒ごとの切手代や郵便について紹介します。

切手の種類について

切手は1枚から購入することができます。2017年11月現在で購入できる切手の種類は、普通切手の場合は、1円、2円、3円、5円、10円、20円、30円、50円、100円、82円、62円、92円、120円、140円、310円、280円、250円、500円、1000円の切手が購入できます。

慶事用としては、62円、82円、92円の3種類の切手があり、弔辞用としては62円の切手が購入でき、用途に合わせて使用することになります。慶事用や、弔辞用として普通切手やはがき使うことはあまり望ましくありません。もちろん、過去に発売された切手でも、現在の切手代と値段が一致していれば使用することができます。

額面が足りない場合は不足額分の切手を用意するか、郵便局などで差額分を支払いましょう。

切手は他にも

他にも、特定の期間や枚数を限定して販売される記念切手や、一定の時期やテーマに沿って発売される特殊切手、デザイン切手やフレーム切手があります。記念切手や特殊切手は額面どおりの金額で販売されることもあれば、額面より高い金額で販売されることもあります。

また、フレーム切手は、自身の写真を使って、自分だけのオリジナルの切手をつくることもできます。結婚記念や誕生日などに最適です。これらの切手も、もちろん、郵便物の切手代にあてることができます。

2017年の切手代の改定について

2017年の6月1日より、郵便物の切手代が改定され、切手代が少し値上がりました。下記の表は、改定前と改定後の切手代の比較です。

種類改定前改定後改定後(規格外)
はがき52円62円-
往復はがき104円124円-
年賀はがき52円62円(2018年1月7日まで52円)-
喪中はがき52円62円-
定形(25g以内)82円82円-
定形(50g以内)92円92円-
定形外(50g以内)120円120円200円
定形外(100g以内)140円140円220円
定形外(150g以内)205円205円290円
定形外(250g以内)250円250円340円
定形外(500g以内)400円380円500円
定形外(1kg以内)600円570円700円
定形外(2kg以内)870円取扱なし1,020円
定形外(4kg以内)1,180円取扱なし1,330円

定形郵便の切手代は変更がありませんが、定形外郵便の切手代については価格の変更があり、若干高くなっています。また、定形外の切手代については、郵便物の重さや封筒の厚みで「規格内」と「規格内」に分類され、それぞれ切手代が異なります。

封筒を使った郵便物の切手代

封筒を使った郵便物は、定形郵便物と定形外郵便物があり、定形郵便物の切手代は82円~92円、定形外郵便物の切手代は120円~1,330円です。切手は1円のものから販売されており、郵便料金分の切手を1枚貼っても、少額の切手を複数枚貼っても切手代として使えます。

また、手元に切手がなければ、郵便局に持って行き、切手代を支払えば、そのまま郵便物を預かり郵送してもらえます。

封筒の重さと大きさで変わる切手代

封筒を使った郵便物の切手代は、封筒の大きさと重さで変わります。まず、定形郵便物の切手代ですが、重さが25g以内の場合、切手代は82円となります。重さが50g以内の場合の切手代は92円となります。

定形外郵便物の切手代ですが、封筒の大きさと厚みで規格内と規格外に分類されています。規格内の切手代ですが、最安値は50g以内で120円になり、最高値は1kg以内570円です。規格内での重さは1Kgまでになります。

1Kg以上の重さになると「規格外」という扱いになります。規格外の切手代ですが、最安値の切手代が50g以内で200円、最高値の切手代は4kg以内1,330円となります。4Kgを超えると定形外での郵便として取り扱ってもらえませんのでご注意ください。

82円の切手代で封筒にどのくらい紙が入る?

定形郵便の切手代は25gで82円ですが、具体的に25gとはどれくらいの量が入るのでしょうか。封筒は大体5gから6g程度です。コピー用紙の重さが、A4サイズ1枚で約4g程度、B5サイズ1枚で約3g程度、A3サイズ1枚で約8g程度です。封筒の重さと合わせるとA4サイズなら、約4枚程度、B5サイズなら約5枚から6枚程度、A3サイズ2枚程度になります。

用紙や封筒の重さは異なるので、誤差は生じますが、ある程度の目安として覚えておくとよいでしょう。これらの重さを参考に郵便局で使用する量りは、0.1g単位の表示となっているため、重さが0.1gオーバーでも切手代が別途必要となります。そのため、自宅や職場で重さを量る場合は注意しましょう。

定形郵便の封筒

定形郵便物の封筒は、最小サイズが長辺14㎝、短辺9㎝、最大サイズが長辺23.5㎝、短辺12㎝、厚さ1㎝と意外と幅広い大きさがあります。

縦長の封筒は長形(なががた)5号(90×185)~長形3号(120×235)までです。正方形に近い角形(かくがた)封筒は角形8号(119×197)のみです。洋形(ようがた)封筒は洋形7号(92×165)~洋形0号(120×235)。東京型(120×170)と呼ばれる封筒も定形郵便のひとつです。そしてC6(114×162)とDL(110×220)という国際規格封筒も定形郵便に含まれます。

下記は定形郵便で使用される主な封筒のサイズです。

封筒の種類封筒のサイズ(cm)※タテ×ヨコ入れられる主な用紙のサイズや用途
長形3号封筒(長3)23.5×12定型郵便物の最大サイズ。A6、B7がそのまま入る。A4判ヨコ3つ折りが入る。書類・DM用
長形4号封筒(長4)20.5×9A7、B8サイズがそのまま入る。B5判ヨコ4つ折りが入る。書類・DM
長形5号封筒(長5)18.5×9A7、B8。一方向に折れば入る用紙:A5、B5
長形40号封筒(長40)22.5×9A7、B8サイズがそのまま入る。A4判ヨコ4つ折りが入る。書籍・DM
長形30号封筒(長30)23.5×9.2A7、B7サイズがそのまま入る。 名刺、証明写真 、クレジットカード
角型8号封筒(角8)19.7×11.9A6、B7サイズがそのまま入る。B5判横3つ折り。給料袋、月謝袋に使われる
洋型1号封筒(洋1)17.6×12A6、B7、はがき、L版がそのまま入る。主に招待状などのカードを入れる
洋型2号封筒(洋2)16.2×11.4A7、B7、はがき、L版がそのまま入る。
洋型3号封筒(洋3)14.8×9.8A7、B7、L版がそのまま入る。B5判ヨコ・タテ4つ折が入る
洋型4号封筒(洋4)23.5×10.5A7、B7、L版がそのまま入る。A4判ヨコ3つ折が入る
洋型5号封筒(洋5)21.7×9.5A7、B7、L版がそのまま入る。A5判タテ2つ折が入る
洋型6号封筒(洋6)19×9.8A7、B7、L版がそのまま入る。B5判ヨコ3つ折が入る
洋型7号封筒(洋7)16.5×9.2A7、B7、L版がそのまま入る。A5判ヨコ3つ折が入る
洋型長3号封筒(洋長3)23.5×12A6、B7、L版がそのまま入る。写真:L版(L判) 一方向に折れば入る用紙:A4、B5
洋型長4号封筒(洋長4)20.5×9A7、B8、L版がそのまま入る。B5横4つ折が入る

切手代を封筒の大きさから割り出すには?

封筒の大きさですが、縦と横はもちろん、厚さ(高さ)も切手代を決めるのに必要な要素です。定形郵便物の切手代は封筒の大きさが、長辺23.5㎝、短辺90㎝、厚さ1㎝以内なら、25g以内で82円、50g以内なら92円です。つまり、26gだと92円切手代がかかることになります。

長形3号封筒にA4三つ折り書類を入れた時の切手代は?

初回公開日:2017年11月27日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests