Search

検索したいワードを入力してください

期待しない生き方とは?|期待しない方法・メリット/デメリット

更新日:2020年08月20日

期待しない生き方は、決して冷たいことではありません。むしろ、人間関係を円滑にしてくれることさえあります。期待しない生き方を覚えておくことは現代社会では重要ですから、メリット・デメリットをしっかり把握して、人間関係に活かしていきましょう。

期待しない生き方は素晴らしい?

人や物事に対して「こうして欲しい」や、「こうしてくれたらいいな」と何か期待することがありますが、思った通りにならなくてイライラしたり、悲しくなったり、残念な思いをしたりすることも多いでしょう。

それは、人や物事に対して過剰に期待し過ぎてるのかもしれません。期待しない生き方を選べば、ストレスフリーへ1歩前進することができます。ここでは、期待しないようにする方法や、メリットとデメリットなどをご紹介します。

期待しない生き方とは?

人や物事に期待をすると、その期待に対する結果が返ってきます。その返ってきた結果が思った通りの結果ではなかったときに、人はイライラしたり、悲しくなったりします。そもそも長い人生において思う通りになることの方が少ないです。

また、人に期待するということは相手に少なからずプレッシャーを与えるということです。そのプレッシャーに押されて期待はずれの結果に終わる人もいれば、中にはそのプレッシャーに応えなければと良い方向に向かう場合もあります。つまり、得られる結果が良いか悪いかは置いておいて、自分が期待したことによって、他人に影響を与えてしまうこともあるのです。

期待をした方も期待をされた方もその結果や途中過程によって、多大なストレスを受けなければならない可能性が生まれます。なので、期待した方がこれから期待しないようにすれば、その多大なストレスは発生しないようになるのです。

期待しない生き方のメリット・デメリット

そもそも期待をしなければその結果に対してイライラしたり、悲しい思いをしたりしなくて済みます。期待することを止めると聞くと、人として冷たいような印象を受けますが、それは少し違います。

上記で述べた通り、期待する人がいると自分の期待にその相手も巻き込まれることになります。期待は良い方向にばかり向くとは限りません。ときには期待しないでそっと距離を取って見守ることも優しさになります。何より、期待をしないことで自分自身の肩の力を抜くことができます。

期待しないことで生まれるメリットはこれだけではありません。また、期待しないことによって生まれるデメリットもあります。

人間関係が楽になる

先に述べた通り、期待しないということは相手に余分なプレッシャーを与えないということです。過剰な期待は良い方向に向かったときは良いのですが、悪い方向に向かったときはお互いに多大なストレスを受けることになります。こうなると人間関係は悪化しやすいです。

過剰な期待は結果によって、信頼関係を壊してしまう可能性があります。しかし、過剰ではなく、それなりの結果であれば、期待した方も納得できます。期待された方も大きなプレッシャーを感じることもありません。つまり、お互いがあまり期待しない状態であれば気楽に接することができるのです。

結果に感情を左右されない

過剰に期待しないことで、お互いが気楽に接することができるようになります。この関係は結果が出ても変わりません。良い結果になったのならばそれは単に嬉しいことで終わりますし、悪い結果になっても過剰に期待しないようにしている分、こんなものかと納得します。

最初から良い結果ばかりを望まないので、イライラしたり、悲しい思いをしたりしなくて済むようになるのです。

器が大きくなる

期待しないことでイライラや悲しいことに触れる機会が減ります。それは気持ちのゆとりに繋がります。気持ちにゆとりがあると、周囲への気配りや状況の判断が正確にできるようになります。イライラした人に他人のことを考える気持ちゆとりはありません。

人や物事に期待しないようにすれば、精神的な疲れに強くなれるでしょう。

期待しないことのデメリット

期待しないということは、大きな結果を求めないということでもあります。悪い結果が出たときにはこんなものかと片付けてしまいます。仕事などの場合、これは上昇志向が欠落した状態になります。精神的なストレスを避けるために期待しないことは有効ですが、のめり込んではいけません。過剰な期待は負担になりますが、期待を完全に無くしてしまっては、人は次のステップには向かえません。

期待しない方法

過剰な期待をしては、自分にも期待した相手にも多大なストレスを与える可能性があります。ですが、完全に期待しないということでは成長ができません。そのため、期待しないという行動は、自分でそのさじ加減をコントロールする必要があります。そのためには思考方法として少しコツがあります。

自分のものさしは使わない

「自分のものさしで物事を計らないこと」です。「こうして欲しいな」や「こうしてくれたら良いな」という考えは、自分の頭の中だけのゴール設定です。当然、他人は自分のゴール設定を達成するために右往左往はしてくれません。どこかで誰かが少しくらいはどうにかしてくれそう、と潜在的に期待するのはやめましょう。

過剰な期待をしない

「過剰に期待しないからこそ上手くいく」という考えもあります。相手にかけるプレッシャーが少なければ、相手は良い結果を作れるかもしれません。期待することは相手を認めていることではあるのですが、やはり過剰になると相手はプレッシャーに押しつぶされることもあります。

結果を予想しない

初回公開日:2017年07月26日

記載されている内容は2017年07月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests