Search

検索したいワードを入力してください

銀杏の臭いの理由・臭いの対策と取り方・臭いがする季節

更新日:2020年08月20日

銀杏というと秋から冬にかけて紅葉の時期になるとイチョウの木の下を歩いていると見かけます。紅葉したイチョウはとても綺麗です。銀杏を踏んでしまうと言葉には言い表せない臭いを感じます。銀杏の臭いの取り方について時間のない時にも手軽にできるコツも紹介します。

銀杏の臭いの理由

銀杏とは

銀杏は白亜紀以前から地上に存在していて繁殖力の強い植物です。銀杏はイチョウの木になる実です。イチョウの葉は形に特徴がありますが、木の実も臭いのも特徴になります。

多くの人が銀杏の実がなる頃に感じることは臭いという共通点があります。臭いという特徴は人それぞれ感じるものですが、強烈に臭いです。

銀杏はどうして臭いのか

銀杏が臭い理由は子孫を残すために木の実を食べられないようにするために臭いを放出しています。臭いが強烈なのでネズミも食べません。この臭いは木に付いてる時はあまり臭いがなくて実が熟した時に発生します。

銀杏の成分

銀杏は栄養価の高い食品です。でんぷん、カロテン、ビタミンCなどを含んでいてミネラルも豊富でマグネシウムやリン、鉄など骨を作るのに欠かせないミネラルをたくさん含んでいます。日本や中国でも古くから民間療法で活用されており、咳や痰、夜尿症にも効果があります。

美肌効果

銀杏の主な成分はビタミンです。体の酸化を防ぐ抗酸化作用や美しい肌を作るためには欠かせない成分です。新陳代謝の効果と新しい健康な皮膚を作り出すのに必要とされ、美しい肌をサポートしてくれます。

疲労回復の効果

銀杏に含まれるビタミンBはおもにビタミンB1、B2、B6でビタミンB1には疲労回復や手足の抹消神経などの神経機能を正常に保つ作用があります。

銀杏は食べすぎに要注意

銀杏は昔から中国や日本で薬として使われていました。栄養面からみると銀杏には糖質とタンパク質が多く含まれた栄養豊富な種子です。

銀杏に含まれるメチルビリドキシンがビタミンB6の働きを邪魔して欠乏症状を起こします。ビタミンB6は体内で色々な生化学反応の酵素の働きを助ける作用があります。中でも神経伝達が抑制する働きを妨げ、けいれんなどの症状を起こしていまいます。

食中毒を引き起こすのは「小児」が多いという結果が出ています。5歳未満に多いと報告されています。銀杏は生では食べることができません。

中毒を引き起こす目安

どのくらい食べたらいいのでしょうか。子供に与えるときは中毒症状を引き起こすことのないように個数を気を付ける必要があります。

年齢中毒が起こる量の目安
7~10歳未満の小児7粒以上
成人40粒以上

銀杏の臭いの取り方と消す方法

処理 銀杏の臭いの取り方

①拾ってきた銀杏を浸るくらいの量の水に約4日間程つけます。この時点ではまだ臭いが強いのでバケツがです。
②銀杏を覆っている一番外側の皮がブヨブヨにふやけていたら水から出します。
③水から揚げたら外の皮を水で綺麗に洗い、皮はすべて取り除いて種だけにします。
④種だけになった銀杏を外に出して乾燥しきるまで約3日間くらい天日干しをします。
⑤種が乾燥したら部屋の中の暖房器具の近くに置いてさらに干します。
⑥殻の部分が白くなるまで室内干します。剥いてみて中から水が出て来なかったら終了です。

もっと簡単な皮の処理方法

初回公開日:2018年02月20日

記載されている内容は2018年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests