Search

検索したいワードを入力してください

コートのボタンの付けの仕方や縫い方・付け替え方法|後ろ/肩

初回公開日:2018年02月17日

更新日:2018年02月17日

記載されている内容は2018年02月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

寒い時期になると欠かせないアイテムがコートになりますが、コートのボタンが取れかけていてはせっかくおしゃれに着こなしても良さが半減してしまいます。家庭科の授業で教わった人もそうでなかった人も、おしゃれな着こなしのためにちゃんとボタン付けを復習しましょう。

コートのボタン付けの仕方・縫い方について

冬時期になると活躍するのがコートなのですが、ふと見た時にボタンが取れかけている時があると、インナーをたくさん着込むつもりのある時は不安に感じてしまいます。これ以外にも、買ったばっかりなのにもうボタンが取れかけている、という場合もあります。

これは、機械によるボタン付けが主流である現代において仕方のない事なのですが、実は自分で付け直す事で解消する事ができます。

今回は、忘れている方はもちろんの事、そもそもボタンが取れかけていたら母親か姉か妹に修理を依頼する方まで、誰でも強力なコートのボタン付けができる方法を紹介します。

糸と針の選び方

初心者の方に向けてボタン付けに必要な針と糸について紹介します。まず、外れてしまったボタンを直す程度であれば、針と糸のついたボタン直しセットで十分です。

しかし、薄手の生地の服をたくさん持っている人と、厚手の生地を大量に持っている人となると、ボタン付けセットだけでは対応しきれなくなるので、ボタン付けセット以外にも揃える必要があります。

まず、薄手生地の場合は、どうしてもしっかりとボタンを縫い付ける事ができませんので、頻繁にボタン付けをする事を前提に、薄手用の手縫い糸になる50番と薄手用の針を用意しておきます。そして、厚手の生地をたくさん持っている人は、厚手用の糸になる20番の手縫い糸と厚手用の針を、ボタン付けセットとは別に用意しておきます。

基本のボタン付け

基本のボタン付けはすごく簡単です。まず、手縫い用の針と糸を手に取り、針の後ろについている糸通しに糸を通し、少し長めに引き出します。この時、引き出す糸の長さは長ければ良いというものでもなく、大体自分の指先から肘までが扱いやすい長さになります。

そして、玉止めをしたら生地の裏側から針を入れ、ボタンの穴1つに針と糸を通し、反対側に針と糸を通します。そして、生地の針を最初に入れた部分から少しずれた所に針を差し、再び少しずれた所から針を刺しボタン穴にいれて、という作業を5回ほど繰り返します。

ボタンの穴の数によりますが、大体これを2回ほど繰り返し、最後に糸をボタンの下に巻きつけ、軽く引いて固めにします。そして、この糸を巻きつけた部分に針を刺し、完全に貫いて仕上げます。この仕上げをした後、そのまま切る人と仕上げの玉止めをする人とに分かれますが、それはお好みで構いません。

動画版

この基本のボタンの付け方は、覚えておくとコート以外でも使用する事のできます。また、非常に作業工程がわかりやすい動画があったので、文章でよくわからなかった方は、こちらをご覧ください。

肩のボタン

トレンチコートなどには、エポーレットと呼ばれる肩にボタンが付いていますが、このボタンはトレンチコートが開発された当時、水筒を下げておくためのストッパーとしての役割がありました。

ちなみに、現在でもバックの持ち手を肩にかけて持つ持ち方をする時やリュックを背負う時、このエポーレットの中持ち手を入れるととても便利です。

このエポーレットですが、ボタンの付け方は基本の付け方と同じです。しかし、装飾としての意味が強い部分なので、仕上げにやる糸の巻きつけを省略して外れない程度にしておけば良いです。

ただ、裏地があるコートの場合だと、裏地に糸を通すのは少し違いますので、裏地を縫わないように、ひと針目はボタンで隠れる程度の範囲で表側から入れます。これ以降の行程は、表地だけを縫う事だけが違うだけで、基本のボタン付け方法と同じになります。

後ろのボタン

Pコートなど特にそうなのですが、背中の後ろについているベルトは、現在においては装飾目的だけになっています。なので、この部分のボタンが取れてしまった場合は、トレンチコートのエポーレットと同じく、裏地に糸が出ないようにボタンを縫い付ければ良いです。

チェスターコート

ビジネスからカジュアルまで、幅広く使える事で人気のチェスターコートですが、このコートのボタンが取れた時も、ボタンの縫い付け方は基本の縫い付け方と同じになります。

ただ、チェスターコートに限らず、フライフロントと呼ばれている前たて部分を2重にしてボタンが見えないようにしているデザインのコートの場合、ボタンホールが前たてで隠れているので、ボタンをつける部分が見つけづらいのが難点です。

この難点を解消する方法はいくつかありますが、最も簡単なのは、前たてを合わせた状態で糸の付いた縫い針をボタンホールの隙間から刺し、目印とする方法です。

この方法だと、前たて部分を取った時目印として針と糸が残っているので、ボタンをつける場所が簡単にわかるのでとても便利です。しかし、この目印の部分を中心にボタンをつけ始めるので、ボタンホールのちょうど真ん中に針を刺すようにしましょう。

コートのボタンの付け替え・交換方法とは?

コートのボタンの付けの仕方や縫い方・付け替え方法|後ろ/肩
※画像はイメージです

では次に、購入したコートのボタンが好みではなかった場合のボタンの付け替え方法に関して紹介します。まず、新しいボタンを用意しますが、このボタンは必ずコートのボタンホールに入る事が前提となりますので、ボタンホールの横幅を図り、この横幅よりも数ミリ小さいボタンを選んで購入しましょう。

次に、付け替えをしたいボタンを外すのですが、この時できるだけ生地を切ったり引っ張ったりしないようにしたいので、リッパーと呼ばれるミシン糸を解くのに使う糸切りを使います。

このリッパーは、押す事で糸を切る構造になっているのですが、これをボタンと生地を縫い付けている糸の隙間に入れ、そのままボタン側に持ち上げるようなつもりで糸を切ると、生地を切る心配がなく安全です。あるいは、少しづつ切り進めていくという方法でも、このリッパーで安全にボタンを外す事ができます。

おしゃれ

コートについていたボタンを取り外す前に、まずは新しいボタンを購入する必要がありますが、どうせだったらありきたりなものではなく、個性的でかわいらしボタンが良いです。可愛らしいボタンは、手芸店で豊富に取り揃っていますので、ぜひ足を運んでみてください。

あるいは、ブラバンでボタンを自作する事も可能ですし、くるみボタンなら制作キットも用意されているので、この制作キットで世界で1つだけのオリジナルくるみボタンを製作する事もできます。

ラインストーン ボタン 飾りボタン アクセサリーパーツ

ラインストーンとパールの組みわせがとても可愛らしくて個性的なボタンになります。ボタンなのでもちろん実用性もあるのですが、暗めの色合いのコートだった場合、このボタンをつける事でパッとした華やかさを演出する事ができます。このようなボタンの難点は、少し壊れやすいのと言う事にありますが、いくつか多めに購入しておけば安心です。

コートのボタン修理の注意点って?

Latests