Search

検索したいワードを入力してください

【長さ別】擁壁の費用の相場・解体・補修・補強の費用

初回公開日:2018年04月17日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2018年04月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

擁壁って何かご存知ですか。崖などの土砂崩れなどを防ぐためにコンクリートやブロック、石を積んで造られた壁のことです。よく見かけていますが、知らない方が多いのではないでしょうか。今回は擁壁の解説と、補強、補修、解体の費用や施工にかかる費用を長さ別に紹介します。

擁壁って何?

擁壁(ようへき)って何なのでしょうか。普段耳にすることが少ない言葉でしょう。擁壁とは、崖や盛り土が異常をきたし土砂崩れなどを起こさないようにするために建築する壁のことです。また、隣地や道路などと段差がある場合も擁壁を建造する必要があります。

擁壁は一般的には高さ2m以内であれば自由に造ることができます。しかし、宅地造成等規制法というものがあり、その区域内が高さ1m以上の盛り土であれば、擁壁の設置義務があります。

擁壁にはどんな種類があるの?

擁壁を設置するには技術基準があります。宅地造成等規制法の施工令第6条で、定められている技術基準があり、「鉄筋コンクリート造」「無筋コンクリート造」「間知石練積み造」、その他の練積み造のものとすることとあります。

最近では鉄筋コンクリート造の擁壁が多いでしょう。それから、間知石、間知ブロックなどを用いた擁壁も多くみられます。間知石、間地ブロックとは、1辺が30cmの正方形、短辺が30cmの長方形の大きさが揃った石、ブロックを積み、これを6個並べると1間になることから間地と名付けられました。1間は約180cmです。

間知石や間地ブロックの擁壁は裏側部分に割石を詰めたり、コンクリートで固めたりし、目地にはコンクリートやモルタルを充填します。この工法を練積みといいます。積み方にも種類があり、水平方向に並べる布積みと、斜め方向に並べる矢羽積みが多いです。

擁壁の石の積み方

擁壁として使われる間知石や間地ブロックは法に定められた擁壁であり、安全面の心配はありません。しかし、既存の擁壁では大谷石も数多く残っています。練済みが施されていれば心配することはありませんが、ただ石を積んだだけの状態で、目地をコンクリートやモルタルで充填されていない空積みがあり、注意が必要です。

また、解体したコンクリートの塊などを再利用したガンタ積みも不安定なので空積みと同じく注意が必要です。

擁壁ってどのくらい費用がかかるの?相場は?

擁壁の施工や補修の費用は、使用する材料や施工方法によって違います。施工面積や擁壁の高さ、施工場所、施工条件などでも大きな違いがあります。

普通の外構工事であれば、建築費用の約1割が工事費用の相場、目安となりますが、高低差がある場合、擁壁が必要です。したがって、外構工事費用プラスαがかかってきます。

既存の擁壁があり、劣化や強度不足を回復するための工事は新たに擁壁を設置する方法と機能を回復させるだけの方法がありますが、新たに設置する場合は解体工事費用や運搬費用がかかってきますし、施工期間も長くなります。しかし、機能回復するだけなら、施工費用のみで、施工期間も短くて済みます。

擁壁にかかる費用の違いは?

擁壁工事にかかる費用は1mあたりいくらという形では決められません。既存の擁壁がある場合は解体費用、土の運搬費用もかかってきます。この土の移動にかかる費用は、敷地内に一度置土ができれば軽減しますが、置く場所が無い場合は土を一度処分しないといけないため、費用がかかってきます。

それから、2m以上の擁壁を設置する場合は構造計算費用や行政に申請が必要です。したがって、申請費用も発生します。重機が通れる道幅があるかどうかなどの立地条件によっても変わってきます。

コンクリートの擁壁の費用はどのくらい?

コンクリートの現場打ち擁壁の費用は目安として1mあたり、20000円前後になります。施工が困難だと費用は上がります。現場ごとにケースが違うため、正確な相場は出せません。

コンクリート擁壁には、逆T型、L型、逆L型などのタイプがあり、現場打ちコンクリートとプレキャスト擁壁という工法があります。現場打ちコンクリートは、現場でコンクリートを打って設置する工法で、複雑な形状に擁壁にも対応できるメリットがあります。

プレキャスト擁壁は工場でブロック状に製品化されたものを施工する工法で、施工期間が短くて済み、製品が良質であるというメリットがあります。

L型擁壁の場合の費用の相場は1平米あたり、約1.3万円~1.8万円です。

擁壁の補修の費用ってどのくらいかかるの?

擁壁にかかる費用の違いについて、上記で説明しましたが、擁壁の補修にかかる費用は既存の擁壁を利用しないで、新たに設置する場合は解体費用、運搬処分費用、施工費用がかかってきます。掘削工事が必要なので、土の移動に費用がかかることも説明しました。

補修としては、コンクリート擁壁は、経年劣化の補修には隙間補修が施されます。また、地盤沈下などが起こった場合には地盤を固めるための薬剤注入の処置がとられます。

擁壁の補修にかかる費用の目安としての相場は1平米当たり、約1万円~2万円です。ただし、実際の補修の状況によって、必要諸経費が違ってきますので、この限りではありません。

擁壁の補強にかかる費用ってどのくらい?

宅地擁壁は防災安全上、きちんとした設計、施工がなされなければいけないものですが、昭和中期以前の古い擁壁は地震、台風などの災害時に、崩落や崩壊被害の危険性があるものが少なくありません。

近年では宅地の擁壁にも美観や土地の有効活用が要求されるようになり、長年の風雨や大地震に崩壊の危険性もあり、補強する必要があります。

検査済み擁壁であれば補強をしなくても大丈夫ですが、気になる場合は補強工事をしてもよいものの、かなりの費用がかかります。

地盤によっては簡易な杭を施す工法があり、擁壁に負担を掛けないようにするのが良いでしょう。新たに擁壁をやり直すとなれば解体費用、撤去費用などを含めると500万円前後になります。

擁壁を解体する前に知っておきたいこと

Latests