Search

検索したいワードを入力してください

やけどむしはうつるのか・生息地・生態・駆除方法・対策|大きさ

更新日:2020年08月20日

日本各地で「やけどむし」による被害が急増しています。やけどむしは黒とオレンジの縞模様をした有毒成分を持つ昆虫で、体液に触れただけで「やけど」の症状が出る危険な虫です。やけどむしの生態と対処法をご紹介しますので、やけどむしを見かけたときの参考にしてみてください。

やけどむしに触ってしまった場合、早めに正しい処置をしておくことで、症状の悪化を防ぐこともできます。やけどむしに触ってしまい、やけどむしの体液が付着してしまったら、その部分を手で拭い取るような行動は、体液を広げる可能性もあるため注意してください。

やけどむしに触ってしまったら、虫の体液を洗い流すために、すぐに流水で洗い流しましょう。子供が知らない間に触ってしまっている場合もあるので、外から帰ったらよく手洗いすることを習慣づけておくと良いでしょう。

やけどむしの体液に触れると、数時間後に皮膚に炎症が生じます。赤く腫れて痒くなったあと、水泡ができたりやけどのような痛みが出てきます。

皮膚科受診が

やけどむしに触ってしまったら、症状が軽度であっても一度は病院で受診することをします。なぜなら、やけどむしによる皮膚の炎症は長引くことが多く、ひどい場合は炎症部位が色素沈着をおこしてしまうからです。

やけどむしに似てる虫

やけどむしは体長が約7mmで、黒色とオレンジの縞模様をしていますが、やけどむしに似た色・似た形の虫がほかにも存在しています。見かけたときに慌てることのないよう、ここでは「やけどむし」に似ている虫を紹介します。

ハサミムシ

ハサミムシは、やけどむしを含む「ハネカクシ科」の昆虫によく似ているとされる肉食性の強い昆虫です。草地や砂地などでダンゴムシ・幼虫などをハサミを利用して捕食し、触ってしまっても毒性はありません。

アオカミキリモドキ

アオカミキリモドキは、やけどむしと同じく体液に有害成分(カンタリジン)を含み、触ると皮膚炎を起こす昆虫です。上翅は青緑色、頭部・胸部・脚はオレンジ色であるため、やけどむしと混同することもあります。

他のカミキリモドキも同じ有毒物質を持っているため、見かけても触らないよう注意しましょう。

やけどむしを素手で触るのはNG

やけどむしの体液には有害成分の「ペデリン」が含まれており、体液に触れてしまうと皮膚に「やけど」のような炎症が起きてしまうため、見つけても素手で触らないようにしましょう。

やけどむしは体長6~7mmで、黒とオレンジ色の縞模様をした目立つ色の虫です。万が一触ってしまったら、すぐに流水で洗い流し、症状が出たら皮膚科を受診してください。

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests