Search

検索したいワードを入力してください

αβΓの書き方とそれぞれの意味・数学におけるαβΓの書き方

更新日:2020年08月20日

「α」「β」「Γ」と、数学をやっていたら目にするこの文字、実はギリシャ語のアルファベットなんです。今回は、英語に似ているようでちょっとちがう、「α」「β」「Γ」の魅力や書き方を公開します!他のギリシャ語のアルファベットの書き方や魅力もについても、ご説明します。

数学ではΓの出番も、αやβほどではありませんが多いです。階乗の概念を一般化した、Γ関数というもが代表的です(ちなみに階乗とは!で表すもので、例えば5!=5×4×3×2×1=120となります)。ただ、階乗自体はあまり難しくはありませんが、Γ関数になると、無限積分や自然対数、極限などの知識が必要なので理解するには複雑なものです。

また、Γの小文字であるγは、オイラーの定数という数字を表します。オイラーの定数は円周率と同じように無限に続く数字なので、アラビア数字で書いていくと無限に書き続けることになるので、γを当てはめています。

その他、数理論理学、位相、不完全ガンマ関数など、数学のあらゆる分野で使われています。

他のギリシャ文字は?

α、β、Γ以外のギリシャ文字とその書き方も、ここで少しご紹介しておきます。

まず、ギリシャ語のアルファベットの4番目に来るものが「Δ」で、「デルタ」と発音します。書き方は左下から始めて上側の頂点まで書き、その後右下、そして左下の書き始めたところまで一筆です。差分方程式で使われます。

次は「Ε」で、「エプシロン」と発音します。書き方は英語のEと同じです。数学では非常に小さい数を表すのに使われます。

そして「Ζ」で、ギリシャ語6番目のアルファベットです。「ゼータ」と発音し、英語のZと同じ書き方をします。Ζの小文字のζは数学でζ関数を表します。ガンダムでもこの名前を使ったものがありました。

ギリシャ語のアルファベットは、今回ご紹介したのを合わせて全部で24字あります。ご興味のある方は調べてみて下さい。

地味なことかもしれないけど…

今回、「α」、「β」、「Γ」の意味や書き方を中心にご紹介させて頂きました。ギリシャ文字、普段意識されることはない、地味な存在かもしれませんが、専門分野ではよく使われています。また、多少マニアックですが、戦争映画でもよく使わていますし、ホラーゲームのバイオハザードでもかつては使われていました。

α、β、Γを始めとするギリシャ文字、日常生活をしていても、あまり見るのことはありません。でも、意味や書き方を覚えたら、意識していないかもしれませんが、あなたも数学というの深くて素晴らしい世界への、はじめの一歩を踏み出したことになります。

初回公開日:2017年08月14日

記載されている内容は2017年08月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests