Search

検索したいワードを入力してください

勉強しやすいカフェの特徴8つ|カフェを活用して勉強をするメリットとは?

更新日:2022年01月24日

カフェで勉強することにはいろいろなメリットがありますが、勉強に適したカフェを見つける必要があります。また、いくつかのデメリットや注意点もあります。勉強に集中できるよう、自分に適したカフェを見つけるためにぜひこの記事を参考にし、把握しておきましょう。

勉強できるカフェとは?

家の中には誘惑を受ける要素が多くあるため、なかなか勉強に集中できないという人も多くいるでしょう。そのような人の中には、場所を変えてカフェで勉強するという人もいます。

カフェには他に人がいて騒がしく勉強に集中できないだろうと思う人もいますが、カフェで勉強をすることにはいくつかのメリットがあります。また、カフェの中には勉強することに特化した会員制カフェもあるため、気になる人は利用してみるのをおすすめします。

カフェで勉強するときのマナー

家や学校、図書館などではなく、勉強する場所としてカフェを選ぶ人もいます。しかし、カフェで勉強する際には混み合った時間に席を譲らなかったり、勉強のために長時間滞在したりするなど、マナー違反をしないように注意しなければなりません。

もともと、カフェは勉強する場所ではありません。そのため、勉強を禁止しているカフェもあるので注意しましょう。

勉強しやすいカフェの特徴8つ

カフェで勉強してみたが、あまり勉強に集中できなかったという人もいます。そのような人は、勉強しやすいカフェを選べていなかった可能性があります。

カフェであればどこでも勉強しやすいというわけではないので、勉強しやすいカフェを選ぶ必要があります。

ここからは、勉強しやすいカフェの特徴を8つ紹介していきます。

特徴1:長く滞在できる

カフェの中には、勉強やゲームなどをする目的の長時間滞在を禁止しているカフェもあります。もし、勉強目的での長時間滞在が禁止されている場合は、まとまった勉強時間を確保できなくなります。

そのため、勉強を始める前にそのお店は長時間滞在が可能であるかを事前に確認しておきましょう。

特徴2:勉強に向いたカフェ内の環境

カフェで勉強する際には勉強に集中できる、適した環境のカフェを選ぶ必要があります。

適した環境とは、店内が静かであることや机にノートや参考書などを広げられるか、BGMがうるさくないかなどが挙げられます。

また、机や椅子の高さが自分に合っていないと体に負担がかかってしまうこともあるため、人によって勉強に適したカフェは変わってくるでしょう。

特徴3:営業時間が長い

勉強は用事を済ませてから始めることも多く、夕方から夜にかけてカフェに行くという人もいます。もし、そのカフェの営業時間が短ければ、勉強している最中に閉店時間となってしまい勉強を中断せざるを得ない可能性があります。

カフェで勉強する際は、営業時間が長いお店を選ぶようにしましょう。朝早くから開いているお店や、深夜まで営業しているお店がおすすめです。

特徴4:交通の便が良い

カフェで勉強するためだけにわざわざ遠くまで移動をすることになれば、その移動時間によって勉強時間が短くなってしまいます。

勉強するためのカフェは家や学校などに近かったり、途中の駅の近くであったり、交通の便が良いお店を選ぶようにしましょう。

特徴5:リーズナブル

カフェはもともと勉強するためのお店ではなく飲食店であるため、勉強目的でもコーヒーや軽食などを頼む必要があります。また、長時間滞在する場合には、1杯のコーヒーだけで済ませるというわけにもいきません。

カフェで勉強する際にはいくらかのお金が必要になります。もし、そのお店がコーヒー1杯1,000円もするような価格であれば出費が多くなってしまうため、負担がない範囲でリーズナブルなお店を選びましょう。

特徴6:電源がある

長時間勉強しているうちに、スマホの充電がなくなってしまうことがあります。また、リスニングを勉強するためにパソコンやプレーヤーなどを使う場合は、充電が必要になることもあります。

カフェで長時間勉強するためには、電源が使えると何かと便利です。カフェによっては電源がある席とない席があるので、電源のある席を確保しましょう。

次のページ:カフェを活用して勉強をするメリット5つ

初回公開日:2020年10月01日

記載されている内容は2020年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests