Search

検索したいワードを入力してください

大学生の部屋のレイアウト方法・おすすめのインテリア|おしゃれ

初回公開日:2018年02月12日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2018年02月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

大学生の部屋のインテリアについて、インテリアの選び方・配置の仕方や大学生の部屋におすすめのインテリア、また大学生の部屋のレイアウトはどうすればいいのかなどを実家の部屋のコーディネートやおしゃれな大学生の部屋を片付けて維持する方法と合わせてご紹介します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

【大学生】部屋のレイアウトってどうすればいいの?

どんな風に過ごしたいか

まず大学生の方が部屋作りに重要なのは「その部屋でどんな風に過ごしたいか。」のイメージを固めることです。イメージを固める事で部屋のテーマが決まりやすくなり、インテリア決めなどもさらにスムーズに進める事ができます。

一連の流れを説明すると、まず部屋のテーマ決めをしてからカラーを決め、インテリアを決め、配置を決め、後はオリジナル性を出すために自分なりに手を加えていきます。

このようにすればスムーズに自分に合った部屋が作れるでしょう。

おしゃれに過ごしたい!と思ったら。

色の使い方を考えてみる

大学生の部屋のレイアウト方法・おすすめのインテリア|おしゃれ
※画像はイメージです

使いやすい部屋やくつろぎのある部屋は大学生の自分たちが生活する部屋作りの上で大変重要ですが、「おしゃれな部屋」であるということも誰しもが重要視するでしょう。

そのためには「色」がポイントになってきます。部屋のレイアウトでは基本3色を使っていきます。それは「トーンの同じカラー」を2色と「差し色」を使うという方法です。

「この色もこの色も使いたい」と考えている方は少し注意が必要です。なぜならカラフルに色を使うためにはとても高いセンスが必要で難易度もかなり高めになってきてしまうからです。もしどうしてもたくさんの色を使って部屋を作りたい方は同じトーンのカラーを使ってコーディネートすればまとまって大学生らしいおしゃれ度の高い部屋になるでしょう。

一人暮らしの場合

大学生の一人暮らしの場合、自分自身で決めなければならないので少し部屋作りが大変になってしまいますが、家電から寝具、そのほかの家具まで自分の好みに決定することができるのでかなり部屋作りの自由度は上がります。

「リラックスした部屋にしたい」「勉強に集中できる部屋にしたい」「友達を何人も読んでわいわいやりたい」希望は多くテーマも決めやすくなってきます。

テーマを決めたら大学生の一人暮らしの方の場合、学校に通いながらすべての場所の掃除も自分自身でしなくてはならないので、その維持方法も含め部屋を作っていくべきでしょう。

どんなインテリアがいいの?

大学生の部屋のレイアウト方法・おすすめのインテリア|おしゃれ
※画像はイメージです

まず必要なのはどんな風に過ごしたいかを考える、その次に必要なのは部屋の広さを考えることです。4畳や6畳のお部屋でキングサイズのベッドなどは場所を取り過ぎてしまい、ほかの家具を置くことができなくなってしまいます。

そのため、ロフトベッドを活用したり、布団を使って起きたらすぐたためる様な場所を広く使える寝具にしてみるなどデッドスペースをなくす工夫が必要になってきます。また、広く見せたいなら全体的に背の低いインテリアを選ぶと部屋を広く見せる事ができます。

そして次に必要なのが家具の配置です。寝具と勉強机を分ける事で集中できる場所とリラックスする場所を分ける事ができ、大学生の本分である学業に身が入り、生活にメリハリがつきます。

ベッド

部屋を広く見せるためにはあえてローベッドを部屋の奥に配置したり、出入り口手前にベッドを持ってくることで、壁を見せて部屋の広さを出すことができます。

少し狭いお部屋には敷き布団を使用する・折りたたみ式のベッドを使用すると起きた後にすぐ片付ける事ができて日中の生活スペースをうまく増やすことができます。

また、「狭いお部屋を効率的に使いたい」と考える方はロフトベッドを使うことでデッドスペースを減少させる事ができ、よりお部屋を効率的に使うことができるでしょう。

勉強机

学生の本分といえばどんな学問で必要になるのは勉強です。大学生の方もしっかりと集中できる勉強机を選びましょう。

カラーを上手に選んで集中力をあげる

集中力を高める色として寒色系の色がとてもよい効果を持つといわれています。勉強机本体の色を寒色系にしたり、または勉強机の周りに寒色系のものを配置するとより集中力が上がり、勉強に集中できるでしょう。

配置・ついたてで集中力を上げる

勉強机は家具の中でも高価なものとなってくるため、大学生の方でも「もうすでに勉強机あるし、すぐに買い換えするのは難しい」と考える方は勉強机の配置や「ついたて」を考えて集中できるスペースを増やしましょう。

まず、視界に余計なものを入れない事です。人は視界からの情報にとても左右されるので勉強中に余計な雑誌や漫画、ゲームなどが視界に入ってきてしまうとそれだけで集中力がみだれてしまいます。大学生になると自分の趣味が増える方も居るので、勉強机は部屋の角に置く・勉強机の両側に「ついたて」をおいて視界を勉強机に持って行くという工夫で集中力を高めましょう。

システムベッド

「部屋が狭いけどどうしてもベッドで寝たい」「デッドスペースを少なくしたい」「集中できるスペースと眠りのスペースは分けたい」という大学生の方にはシステムベッドという選択肢もあります。

システムベッドとはロフトベッドの下に勉強机がついているベッドのことで、上で就寝、下ではベッド幅の広いスペースでの勉強が可能になります。これならベッドと勉強机を二つを部屋に置くよりもスペースを少なくでき、また、集中できるスペースと眠りのスペースを分ける事ができるので大学生らしい生活を送ることができます。

大学生の部屋の広さってどのくらいがいいの?

大学生の部屋のレイアウト方法・おすすめのインテリア|おしゃれ
※画像はイメージです

大学生の部屋の大きさでは大体7~8畳ほどが一般といえるでしょう。7畳もあれば十分自由にインテリアを考え、また、勉強などの集中できるスペースと就寝などのリラックスするスペースを分ける事ができ、また趣味のコーナーを作ることも可能になります。

「そんなに広い部屋ではない」「もっと使えるスペースを増やしたい」という大学生の方も、お部屋の広さに関係なく、インテリアを考えることで使いやすいすてきなお部屋にすることができるので安心してください。

広さは15~20m2以下が主流
部屋の広さは15m2~20m2がスタンダード。これは、シングルベッドやテレビ、洋服ダンス、本棚といった必要最低限の家具なら十分置ける広さ。ただ、加えてソファーも置きたいなら、20m2以上欲しいところ。25m2を超えると、一人暮らしにはかなり広々と感じられるはずだ。

出典: https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chintai/fr_data... |

スペースを活用する

部屋の広さが足りないという大学生の方はできるだけ使えるスペースを増やし、デッドスペースを減らして効率的に使うとお部屋での暮らしがより過ごしやすいものになるでしょう。

デッドスペースとはベッド上下の何もない空間や家具の横の隙間などの「何もない・使われていない無駄な空間」のことを指します。このスペースを減らす事で空間を効率的に使うことができ、使えるスペースを増やすことができます。

隙間にぴったり合うようなカラーボックスやスライド式の棚などに雑貨・雑誌などを収納したり、大学生の方ならベッド下に学校関連の小物や衣替えした洋服などを入れておくなどするとデッドスペースが埋まり、使えるスペースが増えます。

このようにしてどんどん使えるスペースを増やしていく事で過ごしやすい部屋にしていきましょう。

色と配置を考える

部屋を広く見せるために、壁やカーテンなどは白やアイボリーなどの膨張色といわれる淡い色がよいでしょう。カーテンや壁を大きく見せる事でお部屋自体を広く見せる事ができます。また、配置としては出入り口手前に背の高い家具、奥に背の低い家具を置くことで壁を見せて部屋を広く見せる事ができます。

実家暮らしの大学生の場合はどうするの?

大学生の部屋のレイアウト方法・おすすめのインテリア|おしゃれ
※画像はイメージです

実家から大学に通っている大学生の方は子供部屋をそのまま使っているという方も居るでしょう。その場合、部屋も狭くなって「少し使いづらいけど思い出があるし…」などの理由でついつい捨てらない思い出の品が溜まってしまうことで物が増えすぎてしまうという事が考えられます。かさばる思い出の品は写真にとって残すことでデータとして残すこともでき、またいつでも見返すことができます。

そうすることで大きなスペースを確保することができるでしょう。また、本当に必要かどうかを見返すだけでも物を片付け、スペースを確保することができるでしょう。

そこからそこからもう一度デッドスペースの確認・活用をして使いやすい効率的な部屋にすることができるでしょう。

子供部屋をそのまま使っている大学生の場合

大学生になっても小さな頃から使い続けている家具やカーテンを買い換えるという選択も考えておきましょう。大きめの家具やカーテンは大きく視界に入るため、カラーを変えるだけでも部屋の印象をがらっと大学生らしく変えることができます。

部屋の片付けってどうすればいいの??

大学生の部屋のレイアウト方法・おすすめのインテリア|おしゃれ
※画像はイメージです

頑張って大学生らしい素敵なお部屋を作ることができたとしてもその素敵な状態を長く保てないと素敵なお部屋を作った意味がなくなってしまいます。では使いやすい、自分にあった素敵な部屋を維持するためにはどうしたら良いのでしょう。

方法はとても簡単で、「すぐに片付ける習慣を身につける」・「ものの居場所を決めておく」ことです。大学で使う勉強系はこの場所に入れて、生活に必要な雑貨は系統別に分けて入れておくだけで片付けるのがとても簡単になります。また、「あとで片付けよう」ではなく、使ったら何かを始める前に片付けることできれいな部屋を維持することができます。

自分にあったお部屋で無理なく過ごそう

いかがでしたか。お部屋を作るには部屋の広さをみて、どんな部屋にするか・どんなふうに過ごしたいかをイメージしてそこから色・大きさなど具体的なインテリアを考えていきます。

また、自分がどのようにその部屋を維持していくのかやこの部屋で生活する上で自分はどんな問題にぶつかるだろうなど長期的なことも考えて解決策を出しておくとより素敵な生活を送りやすくなります。見切り発車よりも具体的に物事を考えてからお部屋を作ると大学生の自分にあった素敵なお部屋に近づけるでしょう。

Latests