Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】おすすめの毛布カバー・必要か・布団カバーとの違い

初回公開日:2018年05月01日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

毛布をカバーする毛布カバーですが、他の寝具をカバーする布団カバーや枕カバーなどに比べると、よく知らないという人も多いのではないでしょうか。あまり知られていない毛布カバーですが、使うと色々なメリットがあります。今回は、そんな毛布カバーについて詳しくご紹介します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

特徴別おすすめの毛布カバーとは?

毛布をカバーする毛布カバーですが、どのような商品が販売されているかご存知でしょうか。毛布カバーは、素材の違ったものや赤ちゃん向けのもの、おしゃれなものや肌触りを重視したふわふわなものなどたくさんの種類のものが販売されています。

ガーゼ

ガーゼというと素材の名前のように考えがちですが、実は織り方の名前です。ガーゼは、目の粗い平織りのことを言います。そんなガーゼで作られた毛布カバーにはどのようなものがあるでしょうか。

メリーナイト 日本製 綿100%ガーゼ毛布カバー

メリーナイトの毛布カバーは、日本製で綿100%のガーゼ生地が使われているので、汗などの吸水性が良く、優しい肌触りがおすすめのポイントです。毛布のアクリル素材が苦手な方や、毛布のホコリが気になるという方に特におすすめの毛布カバーです。

ガーゼ生地ですので、洗濯しても乾きやすい上に洗うたびにふんわり感が増していきます。さらに、毛布カバーには付いていないことが多い四隅の紐がついているので、毛布カバーの中で毛布が片寄りにくく使いやすいです。

毛布カバーの生地感が気に入るものがなかなか見つからず、ガーゼと言う所に不安も有ったのですがとても肌触りよくガーゼと言うより綿の肌触りで最高です。他の毛布にもかけたいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2T2U0SXXQ6U... |

エムール 日本製 綿100% ガーゼ毛布カバー

エムールの毛布カバーは、横140cm×縦200cmとなっていますので、通常サイズのもうふにおすすめの毛布カバーです。日本製の綿100%120本ガーゼ生地は、他のガーゼ記事に比べると目が詰まっているため、肌触りが良いだけではなく丈夫ですので長く愛用できる商品です。

もちろん、ガーゼ生地の毛布カバーは、洗濯すればするほど肌馴染みが良くなりますし、乾くのが早いのでぉ手入れが簡単です。

絹の毛布に使用てますが、愛称最高です、夏は涼しく春秋は温かいです。
そして思いのほか、軽いです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1ZGYICNBP04... |

ベビー用

赤ちゃんは、寝ている間にミルクを吐いてしまうこともあるので、毛布が汚レ手しまう機会も多いでしょう。しかし、毛布を洗うとなると大変な作業になりますし、お天気によっては諦めなければならないこともあります。そうならないために、ベビー用の毛布には、お手入れしやすいように毛布カバーをつけることをおすすめします。

東京西川 毛布カバー ベビー用

東京西川の毛布カバーベビー用は、横89cm×縦120cmとベビー用の毛布にぴったりのサイズです。赤ちゃんのデリケートなお肌にも優しい天然素材の綿100%で、4こだわりの日本製となっています。カラーは赤ちゃんが吐き戻してもすぐにわかるように、清潔感のあるホワイトのみです。毛布カバーとしてだけではなく、肌掛け布団カバーとしても使えます。

日本製襟クリ毛布カバー(ガーゼ素材)

日本製襟クリ毛布カバーは、横85cm×縦115cm74の襟クリ毛布にぴったりの毛布カバーです。素材は、綿100%の負ソフトタッチのガーゼ生地ですので、デリケートな赤ちゃんのお肌にも優しくなっています。しかも、ガーゼ生地は洗濯しやすく、洗濯するたびに肌馴染みが良くなり、乾くのも早いのでお手入れも簡単です。

また、赤ちゃんが安心して眠れる襟クリ毛布ですが、その毛布カバーはなかなか売られていないのでおすすめの商品です。

襟ぐりがカットされてるカバーは中々見つかりませんでしたが、ベビー布団にぴったりでした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3PLMHFKV62G... |

おしゃれ

毛布を掛け布団の上にかける人であれば、上にかける毛布のカバーである毛布カバーはおしゃれなものが良いのではないでしょうか。このような方におすすめのおしゃれな毛布カバーもちゃんと販売されています。

メリーナイト ガーゼ毛布カバー マーブル

メリーナイトのガーゼ毛布カバー マーブルは、吸水性が良く肌触りが優しい綿100%のガーゼ素材でありながら、おしゃれなマーブル模様が施されたおすすめの毛布カバーです、カラーは、サックスとピンクの2色から選べます。

ガーゼ素材の毛布カバーでも、真っ白ではなくおしゃれな柄が施されていれば、布団の上に毛布をかける場合や、温かくなって毛布だけをかけて眠りたいときにも使いやすいのではないでしょうか。

毛布カバーを探してました。早速使ってます、大変気に入りました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R12XIXUIGB8F... |

お肌に優しい使い心地 毛布カバー

お肌に優しい使い心地の毛布カバーは、綿100%となっているので、吸水性が良く肌触りも優しいおすすめの毛布カバーです。サイドには、180cmのファスナーが付いているので、大きな毛布も簡単に出し入れできます。また、四隅には毛布を固定できる紐がついているので、就寝中に中の毛布がずれにくくなっています。

お肌に優しい毛布カバーですが、ベージュの生地にグリーンやブラウンの木々が描かれているのでおしゃれです。ベージュ・グリーン・ブラウンの色は、リラックス効果も期待できますので、就寝時にはぴったりの毛布カバーではないでしょうか。

ふわふわ

毛布を肌に直接ふれるようにかける人によっては、毛布カバーの肌触りは重要な要素ではないでしょうか。このように毛布の肌触りにもこだわりがあるという方におすすめのふわふわの毛布カバーも販売されています。

チェック柄 マイクロファイバー 毛布カバー

肌に触れる生地に、柔らかくて温かくてふわふわのマイクロファイバー素材を使用した毛布カバーです。アクリル毛布と同じような肌触りですので、毛布の肌触りが好きだけど毛布カバーを使いたいという方におすすめです。

内側は樹脂加工してあるためスベスベになっているので、毛布の出し入れもスムーズに行えます。さらに、内側には8箇所の紐が付いているので中で毛布が片寄りません。もちろん、洗濯することができ、乾くの早いのでお手入れが簡単です。

毛布カバーは必要なのか?

少し気温が下がってくると恋しくなるのが、寝るときの毛布です。一昔前までは、毛布には毛布カバーをつけないという人の方がたくさんいました。しかし、最近ではご紹介したように色々な特徴のを持った毛布カバーが販売されていることもあり、毛布カバーを付けるという人が増えています。

そういはいっても、今まで毛布カバーを使っていなかった人からすると、毛布カバーの役割がよくわからないのではないでしょうか。そこで、ここでは毛布カバーが必要か必要でないかについてごしょうかいします。

いる

毛布は、布団と同じ大きさかそれ以上に大きいものですから、家庭で洗濯できるものが増えたとはいってもこまめに洗いにくいのが現実です。しかし、毛布は毛足が長いので髪の毛やホコリが溜まりやすく、ダニが発生する心配があります。

そんな毛布に、毛布カバーをしていれば、肌に直接触れる毛布カバーを洗濯末うことによって毛布の清潔さは保たれます。毛布カバーは大きいとは言っても、臼で夏口になっていますから、こまめに選択しやすいですし、乾きやすいものが多いですからお手入れしやすいです。

さらに、毛布を使うとホコリがたちやすいですが、毛布カバーをすることによってホコリがたちにくくなるので、寝室の環境も良くなる上に、掃除も楽になります。

いらない

毛布カバーは、布団カバーと違い、中に入れた毛布を止めておくための紐などが付いていません。したがって、毛布カバーの中では毛布が丸まりやすくなってしまいます。これを防ごうとすると、自分で毛布カバーの角に紐を縫い付けたりと手間がかかります。

また、毛布を使う人の多くは、毛布の肌触りで買う毛布を決めています。しかし、毛布カバーをしてしまうと、就寝時にそのお気に入りの肌触りを感じられないという欠点もあります。なかには、毛布カバーを付けると毛布独特のふわふわした肌触りが感じられず温かく、毛布カバーをした毛布は冷たいと感じる人もいます。

サイズ別おすすめの毛布カバーとは?

毛布にサイズがあるように、毛布カバーにももちろんサイズがあります。サイズが合わない毛布カバーを使うと、就寝中に毛布カバーの中で毛布が片寄ってしまい、寝心地が悪くなってしまいます。そこでここでは、サイズ別のおすすめの毛布カバーをご紹介します。

シングル

シングルサイズの毛布カバーには、どのようなおすすめの商品があるのでしょうか。

ガーゼ毛布カバー シングルサイズ

ガーゼ毛布カバー シングルサイズは、横145cm×縦205cmとなっており、シングルサイズの毛布にぴったりの毛布カバーです。

綿100%の100本ガーゼ素材は、通気性が良く肌触りが優しいので、肌に直接毛布をかけるときでも安心です。また。布団の上に毛布をかける場合でも、こちらの毛布カバーは白無地ではなく、可愛い四つ葉のクローバー柄ですので、お部屋の雰囲気をおしゃれに演出してくれます。

もちろん、洗濯ネットを使用すれば語家庭で選択できますし、乾くのも早いです。四隅には、毛布を固定できる紐が付いていますので、就寝時に毛布カバーの中で毛布が片寄る心配がありません。縦いっぱいにファスナーが付いているので、毛布の出し入れがしやすいのもおすすめポイントです。

ダブル

ダブルサイズの毛布カバーには、どのようなおすすめの商品があるのでしょうか。

音部 毛布カバー ダブル

音部の毛布カバーは、横190cm×縦220cmですので、ダブルサイズの毛布にぴったりの毛布カバーです。日本製の綿100%ですので吸水性が良く、毛布を肌に直接かける場合でも安心です。また、綿100%ですので洗濯機で洗濯でき、乾きやすいのでお手入れも簡単です。

カラーは、ブルーとピンクの2色から選べます。

毛布カバーと布団カバーの違いとは?

毛布カバーも布団カバーも、寝具をカバーするものです。しかも、多くの毛布と布団が同じサイズであるように、毛布カバーと布団カバーも同じサイズのものが多く存在します。

そんな同じように感じる毛布カバーと布団カバーですが、決定的な違いもあります。就寝時、毛布を先にかけて、その上から布団をかける人が多いことから、上にかける布団のカバーである布団カバーにはホコリから布団を守る役割が主なものにないます。

それに対して、肌にふれる毛布のカバーである毛布カバーにはホコリから毛布を守る役割意外に、肌触りのよさを追求しているため、色々な素材で作られた毛布カバーが販売されています。

毛布を清潔に保つことができる毛布カバー!

今回は、おすすめの毛布カバーや毛布カバーが必要かどうか、毛布カバーと布団カバーの違いなどについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

まだまだ馴染みがないという人も多い毛布カバーですが、毛布カバーとを付けると毛布本体のお手入れが簡単になるとともに、毛布自体の肌触りが悪くなった時などには好きな肌触りの毛布カバーで解消することができます。

また、毛布を洗濯するより毛布カバーを洗濯する方がはるかに簡単な上に、毛布カバーの素材はガーゼやパイル地のものが主流ですので、布団カバーや枕カバーなどより乾きやすくなっています。

このように、毛布を清潔に保つことができる毛布カバーを使ってみませんか。

Latests