Search

検索したいワードを入力してください

フォーカスの意味4つと使い方3例|作品の中で見るフォーカス

更新日:2020年08月20日

さまざまな業界で使われる「フォーカス」という言葉。頻繁に使われる言葉だからこそ、その意味をしっかりと把握することが大切です。今回は、ITや医療で使われる「フォーカス」の意味と一般的な意味で使われる「フォーカス」について紹介します。

フォーカスの意味

「フォーカス」の意味は、場面によって変わります。普通の一般的な意味で使用されることもあれば、専門的な意味合いとして使用されることもあるでしょう。ですので、一概にこれが正しいとは言えません。

今回は、フォーカスの意味を場面別に説明していきます。すでにフォーカスの意味を知っている人も、違う意味でのフォーカスを知るきっかけになる可能性があります。今一度確認していきましょう。

1:一般的なフォーカスの意味

日本での一般的な「フォーカス」の意味は「焦点やピント」を意味します。時々「フォーカスする」という使い方をしますが、これは「焦点を合わせる、集中する」という意味です。

使い方としては、何か問題が起きた時にその問題に対して使用されたり、集団行動の際に、みんなが同じ方向に向うように促す時などに使用されます。また、目標などに対しても使用する言葉です。

2:ビジネスで用いる時

多くの人はビジネスの現場で「フォーカス」という言葉を知ります。ビジネスで使われる「フォーカス」の意味は一般的に使われている意味と同じです。

もし「問題にフォーカスしてくれ」と上司に頼まれた場合、それは「問題に焦点をあててじっくりと観察しろ」という意味が含まれています。言葉の意味を曖昧なままにしておくと、間違った行動を取ってしまうこともあるので、注意しましょう。

3:医療で用いる時

医療における「フォーカス」は、患者の病状の経過記録を記述する際の「記録方式」のことです。ですので、医療や看護における「フォーカス」は、上述した一般的な意味で使われる「フォーカス」とは異なります。

「フォーカス」という名前が使われる理由は、この記録方式が重要な出来事について焦点を当てた記録方式だからです。一般的な「フォーカス」の意味から派生して、記録方式の名前となりました。

4:ITでは

ITでは「入力要素やウィンドウを選択した状態」を「フォーカス」と呼びます。このように、医療での「フォーカス」と同じく、ITでの「フォーカス」の意味も一般的な意味とは少し異なります。

しかし、一般的に使われている意味から派生しているため、全く違うという訳ではないでしょう。

フォーカスの語源・由来

フォーカスの語源・由来は、ラテン語の健康や暖炉を意味する「focus」という言葉からと言われています。1640年代から収束点を表す言葉として使用され始めました。

また、英語として使用され始めたのは1650年代からで、Hobbesによって伝わりました。「焦点」の意味として初めて使用されたのは、1796年と記録されています。

スペル

スペルは「Focus(フォーカス)」になります。そんなに長い単語ではないので、比較的覚えやすいでしょう。また、英語では「Focus(フォーカス)」という言葉を日常の中でよく使用します。

日本語に訳すと

「Focus(フォーカス)」は名詞だと「焦点やピント」という意味で、動詞だと「焦点をあてるや、集中する」という意味になります。言葉の働きである品詞には十分注意しましょう。

フォーカスの使い方

ここからは、フォーカスの使い方をいくつかの用例とともに詳しく見ていきましょう。文章の中では一体どのように使用するのでしょうか。こらからご紹介する例文を参考に、日常生活でも活用して下さい。

用例1「フォーカスする」

「フォーカスする」とは、焦点をあてるや集中するという意味になります。ここぞという時や、気が散っている時などに使用することが多いでしょう。

例文
「周りは気にせず、自分の目標にフォーカスする」
「フォーカスするべきことが見つかりません」
「落ち着かない時は、今目の前にあることだけにフォーカスするといいでしょう」

用例2「フォーカスをあてる」

「フォーカスをあてる」とは、人や物事に焦点をあてるということになります。幅広い意味で使用できるでしょう。

例文
「次の映画は彼女にフォーカスをあてる」
「フォーカスをあてるべきではないと考えます」
「自分の苦手分野にフォーカスをあてることが、次への成長に繋がります」

初回公開日:2017年12月16日

記載されている内容は2017年12月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests