Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】いびきがうるさいことで寝れないときの対策|離婚

更新日:2020年08月20日

周りの人のいびきがうるさくて眠れないことはありませんか?毎日のいびきからくる影響やいびきがうるさくて寝れないときの対策などを紹介しています。いびきは病気のサインの可能性もあります。いびきについて悩んでいる人はぜひ読んでみてください!

いびきがうるさいことで寝れないときの対策とは?

いびきをかかずに睡眠ができる人は少ないです。そしていびきをかくことを気にしている人は意外とたくさんいます。静かないびきをかく人もいれば、うるさいと感じる大きないびきをかく人も多いです。いびきがうるさいと周りの人はとても困ったり、出掛ける先でも迷惑をかけたりします。そこで、いびきがうるさいことで寝れないときの対策を紹介します。

耳栓でいびきをバリア!

最初に考えやすい対策が耳栓です。うるさいのであれば声をシャットアウトしてしまおうという対策方法ですが、寝ている間に耳栓が外れた場合にはいびきがうるさくて目を覚ましてしまう可能性もあります。いびきがうるさい人の横で寝始めるときには耳栓を使うと簡易的でです。

そして最近ではとても高度な耳栓が販売されており、かなり大きなうるさい外部の音でも完全にシャットアウトできるものも販売されています。通常の耳栓よりも値段は張りますが、完全にいびきをシャットアウトできるのであれば、利用する価値はあるでしょう。

音楽を聴きながら寝よう!

耳栓と似た方法ですが、イヤホンをして好きな音楽をかけ、いびきのうるささをバリアする方法です。音量を上げておけば、いびきがイヤホンを通り越して聞こえてくるということはありません。耳栓をしてもいびきのうるささが気になったり眠れない人には対策です。寝ているうちにイヤホンが首に絡まないように気をつけましょう。

病院で相談しよう!

いびきがうるさい人は、睡眠時無呼吸症候群などの病気の可能性もあります。早めに病院にかかることをします。そして病院でいびきの治療はできないと思っている人も多いですが、いびきの治療は病院で根治できると言われています。いびきがうるさい人には病院に行ってもらうようにしましょう。

いびきのうるさい人は自覚症状がない人が多く、自分はそんなに困ることがないので病院を勧めてもなかなか行ってくれない人が多いです。その場合には、ビデオや携帯などでいびきの声や映像を撮って本人に見せると良いでしょう。これくらい酷いいびきに周囲は困っているというのをはっきりと伝えることが必要でしょう。

いびきがうるさい人と離れて寝よう!

いびきがうるさくて寝れないときは、いびきがうるさい人と離れて寝ることが一番の対策です。寝室を別にすればうるさいいびきから解放されるでしょう。たとえば新婚の場合は、一緒に寝たいという気持ちが強いでしょう。しかし、いびきに苦しむよりは別室での睡眠を選択したほうが良いでしょう。

いびきがうるさいことからの影響とは?

いびきがうるさいとうるさい人は快適に寝ているので良いですが、いびきを聞くほうはとても大変な目に合います。具合が悪かったり、風邪のときにだけいびきがうるさくなる人もいますが、ほとんどの人は毎日睡眠のたびにうるさいいびきを繰り返してしまいます。毎日いびきを聞くとさまざまな影響が出始めます。そこで、いびきがうるさいことからくる影響をまとめていきます。

ノイローゼになる可能性

毎日毎日うるさいいびきを聞いていると毎日寝るのがストレスになってきます。そして、毎日夜中に目を覚ますようになったり、なかなか寝付けない日々が続いたりして、いつの間にかノイローゼになってしまいます。睡眠はとても大切なもので毎日質の良い睡眠をする人は生活や気持ちも安定した毎日を送れると言われています。

逆に、途中で起きてしまったりなかなか寝付けないように睡眠の質が悪いと、毎日イライラしてしまったり気持ちが安定せずに鬱状態になる可能性もあります。このようにいつの間にかノイローゼになっている状態がとても多いです。

離婚の可能性

離婚といびきは別問題で関係ないと思ってはいませんか。それは大きな勘違いです。いびきひとつでも離婚の可能性は多いにあります。いびきがうるさい人は、いびきを毎日聞いていることがどれだけストレスになるかを考えましょう。いびきがうるさいと言われたら仕方ないと放置せずに病院に行ったり自分にできることを試してみることが必要です。

睡眠不足になる

いびきがうるさい人と一緒に寝ると、せっかく睡眠をしている途中でいびきの音が気になり起きてしまうことが多々あります。深い眠りについていてもアラームの音ですぐ目を覚ます状態と同じです。いびきはアラームのように止まりませんので永遠に繰り返されます。そして睡眠不足になってしまいます。

充分な睡眠がとれずに睡眠不足になるとさまざまな合併症がおこります。たとえば、頭痛や吐き気、めまいなどです。仕事にも支障が出たり生活面でも大きく影響されます。一度睡眠不足になると睡眠のリズムを戻すのも難しくなるので注意が必要です。

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests