Search

検索したいワードを入力してください

上手な気晴らしの方法|ゲーム/旅行/外出

更新日:2020年08月20日

誰しもが感じる「ストレス」です。どう対処していくか、どう気晴らして解消していくかががポイントになります。イライラしやすい原因やストレス耐性の低い人の特徴、気晴らしの仕方を状況別で紹介しています。自分に当てはめて確認し、ぜひ参考にして下さい。

ストレスと気晴らし

「ストレス」は、誰しもが日ごろ感じます。皆さんは、どのような方法でストレス解消していますか。また、ストレス解消がうまくできないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。目に見えないストレスは、じぶんでも気づかないことがあるので恐ろしいです。

そこで今回は、気晴らしの仕方やお勧めの気晴らし方法を紹介します。気晴らしの方法だけではなく、ストレス耐性の低い人の特徴やストレス耐性の高め方も紹介してますので、併せて参考にしてください。

イライラしやすい原因とは?

正体はプラスイオン!?

イライラしやすい原因はいろいろあります。人間関係や家庭がうまくいっていないなど目に見える「嫌なこと」が原因となっていることが多いです。

しかし、自覚はないけれど無意識にイライラを感じさせるものはなんでしょうか。それは「プラスイオン」です。「マイナスイオン」というのはよく耳にすることはありますが、その陰に隠れているプラスイオンが原因とされています。

ストレス耐性が低い人の特徴

同じストレスを感じていても、その耐性が低い人と高い人によって、かかるストレス具合が変わってきます。ストレス耐性が低い人は、ストレスを強く感じやすく精神的な疲労感を感じやすいと言われています。では、どんな人はストレス耐性が低いと言えるのでしょうか。特徴を紹介しますので、じぶんと当てはめて確認してみてください。

物事を気楽に考えられない

人間には、完璧な人はいません。1つの物事に対してミスをしてしまったり、失敗するのはごく普通のことです。それを気にしすぎてすぐに立ち直れない人は、ストレス耐性が低い可能性があります。几帳面や真面目な人に多いです。何事もあまり気にしすぎないように「まあいいや」くらいで、物事に向き合うことも大切です。

ストレスの対象から逃げ癖がある

ストレス耐性が高い人は、原因を突き止めそれを向き合い、克服しようとする考え方があります。ストレス耐性の低い人はそれとは逆で、原因とする対象から知らないうちに逃げている人を言います。

「苦手だなあ」とおもっている人となるべく関わらないように、無意識に避けていませんか。全てを否定的に考えて嫌なことから逃げていませんか。まずは、ストレスの原因と向き合うことに挑戦してみてください。

うまく気晴らしができない

ストレスをうまく解消できずに、どんどん溜め込んで容量オーバーになってしまうのが、ストレス耐性の低い人です。このタイプの人は、気分転換が上手ではありません。オンオフの切り替えがうまくできなかったり、じぶんに合う趣味が持てなかったりす人に当たります。これから紹介する「気晴らし」がポイントになりますので、ぜひ参考にしてください。

状況別:気晴らしの仕方・ストレス解消法

妊娠中

妊娠中は、体調の変化や育児に対する不安があり、イライラしやすい状態になります。何かと制限される妊娠中ですが、ストレスは胎児にも影響を及ぼすと言われているので、できるだけ溜め込まないように注意しましょう。

軽い運動をしよう

なかなか動きづらくなる妊娠中ですが、軽く運動してみましょう。安静にしていなければダメだと考えていると、それだけでもストレスに感じてしまうことがあります。増えすぎた体重管理や外の空気を吸うために、少しの散歩だけでもだいぶ気晴らしになります。

オシャレを楽しもう

マタニティ服や授乳服など、今はたくさんの種類が世の中に出回っているので選びたい放題です。たまには可愛い服をきてショッピングするのも良い気晴らしになります。

また、ヘアカラーやパーマなども気晴らしになります。今まで勤めていてできなかった髪型にチャレンジするのもありです。

禁煙

初回公開日:2017年10月31日

記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests