Search

検索したいワードを入力してください

財布を落としたときの対処法・見つかる確率・お礼の仕方|警察

更新日:2020年08月20日

財布を落としたとき、みなさんは、本当に青ざめてしまうのではないでしょうか。実際に、財布の中身が何か正しく把握できてない人たちも多いようです。みなさんが、財布を落としたとき、最初にしなければならないのは、クレジットカード会社への連絡です。

財布を落としたときの見つかる確率

財布を落とした時、もう見つからないものとあきらめてしまった経験はありませんか。もちろん、財布を落としてしまった自分が悪いです。もっと注意をしていれば、落とさないで済んだでしょう。

しかし、それでも財布を落とす確率はゼロということではありません。そして、財布を落としたとき見つかる確率は相当低いと思ってはいないでしょうか。

財布を落としたら見つからない

多くの人たちが、財布は落としたら見つからないと思っている可能性が高いです。しかし、ここに治安大国日本です。決して高いということではありませんが、60%の率で、財布は落としても戻って来るということです。

この数字に何を思うのでしょうか。10人財布を落として、4人は戻って来ないのですから、決して高い数字ということではありませんが、みなさんは、もっと絶望的に考えてはいなかったでしょうか。

しかし財布を落としたら実際にはもっと深刻

ただし、もっと実際には、日本においても深刻な問題を抱えています。それは、財布が戻ってきたとしても、中にお金が入っているとは限らないからです。実際に、財布を落としたとき、確実に現金が入っている確率は、30%程度と言われています

実際にみなさんは、財布を落としたとき、財布だけ戻って来て、良しとするでしょうか。ブランドの高給な財布を持っているとか、大事な思い出があるというのなら話しは変わってくるでしょうが、中身が戻って来ないのなら意味がないと考えている人たちも多いでしょう。

財布を落としたら 善意者ばかりではない

日本人は、誰もすれ違う人たちは、全員善意者たちばかりと感じてしまうことがありますが、人間は、やはりタテマエとホンネで生きています。ホンネの部分では、どす黒さを誰もが持っているということも否定はできません。

誰もが、財布を落としたら、「もちろんすぐに警察に届けますよ」という顔をしていながら、トイレにでも駆け込んでしまい、中身をチェックして、場合によっては抜いてしまう犯罪性を持っている可能性があります。

誰もが犯罪者になりうるということを知れば、みなさんは、もっと財布を落とさないように注意をすることができますし、更に、財布を落としたときの即座の対応について、あらかじめ考えておこうというモチベーションも生まれるのではないでしょうか。

財布を落としたときの対応

問題は、実際に財布を落としたときの対応です。現金は、残念ながら財布が見つかったとしても、無い場合が多いです。その場合、あきらめる以外方法はありませんが、最近では、財布に入っているものは、現金以外の多くのものがあります。

現代社会は、どんどん財布の中に現金以外のものが増えさせてしまう傾向にあります。キャッシュカードや、クレジットカードも、一枚だけでなく数枚持っている人たちも多いのではないでしょうか。

忘れてしまっているクレジットカード

そして、それぞれをしっかり把握していればいいですが、使っていないから忘れてしまっているクレジットカードなどもある可能性があります。そして、DVDレンタルの会員のカードや、保証書などあり、もしも財布を落としたとき、一体どのような対応をしていいかが、全くわからないで、あたふたしている人たちがとても多いです。

しかし、その間に、財布を落としたらクレジットカードなどが悠々と使われてしまうリスクがあります。

キャッシュカードを落とした

もしも、キャッシュカードを落としたらということをあらかじめ考えておくことは大事です。キャッシュカードを落としたとき、 対応の時間が鍵です。

ホームページでも、それぞれの銀行が、財布を落とした時の方法について案内しているので、しっかりチェックしておきましょう。実際には、財布を落とす確率は、とても多いと考えるべきです。

まず、キャッシュカードを落としたら、 紛失受付ダイヤルへ至急電話をします。そして、紛失のご連絡をした後見つからない場合には、新しいカードを再発行することになります。

届印と、通帳、本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)などを準備してください。キャッシュカードを紛失したら、すぐに銀行へ電話して利用制限をかけてもらいましょう。

暗証番号

次のページ:落とした財布を拾った人へのお礼の仕方

初回公開日:2018年02月21日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests