Search

検索したいワードを入力してください

誕生日カードの手作りの仕方・書き方|メッセージ/特徴別/無料

更新日:2020年08月20日

絶対に喜ばれる誕生日カードの手作りの仕方・書き方、メッセージの書き方などのご紹介をしますのでぜひともご参考にしてください。誕生日カードをはじめて作成する方でも簡単で低コストな作り方もご紹介します。上司や先輩など目上の方向けのものまで盛りだくさんです。

寄せ書き

誕生日カードはグループで作成するときには寄せ書きをすることも多々あります。クラスメートや同僚、部活などのメンバー全員から一言ずつ書き寄せる方法です。寄せ書きの書き方としては、書く人数がはっきりと決まっているときには各自のスペースを箱などで確保してからそれぞれ書くこともあります。

その他にも、中心部に大きなメッセージを書き、その中心に向って花のようにそれぞれのメッセージを書く方法、各自が横、縦などで1行ずつ書き添える方法もあります。人数が決まっていない場合の寄せ書きは全員が書き終わっても異様にスペースが余ることがあります。そのときには絵を描いたりシールを貼ることで全体的に華やかに飾ることができます。

1年の思い出

誕生日のメッセージの書き方で困ったときには、1年の思い出を書いても問題ありません。主役はメッセージをもらったときに、新たな年齢を迎えながら、前年のことを懐かしく思い出すことができます。思い出には楽しかったときや辛かったことや苦労話などを盛り込んでも問題ありません。

辛いときがあったとしても乗り越えて新たな年齢を迎えることができたという喜びのメッセージを書き添えましょう。前年の笑って話せることを書くことも思い出し笑いができて楽しめます。

特徴別誕生日カードの作り方

誕生日カードを作るときには、女性の場合かわいくアレンジしたり、ビジネスシーンであればシンプルにかっこよくアレンジしたりと試行錯誤されています。その中でも簡単ですてきな誕生日カードを作れる方法をご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。

誕生日カードは決まったフォーマットがないため、相手との関係や年齢によっても作り方を適正なタイプを選びましょう。幼い頃からの友達の場合、毎年お祝いをしているためにネタ切れになることもあります。次の機会にはぜひとも新たな誕生日カード作りにチャレンジしてみてください。

無料

インターネットでは最近無料の誕生日カードをダウンロードできることをご存知でしょうか。方法はとても簡単で、たくさんある中から誕生日カードにしたいイラストやメッセージを選びます。選んだあとは画像をダウンロードして印刷するもよし、そのままメールやLINEで送ることもできます。

種類はとても豊富なことと、簡単に作成できるため最近ではとてもがある方法です。また、受け取った側も携帯やスマホやパソコンで保存ができるため残しやすいということもメリットの1つです。スマホの場合、自分の言葉をメッセージとして貼り付けできる無料のアプリもあるため、アレンジも自由自在です。

写真入り

主役の写真を誕生日カードに貼り付ける方法もとてもがあります。写真の貼り方は何枚ものおもしろ写真を貼り付けたり、とっておきの1枚を大きく張り付けたりとアレンジはさまざまです。色紙などに写真を印刷して張り付けるケースもあれば、先にパソコンなどで写真を貼り付けてから印刷することもあります。

写真選びをする際には、カップルの場合は2人の思い出の場所など風景のみを張り付けることもです。

おしゃれ

誕生日カードをとにかくおしゃれに飾りつけをしたい方には、マニキュアを使用することもです。マニキュアを使うと質感がエナメル質になるためその部分だけが強調されます。「Happy Birthday」の文字などに使うとおしゃれです。また、マニキュアのラメ入りのものでデザインとしてコーティングすることもです。

おしゃれにするためには、和紙を使ってちぎり絵を描いたり、毛糸を張り付けて縁取りするなどデザインのアレンジ方法はたくさんあります。とても簡単でコストも低いので年齢に関わらずです。

飛び出しタイプ

誕生日カードに工夫をして、あけてびっくりの飛び出しタイプのカードもです。飛び出しタイプにするとき両開きのタイプのカードを用意します。そこに開けたときに飛び出すように飛び出させたいものを張り付けていきましょう。ポイントとしては、うまく折りたたむことです。

自分で作成することが難しい場合は、市販でも飛び出しタイプの誕生日用のカードが販売されておりますのでぜひともご参考にしてください。

誕生日カードの書き方

続いて誕生日カードの書き方についてご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。特に現代で1番多い、メール、SNS、LINEの書き方についてご紹介します。最近では誕生日の電報を出す方もとても少なくなり、オンラインを利用してのメッセージの配信がとても増えています。

オンラインではタイムリーに相手にメッセージを届けることができる反面、注意しなければいけないポイントもあります。特に注意点を含めた書き方をご紹介していきます。

メール

メールでの誕生日カードを書く際の1番注意するべきポイントは宛先の間違いです。メールアドレスを間違えて入力してしまうとせっかく作った誕生日カードも相手に送ることができません。メールアドレスが間違えていないか、また送るべきでない相手が含まれていないかを再度チェックしましょう。

メールで誕生日カードを添付する場合の本文は、「添付ファイル参照」などとあっさりした文章を送ることがあります。これは誕生日カードを開けて驚かせたいときにです。

LINE

LINEで誕生日カードを送るときには、ケーキのスタンプや画像などを送り、メッセージを書きます。ただ単に、メッセージのみを送るよりもスタンプや画像を一緒に送ることでとても華やかになります。本文中でもスタンプや顔文字を使ってアレンジするととてもかわいく仕上がります。

また、ラインでは音声を送ることもできるので「birthday song」を送ることも可能です。

SNS

SNSで誕生日カードを送るときには表示区域を十分に確認しましょう。SNSは自分と相手以外にも内容を見られる可能性がありますので個人情報や相手が知られたくないことは公の場では控えるようにしましょう。facebookやinstaglamでは公開範囲を指定することもできるので、必要に応じて指定しましょう。

もしも、誤ってアップロードしてしまった場合には削除することもできます。SNSのご利用には十分に取り扱いを把握した上で使いましょう。

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests