Search

検索したいワードを入力してください

【メーカー別】エアコンの内部クリーンを使うと臭いのか|頻度

更新日:2020年08月20日

内部クリーンをとお掃除モードとでは、得られる効果が違います。そのため、エアコンの寿命を延ばすためにも、正しい使い方を覚えてお部屋を清潔に保ちましょう。エアコンをお掃除する場合にはアロマオイルを利用すれば、リラックス効果も得られます。

エアコンの内部クリーンの使い方

エアコンには、内部クリーンという機能が搭載されています。これは、内部クリーン機能を使うことにより、エアコンの内部を乾燥させる効果が得られます。

ですが使い方を間違えてしまうと、内部クリーンを使っても、うまくエアコンを清潔に保つことができない場合があります。まずは内部クリーンの仕組みや使い方について、正しい方法を覚えておきましょう。

内部クリーンを行う頻度

エアコンの内部クリーンを使う頻度については、特に決まりはありません。内部クリーンは、あらかじめ設定しておくと、冷房や除湿運転を行った後に、内部クリーン機能に切り替わり、エアコンの内部を乾燥させ、エアコンの内部にカビが発生するのを抑えてくれます。

カビの発生を抑えることにより、エアコンのお掃除をしやすくなります。そのため、エアコンの内部クリーン機能は、頻繁にエアコンを掃除する時期にはなるべくこまめに使用した方がよいでしょう。

季節の変わり目には

季節の変わり目など長い間エアコンを使用しないという場合には、使用した後に内部クリーン機能を使用してからカバーをかけ、またエアコンを使用する季節が来たら、初めに内部クリーン機能を使ってからエアコンを使用しましょう。

特にお部屋の中で石油ファンヒーターをご利用になっている方の場合には、お部屋の中に湿気が発生している場合があります。そのため、エアコンを使う時期がきたときには、中のしけをとりのぞくために内部クリーン機能を使いましょう。

メーカー別エアコン内部クリーンを使うと臭いのか

エアコンを運転させた場合に、異臭がするという方もいらっしゃいます。内部クリーン機能を使った場合異臭がする場合には、エアコンをお掃除しない限りはエアコンから発生するにおいを解決することはできません。

エアコンのにおいを防ぐためには、なるべくこまめに内部クリーン機能やお掃除機能を使い、エアコン内部を清潔に保ちましょう。エアコンに搭載されている内部クリーン機能は、そのメーカーや機種によって使い方が異なります。

そのため、エアコンの内部クリーン機能を使う場合には、正しい使い方を覚えておくためにも説明書をよく読んだあとで使うよう心がけましょう。今回は、メーカーごとの内部クリーン機能の使い方についてご説明します。

富士通

富士通の内部クリーン機能を使用したい場合には、リモコンの左中心部あたりにある、「クリーン」と書かれたボタンを押し、自動を選ぶとリモコンのライトが点灯を始めます。

エアコンが停止している場合には、10秒間、どうした後ライトが消え、内部クリーン機能が設定されます。エアコンの運転中にリモコンの表示画面を確認した時に、「クリーン」という文字が表示されている場合には、もう一度設定する必要がありません。

また、内部クリーン機能を手動で動かしたい場合には、「クリーン」と書かれたボタンを押した後で、もう一度「クリーン」と書かれたボタンを押すことにより、自動と手動を切り替えることができます。

ダイキン

ダイキンの内部クリーン機能を設定する方法は、次のものになります。冷房、または除湿運転中、または自動内部クリーンを運転中に室外機の内部クリーンランプが点灯をします。

内部クリーンを設定するにあたっては、エアコンを運転している間に内部クリーンボタンを約2秒間長押しします。すると、リモコンの表示画面に内部クリームマークが表示され、室外機の内部クリーンランプが点灯し始めたら設定完了です。

また、開所するにあたっては、エアコンを運転中に、もう一度内部クリーンボタンを約2秒間長押しします。するとリモコンの表示画面の内部グリーンマークが消えますので、それて内部クリーン機能が解除されたことになります。

三菱エアコン霧ケ峰

三菱の霧ケ峰のエアコンを内部グリーン機能にするには、リモコンの表示画面左下に取り付けられている内部クリーンボタンを押します。一度設定すると解除するまで外部9厘機能が自動的に働きます。

冷房や除湿運転を行った後に、入/切と表示のあるボタンを押すとエアコンが停止し、そのあとで内部クリーン機能が自動的に運転します。ないでクリーン機能を解除するには、もう一度内部クリームと書かれたボタンを押すことにより、内部クリーン機能が解除されます。

エアコンの掃除方法

エアコンから異臭がする場合の原因は、主にエアコン内部に発生しているカビが原因です。これはエアコンを分解し、お掃除するしか解決方法がありません。

内部クリーン機能は、エアコンを使用した後にエアコン内部を乾燥させることにより、エアコンの中にカビが発生するのを抑えるための機能ですので、すでに発生してしまったカビに対処することはできません。エアコンをお掃除する方法は次のものになります。

コンセントを抜いておく

エアコンの内部をお掃除する場合には、まずはじめにエアコンのコンセントを抜いておきましょう。エアコンのコンセントをさしたままお掃除すると、漏電してしまう場合や感電してしまう可能性があります。

エアコン正面のほこりを拭きとる

初回公開日:2018年04月23日

記載されている内容は2018年04月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests