Search

検索したいワードを入力してください

湯シャンの臭いは迷惑か・臭い消しの方法・対策方法|クエン酸

更新日:2020年10月02日

皆さんは湯シャンって知っていますか?また湯シャンをして挫折したことはないですか?今回は湯シャンに多い悩み、湯シャンの臭いは迷惑なのか?臭い消しの方法や対策方法はあるの?湯シャンにはクエン酸がいいの?などをご紹介していきます。湯シャンの臭い、改善できるでしょうか

湯シャンの臭いは迷惑なのか?

みなさんは「湯シャン」ってご存知ですか。「湯シャン」したことありますか。

「湯シャン」聞きなれない、聞いたことないという方も多いのではないでしょうか。今回はそんな聞きなれない湯シャンについてご紹介していきます。

湯シャンをすると臭いが気になる?湯シャンの臭いを防ぐには?湯シャンをするとなぜ臭うの?湯シャンをすると何がいいの?など湯シャンや臭いに関する疑問も見ていきましょう。

湯シャンってなに?

そもそも「湯シャン」って何でしょう。

湯シャンとは読んで字のごとく、お湯でするシャンプーです。いえ、むしろシャンプーなしでお湯のみで洗髪することを湯シャンと言います。

というと、「えっ、汚い」「お湯だけで汚れが落ちるの?」「臭いそう」と思う方も多いでしょう。ですが元々シャンプーのない時代、また今でもシャンプーを使わない発展途上国もあり、櫛のみで汚れを落としたり、米のとぎ汁や泥などで洗っていた時代や国もあります。

そもそも頭皮の汚れ自体はお湯だけでも8割りくらいは落ちると言われていますので、本当は毎日シャンプーをしなくても清潔でいられるとされています。

湯シャンをするとどんな臭いがするの?

湯シャンだけで清潔でいられると言いましたが、実際に湯シャンを実施している人の中には、頭皮や頭の臭いに悩んでいる方も少なくありません。頭皮の皮脂が酸化し、皮脂の嫌な臭いがしてしまうとされています。

お湯のみで8割の汚れは落ちるとされているのに、なぜ湯シャンだけでは頭が臭ってしまうのでしょうか。

湯シャンが臭うのはなぜ?

実は、湯シャンをしていても臭いがひどい人あまり臭わない人といて、個人差がかなりあるとされています。では、臭いがひどい人はなぜ臭うのでしょうか。

湯シャンを始めて臭いがひどい人というのは、湯シャンを始めるまでに、皮脂除去が強力な成分のシャンプーを使っていた人やガシガシとしっかりシャンプーをする人に多いとされています。

シャンプーで頭皮の皮脂をしっかりとりすぎたことにより、頭皮がダメージを受けていたり、皮脂不足と判断した皮膚の免疫機能が、頑張って皮脂を出す癖がついてしまい、湯シャンを始めても頭皮環境が整うのに時間がかかりますので、頭皮が余分な皮脂を出し続け、その皮脂が酸化し、頭皮の臭いがしてしまうとされています。

この酸化した皮脂はノネナールという臭いの原因になる物質を発生させ、この物質が頭皮の臭いや加齢臭の原因になっていると言われています。

湯シャンの頭皮への影響は?

湯シャンをし始めのころは、個人差はありますが、頭皮環境が整うのに多少時間がかかります。通常は3週間~1か月程で皮脂の分泌が減り始め、半年もたつ頃には臭いやべたつきも改善してくるでしょう。

頭皮環境が整ってしまえば頭皮のべたつきや臭いも落ち着き、正常な皮脂の分泌となり健康的な頭皮環境が保てるでしょう。

頭皮のトラブルには、フケ、白髪、頭皮湿疹、抜け毛など色々な悩みがありますが、ヘアサイクルを整え、頭皮環境を改善することにより、それらの悩みを改善してくれると言えるでしょう。

湯シャンってどうやるの?

湯シャンはお湯のみで洗髪する方法と言いましたが、具体的にはどうやるのでしょうか。

まず、湯シャンをする前には、しっかりブラッシングをしましょう。髪の汚れの6割ほどがブラッシングで落ちると言われています。特にシャンプーを使わない湯シャンにおいては、シャンプーによるコーティングがされていない状態です。ブラッシングはとても重要なので、しっかりとブラッシングをして汚れを落としておきましょう。汚れは臭いの原因になります。

また、ブラッシングには頭皮の血行を良くしてくれる効果も期待できます。ブラッシングを終えたら、お湯やシャワーでマッサージしながら流しましょう。お湯の温度は熱めの方が汚れは取りやすくなりますが、自分に合った温度でやってみましょう。

湯シャンをするとどうなるの?

湯シャンを始めると、今まで取りすぎていた皮脂を取りすぎないので、特に今まで皮脂除去の強いタイプのシャンプーを使っていた方は物足りなかったり、臭いやベタツキが気になってしまうでしょう。

いきなり一気に移行すると湯シャンを続けることが難しく、挫折してしまう事が多いので、ひとまずノンシリコンや無添加の皮脂除去の少ないシャンプーに切り替え、慣れてきたら1日おきに湯シャンとシャンプーをしたりと、少しづつ湯シャンに移行していくのもいいでしょう。

湯シャンが軌道に乗ってくると、臭いやべたつきも減り、頭皮に必要なバリア機能や常在菌が健康な状態になり、フケ、白髪、頭皮湿疹、抜け毛などの悩みの解消に繋がってくるでしょう。

湯シャンのメリットって?

湯シャンにはメリットもあれば、デメリットもあります。

湯シャンのし始めは、臭いやべたつきを感じることもありますが、湯シャンが軌道に乗ってくると、色々なメリットがあります。これまでにも上げてきましたが、頭皮環境が整うことにより、フケ、白髪、頭皮湿疹、抜け毛など色々な悩みの解消に繋がることでしょう。シャンプーを使うことによる手荒れが改善するということもあります。

また、シャンプー代金の節約にもなります。安価なシャンプーには皮脂除去の強いシャンプーが多いですし、頭皮や髪に優しいタイプのノンシリコンのものなどは高価なものが多いです。湯シャンに切り替えることにより節約になると言えるでしょう。

湯シャンのデメリットって?

湯シャンのデメリットとしては、整髪料などが落ちにくいので強力なワックスや、ヘアスプレーを使った際にはシャンプーを使うようになるでしょう。

また、シャンプーと違い色々な香りを楽しんだりすることができません。臭いが気になる際にも、アロマオイルを使ったヘアスプレーや、クエン酸リンスにアロマオイルを加えるなどしてもいいでしょう。クエン酸リンスについては後程ご紹介していきます。

湯シャンが軌道に乗っていても、体調や環境などにより、臭いやベタツキが気になる日が出てくることがあります。そんな時は、湯シャンを朝晩2回してみるのもいいでしょう。

また、ブラッシングが重要とお話ししましたが、シャンプーのようなコーティング機能がないため、汚れが付きやすくなります。洗髪前以外にもまめにブラッシングをするといいでしょう。

初回公開日:2018年02月16日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests