Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】ガス代が高い理由・都市ガスを節約する方法・対処法

更新日:2020年08月20日

「ガス代って高いな・・」と思ったことはありませんか?特に寒くなる冬期には、水を温かくするガスを多く使うために、ガス代が高くなりがちです。ガス代がどうして高くなるのか?考えられる原因と、高いガス代を多少でも安くするための対処法について、ご紹介しています!

状況別ガス代が高い理由!

使用人数(その住居で暮らしている人数)ごとの平均ガス代と共に、ガス代が高い理由をご紹介していきます。平均ガス代に関しては、ガスの使い方や会社によっても異なるため、あくまで統計的に導き出された平均ガス代だとお考えください。

一人暮らし

一人暮らしの場合でも、「ガス代が高い」と驚く人もいます。地域や個人の使用量によっても多少の変動はありますが、平均的なガス代は「約4500円〜5500円」です。夏期が最もガス代が安く、冬期が最も高くなります。また、都市ガスよりもプロパンガスの方が高いとされます。

光熱費の中でも基本的にガス代は高い傾向にありますが、高くなる理由として考えられるのは、季節が冬・使い方・ガス会社の料金設定・ガス漏れの可能性・アパートなど集合住宅におけるガス設備費用の借り主負担です。

二人暮らし

二人暮らしの場合は、平均ガス代「約5000円〜8500円」です。このガス代はプロパンガスの場合で、都市ガスでは「約2000円〜3200円」とされています。一人暮らしの時と同様に、夏期の方がガス代は安くなります。ガス代が高くなる理由は一人暮らしの場合と同様ですが、二人暮らしでは二人の生活リズムの違いがあると、ガス代が少し高くなる可能性があると考えられます。

三人暮らし

日本における平均家族人数は三人ですが、プロパンガスにおけふガス代の平均は「約6500円〜12000円」とされます。都市ガスの場合は、「約2500円〜4000円」です。プロパンガスに関しては、10000円を超えました。ガス代が高くなる理由は、一人暮らし・二人暮らしの場合と同様です。

四人暮らし

子どもが二人いる家庭では、父母合わせて四人家族になります。兄弟や姉妹が自分を合わせて二人いるという家庭も、日本では多いでしょう。また、夫婦と片方の両親が一緒に暮らしている場合の四人家族もよくあります。

四人暮らしの場合、プロパンガスの平均ガス代は「約8000円〜14000円」です。夏期の方が安くなり、冬期の方が高くなりますが、四人もいると生活リズムが違う人も出てきそうです。その場合は、多少ガス代が高くなることもあります。

五人暮らし

五人暮らしの家庭もありますが、ガス代はどうでしょうか。プロパンガスのガス代平均は「約8100円〜15000円」で、四人暮らしと大きな差はありません。五人暮らし以上になっても、数が一人少ない人数(六人なら五人、七人なら六人といった感じ)と比べて、平均ガス代的には大きな差は見られないとされます。

アパートのガス代はなぜ高いのか?

アパートのガス代は、戸建てと比較して、高いと言われています。実際にそうだと実感している人も多いようですが、どうしてアパートのガス代は高いのでしょうか。

借り主に対するガス設備の費用負担

考えられる原因として挙げられるのは、「賃貸を借りた人にガス設備費用負担をしている」ことです。

賃貸住宅は、ガスの設備費用が必要になります。賃貸オーナーは、その費用負担を少しでも抑える目的で、賃貸を借りた人に費用負担をさせていることが多いそうです。賃貸オーナー自身がガス料金相場など、ガス会社について詳しく知らない場合もあるため、契約内容を知らせてもらうと、なぜ高いのかが分かることもあります。

都市ガスの高いガス代を節約する方法!

まず、自身が使用しているガスが、都市ガスなのか・プロパンガスなのかをチェックしてください。住居の外にガスボンベがある場合は、プロパンガスです。ガスボンベがない場合は、都市ガスになります。プロパンガスと都市ガスの特徴を踏まえた上で、都市ガスのガス代を節約する方法をご紹介します。

プロパンガスの特徴

一般的な話ですが、プロパンガスのガス代は、都市ガスのガス代よりも高くなると言われています。その理由は、プロパンガスの料金設定が自由だからです。また、料金設定を値上げした時、利用者に通知しなければいけないという決まりもありません。悪徳なプロパンガス会社の場合は、必要以上の料金設定をしてあったり、徐々に料金設定を上げたりしていたケースもあります。

会社によって料金設定が違うため、ガス代が高いことが気になる場合は、他のプロパンガス会社を調べてみると良いでしょう。料金設定自由の理由からか、都市ガスと違って料金設定を公開していない会社も多く見られますが、善良なプロパンガス会社もあるため、見直しをしてみることは、ガス代を下げる一つの手段となります。

都市ガス

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests