Search

検索したいワードを入力してください

親と同居するときの生活費の相場・独身女性の割合・メリット

更新日:2020年08月20日

核家族化が進んでいますが、それでも両親と同居している人は多いです。両親と同居することでどんなメリットがあるのでしょうか。同じようにどんなデメリットがあるのでしょうか。役所の手続きや金銭的なことをご紹介します。同居を考えている人は必読です。

親と同居すればお金がたまるのか

日本は欧米諸国と違い、成人しても親と同居して生活を共にすることがよくあります。核家族化が進んではいますが、結婚するまでは実家で英勝をしていたという人も少なくありません。

今回は、親と同居するメリットやデメリット、そして実際に必要な生活費をご紹介します。これから社会人になって親と同居しながら仕事を始める人や、地元に戻って親と同居して仕事をする人などは、ぜひ参考にしてください。

親と同居するときの生活費はいくらくらい?

では、実際に親と同居する際は生活費はいくらくらい必要なのでしょうか。

新卒の初任給は20万円ほどなので、これをもとに生活費を考えていきます。

まず家庭にもよりますが、生活費として3万円から5万円を家にいれます。そこから日々の食費や交遊費として5万円を引きます。そして、保険料や携帯料金などの雑費がさらに3万円ほどかかります。残った約10万円ほどが自分で自由に使えるお金となります。

一人暮らしの場合は食費がさらに上乗せされ、また光熱費も自分で支払わなければなりません。そのため、親と同居している人が自由に使える10万円の半分か、それ以下しか残りません。

親と同居するのに家賃を払うのか

一人暮らしであれば月々家賃を払わなければなりませんが、親と同居している場合はどうなのでしょうか。たいていの収入ある社会人は、親と同居するのに生活費として家賃を払っています。

その値段は、おおよそ3万円から5万円ほどです。もしくは、その地域でのワンルームマンションの家賃が相場になります。

とはいえ、食費光熱費家賃全て込みでこの値段であれば、破格であることは間違いありません。そのため、やはり親と同居していると一人暮らしより順調に貯金ができます。

また、中には生活費を徴収しながらも、実は子供用の銀行口座に貯めていて、結婚を機に「実は今までの家賃がここにあるからね」と戻してくれる親もいます。

親と同居している独身女性の割合

それでは、どのくらいの割合の人が親と同居しているのでしょうか。今回は年齢に分けて女性のパターンをご紹介します。

30代

まずは30代の女性です。結婚して配偶者の両親と同居しているパターンと、独身で自分の親と同居しているパターンがあります。前者の割合は現代では低く、ほとんどの場合が結婚後配偶者と新居を構えています。

一方で、後者の割合は全体の30%ほどです。勤務地にもよりますが、30になるまでは実家暮らしだったが、30代に入ってからは家を出ようと考えている人も多いです。

40代

次は、40代女性の場合です。独身女性の場合はの場合は、元々実家暮らしをしていたが、年齢的に両親の健康面のサポートが必要になってきたので、実家を出られなくなったという人が多いです。

一方で配偶者の両親と同居している場合は、子供の送り迎えや家事のサポートをしてもらえるので、お互い助かっているという声もあります。

50代

最後は50代女性の場合です。この年代はほとんどのひとが配偶者の両親との同居になります。この年代は結婚と同時に同居を始めたという人が多く、半数近くの人が3世帯住宅です。

親と同居するメリットとデメリット

親と同居している人は多いですが、メリットがあればデメリットもあります。同居している人にはわからない悩みもあります。一人暮らしを新たに始めよう、もしくは地元にUターン就職して実家に戻ろうと考えている人は、これらメリットデメリットをよく整理しておくと良いでしょう。

それでは、親と同居するときのメリットデメリットをいくつかご紹介します。

メリット

まずは、メリットから紹介します。親と同居するメリットは人それぞれです。仕事場が実家から近いとか、親が病気がちだから一緒にいてあげたいとか、いずれ家屋を相続するから一緒に住んでいるとか、たくさん理由はあります。その中から、一般的なメリットを二つご紹介します。

金銭面

初回公開日:2018年04月22日

記載されている内容は2018年04月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests