Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】コンタクトの簡単な外し方のコツ・裏ワザ|爪が長い

更新日:2020年08月20日

コンタクトを外すとき、指が迫る感覚が苦手で上手く外せないことありますよね。今回はコンタクトの種類や指での外し方のコツ、指以外での外し方のコツをご紹介します。自分の外しやすいやり方を見つけてコンタクトをよりたのしみましょう。

コンタクトの簡単な外し方のコツは?

コンタクトを使い始めたとき、外し方のレクチャーまでされますが特につまんで外さなければならず恐怖心がでて来てしまいなかなか外せないことがあります。だからと言って、ずっと付けているわけにもいきません。

そこで今回は状況別のコンタクトの外し方から指以外での外し方、種類別の外し方をご紹介します。自分の一番やりやすい方法を見つけ、快適なコンタクトライフを楽しみましょう。

オーソドックスなコンタクトの外し方

コンタクトを外す際、主に目をしっかりと聞き手でないほうの指で上下に広げ、コンタクトの側面を利き手の親指と人差し指でグッとつまむように外します。この時黒目のまんなかをつまむと視界に指が入るり思わず瞬きしてしまうことや傷がつくこともあります。

そのため、真ん中より少し下あたりをつまむようにするのも一つのコツです。視界に迫る指の間隔が苦手と言う方は、圧迫感が緩和されるため外しやすくなるでしょう。

また、コンタクトを外す際に必要なのが鏡ですが、真っ直ぐあるいは少し上向きに見て外す方が取りやすくなるので、洗面台の鏡や正面から見られる壁の鏡を使うと良いでしょう。もちろん、自立する卓上のコンパクトな手鏡などでも良いですが、下向きになるので手でしっかりと瞼を開いてあげることが大切です。

コンタクトを外すのが怖い 苦手な理由は?

目は動物の弱点であり、人間も例外ではありません。本来の生活であれば目を触るような行為はありませんが、人工物を入れ外しするために怖い、苦手だと感じる方もいます。しかし、コンタクトをするうえで外すことは免れることができません。

そこで、どのようなことが怖いと、苦手だと感じるのかを考えてみましょう。理由さえ分かれば、自分の弱点を考慮した外し方がしやすくなります。

目に迫ってくる圧迫感

苦手な1つの理由として、指が目に近づいてくるという圧迫感から恐怖心がでてきてしまうことがあります。外し方はあっているのになかなか取れないということもあります。この時注目したいのが、どこに視線・焦点を合わせているかです。

指の圧迫感を感じる場合、本来見ているはずである鏡ではなく、指の先端に目が行ってしまっていることが多くあります。指の動きを目でおてしまうがゆえに、真正面から近づいてくる恐怖心が出てしまいます。

この場合、できるだけ上目遣いをし、鏡をしっかりと見ましょう。そして、黒目のまんなかではなく、下側を狙い鏡を通してコンタクトを狙う外し方がです。指を直接見ず、鏡越しと言うのは慣れるまでかかりますが、慣れると圧迫感や恐怖心もなくなっていきます。

痛みを感じる

コンタクトを外すことが苦手だと感じる場合には、外し方もしっかりしているのに痛みを感じて戸惑ってしまう場合に考えられます。そして、痛みを感じなかなか外すことができないと、より苦手に感じてしまいます。

痛みを感じる1つにはコンタクト外の目を触ってしまっていること、そして2つめには、不安からコンタクトの端をつまみすぎて少しずつしか外せておらず違和感を感じる力加減の問題、そして最後に目とコンタクトが乾き、くっついている状態で外そうとしているからです。

コンタクトに接していた面全てがひりひりといたくなる場合は、乾燥が原因です。きちんと目薬や涙で水分を与えると外す時の痛さが無くなります。黒目の真上を触るのに抵抗があり外側を触ってしまうことや、端を少しつまむだけになってしまうことがあります。

その場合は無理に黒目の上で外すのではなく、白目にずらして外す外し方が安心でき、苦ではなくなるでしょう。

コンタクトを外すときの注意は?

目を手で触るという行為は、自然ではありえないものであり、人工物をいれるということも工夫をされているからこそ装着することができるだけです。コンタクトを付けるだけでなく、外す時や外した後も気を付けなければならないことが多くあります。

手は清潔に

面倒ではありますが、デリケートな目に近いコンタクトを直接触る場合、手をしっかりと洗ってから行いましょう。日常的に多くの場所や人、物と接する手は普段は気にしなくて良いこともありますが目には良くない場合もあります。

しっかりと衛生面を整えて、外し方や目の状態にも気を付けながら楽しみましょう。

使い終わった後のコンタクト洗浄

コンタクト洗浄は面倒でテキトーに済ませてしまう方が多くいますが、ホコリやゴミがついている状態で再度つけると、目に傷を作る原因にもなります。コンタクトを入れた際にゴロゴロとした不快感を感じることもストレスなので、使い終わったらしっかりと洗浄しましょう。

コンタクトを外すのは慣れる?

コンタクトの外し方に不安や苦手意識があるとき、この先この思いをするのかと悩みますが、毎日の繰り返しや練習を重ねることで、コンタクトの外し方が定着していき、聞いていた外し方だけでなく自分オリジナルの外しやすい外し方を段々と見つけることができます。

何度もやることで不安も無くなりいつの間にか苦手に感じていたことを忘れるでしょう。今現在外し方に不安を覚えている方でも、徐々に慣れていき苦も無く外すことができるようになるので、あきらめずにチャレンジしていくことが大切です。

化粧とコンタクト

初回公開日:2018年04月18日

記載されている内容は2018年04月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests