Search

検索したいワードを入力してください

やけどむしはうつるのか・生息地・生態・駆除方法・対策|大きさ

更新日:2020年08月20日

日本各地で「やけどむし」による被害が急増しています。やけどむしは黒とオレンジの縞模様をした有毒成分を持つ昆虫で、体液に触れただけで「やけど」の症状が出る危険な虫です。やけどむしの生態と対処法をご紹介しますので、やけどむしを見かけたときの参考にしてみてください。

黒い

やけどむしの色は、頭部・後胸は黒色、前胸・中胸はオレンジ色で、尾の2節は黒色をしています。普段は隠れていますが、ハネの色は青色です。

やけどむしは、黒色とオレンジ色で派手な見た目の昆虫ですが、派手な虫には毒性の強いものが多いです。やけどむしと同じ「黒色とオレンジ色」で毒性の強いものには「スズメバチ」、「黒色と赤色」には、世界最強の毒蜘蛛といわれる「クロドクシボグモ」がいます。

子供は虫を見つけると触ってしまうことがあるため、「黒とオレンジの虫は危険」と教えておいたほうが良いでしょう。

有毒物質

やけどむし(アオバアリガタハネカクシ)は、「ペデリン」という有毒物質を体内に持っていて、ヒトや物に触れたときや危険を感じたときに体液を分泌させます。「防衛本能」から体液を出すといわれていますが、その体液に触ってしまうと皮膚炎になってしまうので厄介です。

「ペデリン」の毒性は非常に強く、DNAの合成を阻止する性質を持っているため、抗がん剤としての利用が研究されているほどです。ペデリンが皮膚に付着すると中まで入り込み、皮膚炎がなかなか治りにくいという報告もあります。

やけどむしの駆除方法

やけどむしを屋外で見つけたら、触らずにその場から離れましょう。死骸や卵、幼虫にも有毒物質を含んでいるため、成虫でないからといって油断は禁物です。服にとまった場合は、息を吹きかけて逃がしましょう。

一般的に、虫が近づいてくると思わず手で払いのけようとしてしまいますが、やけどむしは触るだけで皮膚に炎症が生じるため、触らずに虫が去るのを静かに待つ方が良いでしょう。

やけどむしが家の中に侵入した場合は、殺虫剤を使用するのが有効です。ここではやけどむしの駆除方法を紹介しますので、やけどむし対策の参考にしてみてください。

やけどむし(アオバアリガタハネカクシ)は世界中で5万種類以上が発見されており、未発見種も相当いると考えられていますが、研究が進んでいないため、生態についても詳しくは解明されていないのが現状です。

生態がよく分かっていないため、やけどむしを根本的に駆除する薬剤は見つかっていません。家の中に侵入してしまった場合は、アオバアリガタハネカクシに対応する殺虫剤を遠距離からスプレーして駆除しましょう。

不快害虫用エアゾール

日本を代表する殺虫剤メーカーの「アース製薬」によると、やけどむしなどの害虫駆除には不快害虫用エアゾールを直接噴霧するのがです。アース製薬によると、「虫コロリアース」はアオバアリガタハネカクシに対応した商品です。

不快害虫用エアゾールを近い距離から噴射すると小さな虫は吹き飛んでしまうので、少し離した場所からスプレーしてください。

やけどむしへの対策

先にも述べましたが、やけどむしの生態は詳しく解明されていないため、薬剤で根本的に駆除することは困難です。

やけどむしは好んでヒトに寄ってくるわけでもなく、毒針などもないため、屋外で遭遇したら触らずに放っておくのがいちばん良い対策です。ここではさまざまな「やけどむしへの対策」を紹介します。

やけどむしを直接触らない

やけどむしへの対策として最も有効な方法は、「やけどむしを直接触らない」ことです。やけどむしを直接触ってしまうと、皮膚に有毒な体液が付着して「やけど」のような炎症が起きるので、やけどむしを素手で叩いて潰したりするのは厳禁です。

やけどむしはヒトに対して針で刺したり噛んでくることはないため、屋外で見つけても放っておきましょう。飛んできて服にとまったとしても息を吹きかけて飛ばすか、棒などを使用して払い除けてください。肌に直接触れないようにすることが重要です。

肌の露出を避ける

草むしりや川原などへ出かけるときには、長袖・長ズボン・手袋などを使用し、肌の露出をなるべく減らすことが、やけどむしへの対策になります。この方法はやけどむしだけでなく、ヘビやクモなど他の危険からも身を守ることができます。

やけどむしを室内に侵入させない

やけどむしは「灯り」に集まる習性があり、室内に侵入してくることがあるため、「窓を開けっぱなしにしない」、「網戸を使用する」、「網戸に害虫忌避剤を使う」などの対策をして、やけどむしを室内に侵入させないようにしましょう。

害虫忌避剤は、網戸に噴霧するタイプのほか、玄関灯・外壁用のスプレーも市販されています。

なにより大事なのは「侵入の隙間を作らないこと」であるため、窓や網戸をしっかり閉め、その他の場所も侵入できないよう工夫しましょう。

照明を変える

やけどむしの侵入を防ぐには、照明を消すか、「紫外線をあまり出さないタイプの照明」または「黄色い光の照明」に変えるのも有効です。窓ガラスから出る光がやけどむし飛来の原因になっている場合は、近紫外線を遮断するフィルムをガラス面に貼りましょう。

やけどむしに触ってしまった場合の処置

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests