Search

検索したいワードを入力してください

ホームレス生活の保護について・生活術・実態・生活費の目安

初回公開日:2018年03月28日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんの「ライフスタイル」はなんですか、たくさんあるでしょう。これはホームレスの「ライフスタイル」すなわち日常の様子です。過酷な冬の乗り越え方、どんな仕事をして稼いでるの、どんな苦労があるか、そして興味がある人のためにホームレス体験を紹介していきます。

ホームレス生活の保護について

皆さんは、今何気なく生活している中でもホームレスと聞いて何を思い浮かべますか、多くの人は例えば「路上で寝てる人」「仕事がない人」「自由な人」などでしょう。

そして日本でホームレスとして何百人、あるいは何千人の人達が生活をしているのでしょうか、生活の保護の制度が少しずつではありますが変わり年々ホームレスの人達が減っているとは言え、その現状はほとんど変わりません。

ホームレスの人が受けれる生活の保護ですら、6割の人は知っているが残りの人達は知らないと言うことも少なくはないと言うことです。それをふまえ法律、ホームレスの人達の生活を説明していきます。

法律

ここで国民の力になってくれる、法律の説明をします。生活していく上で少なからず法律は深く関係をしてきます。ホームレスに対する法律もあります。

ホームレスの人は誰しも健全な人ばかりではないと言うことを考えなくてはなりません、一つ例を上げます。

・「ホームレスの自立の支援を行う民間団体との連携」
・「生活住居の提供」などがあります。

ホームレスの人に対する法律もまだまだあるのでせっかくの法律利用したいです。

ところでホームレスの人はどのように生活をしているのか、どう季節を乗り越えているのか過酷な冬や生活術を説明します。

ホームレスの生活術は

ホームレスの生活術と聞いて何を思い浮かべますか、普通に生活をしてる人にも深く関係する近所トラブルの問題もあります。

そこでやっぱり上手く生活をしていかなくてはいけないのがホームレスです。縄張り争いもある中で上手く生活をしていかなくてはなりません、なのでホームレスの人は近所トラブルを防ぐためなるべく人と関わらず生活をしていくと言うのが生活術の一つでもあると言えます。

ホームレスは自分達でトラブルを回避しなくてはなりません。この他にも先ほど話した近所トラブル、節約をして生活など、ホームレスは生活術を学び生きていかなくてはいけないと言うことです。

では過酷な冬の生活はどうなのでしょう。

冬は

ホームレスの冬の過ごし方は、とても厳しいとも言えるでしょう。そんな中どうやって冬を迎え、そして乗り越えていくのでしょうか、普通に生活をしている人と比べると中途半端なことでは冬は乗り越えられないと言うことです。

普通に考えてホームレスの人には家がないのですから、それを考えると外で過ごさないといけません。とくに寒い冬に外で寝ていれば時には命の危険すらあります。

では夜は「寝ないでどうしているの」と疑問をもちます。半数以上のホームレスが冷え込む夜は一晩中歩き朝を迎えて、昼間に暖かいスーパーやデパートでもしくは地下街で寝ると言うのがホームレスの人のスタイルになっています。

では厳しい冬を乗り切るのには食事も大切なことです。

炊き出しはいつなのか

そうやっぱり生きてくためには食べることが大事です。誰もが食べなくてはなりません、そこでとくにホームレスの人に大切な栄養のバランスが取れる炊き出しです。

これは1週間に1回や県や地域に寄っても違いますが、ボランティアの方や支援団体の方が炊き出しをしています。

中には炊き出しの場所、時間を公民館や集会所の入り口のチラシに書いて教えてくれる所もあろ何も知らないホームレスの人にとっては嬉しい情報でもあります。

炊き出しと言っても時には場所や時間、日にちまで変わる時もあるので中には食べれないホームレスの人もいます。

さて少しだけホームレスの人に対して詳しくなってきたので、まだ謎だらけ少しホームレスの実態についてみていきましょう。

ホームレス生活の実態は

ホームレスの実態です。すなわち路上生活者ともいいます。今一番の問題はホームレスの人の病気が多いことです。けして体の病気だけではありません、心の病気(うつ病)になってしまう人が多いです。

ホームレスの人の年齢の平均が60歳から69歳までの人が多いのも現状です。それに若い人でも大学を卒業して職を転々として40歳過ぎてホームレスになってしまう人も多いと言うことです。

現実的に年齢層が高いほど「ホームレスでいいゃ」「普通の生活に戻らないでもいい」と考えてしまい、これが孤立を生んでる実態です。

さてここまで聞いてホームレスの人は楽しいと感ているのか、それとも辛いと感じているのを説明します。

楽しいのか

ホームレス生活は楽しいかと聞かれると半々に分かれます。「ホームレスになった時は辛かったけど、でも自由を手に入れ楽しい」と言う人や「食べ物がなく辛い」「冬が辛い」と言う人もいるので半々に分かれます。

結論的にホームレスの人も同じ人間なので辛い気持ちにはかわりはないです。でも男性より女性の方が「ホームレスと言うことは、家はないけど楽しい人生を送っている」人や年齢層が高ければ高いほどホームレス生活を楽しんでる人も少なくはないです。

次にホームレスの人達は寝る場所を確保しなければなりません。今は制度や規制も厳しい中何処で身を寄せて寝ているのか気になるとこです。

ホームレスは何処で寝ているのか

おもに一般に多いのが河川、公園、道路ですが、その他にも階段や地下の駐車場、橋の下と言うのも多いのですが、でも雨、風しのげるだけでも良いと考えてる人はいるようですが、荷物を置いてはいけない場所、撤去や追い出されてしまう場所があります。

その他にもいたずらされてしまう場所も少なくはありません、だからホームレスの人の中には大勢で皆で寝たり、その中には人目を避けて寝てる人もいます。

次に日頃道を歩いてるとホームレスの人の荷物が道の脇に置いてあり何気ないことでも何処にいったのか気になることがたまにありませんか、それは仕事をしている人がほとんどす。

ではどんな仕事が多いのかみていきましょう。

どんな仕事をしているのか

普通に考えて住所合っての仕事です。でもホームレスの人の中には頑張ってる人が数多くいます。仕事しいる人の割合が男性約9割、女性が約5割です。

主に空き缶集めと言うのも多いのですが、登録の派遣や土方もがあります。中には朝4時前から働いてるホームレスの人もいます。その日だけのお金を稼ぎにいき働いてるとはいえホームレスの人は意外にも働き者が多いのには驚きです。

これだけお仕事しているなら、ホームレスの方の生活費とかも少し気になります。それでは説明をします。

ホームレスの生活費の目安は

生活費の目安は個人差にもよりますが、毎日仕事があるわけではないので、仕事をしている人で考えても1ヵ月約3,000円から5000円納めたいのが本音でもあります。

1日仕事をしたとしても、普通に生活をしている人からみると理解に困るでしょう。空き缶集めでも約1,000円から3,000円弱で土方をして約5,000円位、これで1ヵ月もしくは2ヵ月生活しなくてはいけないのが現状です。

では今度は1日いくらの生活しなくてはならないのか説明をします。

Latests