Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

玉手箱対策の方法|おすすめの本/アプリ/問題別対策/時間

企業などの就職試験では、個人の適性検査を行うのが一般的です。玉手箱は企業で多く導入されているwebテスト形式の適性検査です。玉手箱に関連する対策本やアプリなどもあるので、十分な試験対策を行って結果につなげていくことが理想的です。

SPIを攻略する玉手箱対策の方法

新卒採用、中途採用にかかわらず、就職活動において対策しなければならないことといえば、適性検査の対策が挙げられます。能力そのものというよりも、人間性が色濃く表れるため人事における配置の判断基準に重宝されています。そのため就職で採用される基準となることは言うまでもありません。

大学生でも後半になると、SPI試験といわれる適性検査に向けて準備をしていくことが必須となっていきます。ここでは近年主流となりつつあるウェブ版の適性検査玉手箱について紹介していきます。

過去問で傾向をつかむのが先決

社会人における各種資格対策や適性検査対策で重要となるのは、問題傾向をあらかじめ把握しておくことです。学生時代とは違い、学習のみに時間を割くことはできません。面接対策や業界研究など、他にも山ほどすることがあるからです。

そのため過去問に特化した問題集を購入し、問題が出題されるパターンを詳細に分析し項目別に仕分けしていく方法が役立ちます。全てをまんべんなく行える時間がない場合は、一番問題になるであろう弱点対策を最低限行えるのが玉手箱での適性検査対策です。

計算問題などはドリルを使おう

玉手箱や各種適性検査対策では、簡単な計算を早く正確にこなせることが必須となります。細かく地道な作業を延々とこなす忍耐力や、長時間耐えられる集中力があるかを測るからです。

短時間であると大抵の場合は問題なくこなせます。しかし短時間で多くの問題をこなす場合や、長時間一定のペースでこなす場合ともなると、性格面が反映されてしまいます。そのため普段からドリル程度の問題を解きこなす習慣をつけておいた方が良さそうです。

速読をする練習で読解力をつける

適性検査の玉手箱では、読解力も重要な項目として評価されます。社会人ともなれば、認識や解釈を誤ると大変な問題に発展してしまいます。

そのためウェブ版の玉手箱では、短時間で文章の要旨を理解できているかどうかを調べるテストを実施しています。制限時間があるテストですので、普段から読書などしておき、速読力を身に付けておく必要があります。活字に触れる習慣がなければ、いきなりテスト本番を迎えると非常にきつい思いをすることになります。

玉手箱対策におすすめの本・アプリ

就職活動においては、適性検査対策が非常にポピュラーになってきています。そのため玉手箱対策となる教材やアプリが年々増えてきています。過去問を重視しているものや、大問別の内容に特化しているものもあります。

受験者の状況に合わせたテキストや、目的別に適合するアプリを見つけておく必要があるでしょう。ここでは、最近定番になっている2つの玉手箱対策のツールを紹介していきます。評価が高いツールですので、きっと玉手箱対策に役立つはずです。

8割が落とされるwebテスト突破法

8割が落とされる「webテスト」完全突破法は、SPIノートの会が発行している適性検査対応の単行本を読むことです。

玉手箱に特化した本というわけではありませんが、最近主流になっているウェブ版の適性検査を網羅した問題集です。問題数も豊富にあり、各設問に対する解答や解説も分かりやすいと評判の本です。1冊購入しておけば、カバンに入れておくことで時間が空いたときに学習できる効果的なアイテムといえるでしょう。

攻略!玉手箱アプリでスキマ時間に

攻略!玉手箱アプリは、スキマ時間での学習を目的とした玉手箱対策に役立つ学習アプリです。四則逆算の計算問題と、空欄補充型の2つに特化したアプリがあります。どちらも300円でお釣りが出るコストパフォーマンスの高い有料アプリです。

スマホで利用できる学習アプリですから、スマホを持ち歩いて様々なシチュエーションでコツコツと学習時間を作ることができます。玉手箱の受験直前というよりも、日ごろからの習慣として取り入れておくと効果が高いです。

高得点ゲットする玉手箱の問題別対策

就職活動においては適性検査が良い成績であれば、周りに差をつけることができるのでかなり有利になります。玉手箱で高得点を導き出す方法は、大問別に学習計画を立てて、個別に攻略していくことです。

漠然と高得点を狙うよりも、個々に分析を行い、優先事項を決めた上で対策すると数字となって現れやすいです。ここで押さえておきたい要点は3つあります。計算、図表、読解の3つの大問を優先的に鍛えておけば、就職活動においても困ることは考えにくいです。

50問を10分以内に解く四則逆算

適性検査における計算問題は簡単ですが、地味に苦痛を伴う問題です。長時間一定のペースで解き続けなければならない場合や、短い制限時間内で大量の計算問題を解かなくてはならない場合があります。玉手箱は後者の部類に入ります。

9分で50問の問題を解かなければならず、付け焼刃の習で身に付くスキルではないといえます。そのため計算に関しては、長期的に計画を立てて学習を継続しておくのが無難でしょう。

電卓の使い方も重要な図表問題

学生時代に苦戦する人が多いのが数学です。そのうちの図表問題ですが、例にもれず玉手箱でも出題されます。しかし学生時代の問題との大きな違いは、電卓を使うことが許されていることです。そのため、慣れるためには普段から電卓に触れておく必要があります。

玉手箱の図表問題では、比率を使う場合が多く、比率を基にした電卓の使用を練習しておくことで本番に役立ちます。過去問を分析し出題パターンを把握すれば電卓を利用した玉手箱の図表問題も苦になることはありません。

読解力が求められる趣旨把握

これまで経験してきた受験対策と同じくらい、玉手箱対策においても読解力を身につけることが重要です。避けて通ることはできません。制限時間内に文章を素早く読んで内容を理解し、設問に合わせた正解を選び抜く力が求められます。

普段から制限時間を定めた読書習慣を身につけておくと、玉手箱対策として役立ちます。短時間で読み取れる情報量を多くしていくことが可能になれば、社会生活においても役立つでしょう。速読自体は、身につけておいて損のないスキルといえます。

直前でも大丈夫?玉手箱対策にかける時間

玉手箱を代表とする適性検査は個性的なものが多く、対策が偏ってしまうと他にも準備しなければならない項目で遅れを取る可能性があります。そのため実戦系の練習は直前に行うようにして、計算や読解などのスキルを長期的に練習しておくのが一般的です。いずれにしても、時間を意識した作業習慣が重要になってきます。

遅くても2か月前には計算や読解練習をスタート

玉手箱を始めとする適性検査で重要になってくるのは土台となる計算と読解を普段から鍛えておくことです。この2つのスキルにおいては、直前だけ練習しても成果が表れにくいです。そのため、この計算と読解においては遅くとも2か月前から始めておくことが理想とされています。

自然な力みのない状態で計算をこなせるようになり、活字が多い文章を読んでも理解できる下地作りを前もって進めておくことが対策として求められます。

二週間前は実戦スタイルでラストスパート

玉手箱の受験本番が近づいてきたら、実戦形式の練習を行うように切り替えることが理想です。これまで練習してきた個別の学習を全体的な制限時間内で行う練習が不可欠です。

大問別の優先事項や、とりかかる順番などを、余裕がある本番前に決定しておくことが玉手箱の本番対策のポイントです。これが本番になって混乱しないための良策になるのは言うまでもありません。

玉手箱対策の必勝法で万全の対策を

玉手箱は就職試験で実施されるなかでも主流になっているweb版の適性検査です。希望している就職先で内定を取り付けるには、いかに玉手箱で理想的な結果が出せるかが重要となります。

主流の適性検査なので、書店やネットでも対策に役立てるツールはいくつも存在しています。大問別に過去問から分析を行い、アプリや過去問題などツールや問題集を上手く利用して、制限時間内に解答できるように、練習を目的別にすることが成功につながります。

Latests