Search

検索したいワードを入力してください

医者が結婚したい相手の職業3・タイミング

更新日:2020年08月20日

医者と結婚したいと思っている女性は多いのではないでしょうか。この記事ではそんな女性のために、医者が結婚したがる職業やタイミング、結婚したい女性の条件を紹介します。どうしても医者の夫をゲットしたい女性のみなさん、ぜひ読んでみてください。

医者が結婚したがる!女性の職業有数3

3位:臨床検査技師

臨床検査技師というのは、病院の検査室で尿検査や血液検査など、さまざまな検査を行なっている技師のことです。臨床検査技師も医者とは同じ職場で働く仕事仲間ですので、出会いがあります。

また、同じ医療関係者ということで共通の話題が多くあったり、仕事の内情を理解してくれているという安心感があったり、共感できる話題が多かったりすることが結婚に結びつくのでしょう。

2位:歯科医

同じ医者という立場として話しが合うことが多く、医者の仕事を理解してくれるだろうと結婚に踏み切りやすいのでしょう。また、同じように高学歴ですので、話のレベルが違いすぎて噛み合わないということもないということも結婚に結びつきやすいです。

それなら他の科で働いている医者でもいいんじゃないかと指摘される方も多いでしょうが、歯科医には他の科の医者にはないメリットがあります。歯科医は夜勤がなく、休みが安定してあるということです。そのため家族との時間が作りやすく、結婚しても夜は家にかならず妻がいてくれるという安心感があります。

また、開業している歯科医の場合、収入も高いですから医者と結婚するのもお金目当てではないと確信できることも結婚に踏み切りやすいポイントです。自分でもしっかりとお金を稼いでいる自立した女性は、医者の目にも素敵にうつります。

1位:看護師

ある程度予想がついた方も多いのではないでしょうか。看護師は医者と同じ職場で医者の補助をしながら働いていますから、必然的に出会いの機会が多くなり、結婚につながります。

一緒に仕事をしているときに、看護師として医者を立てるような振る舞いをしてくれたりしたりすると医者も、結婚しても上手くやっていけるかもと高評価を受けるでしょう。加えて、仕事仲間からの人望なども同じ職場ならよく分かりますから、その人の人柄が分かりやすく結婚につながりやすいでしょう。

医者が結婚を考えるタイミングは?

何歳ごろなの?

大学卒業と同時に結婚(24歳)

大学時代に付き合っていた交際相手と、卒業と同時に結婚するという場合です。研修医時代は忙しく過酷なものになりますから、そこで癒してくれる存在を求めていたり、研修中は結婚できないであろうと見越して早めに結婚をという考えなのでしょう。

しかし、研修修了までは給料も低いですから妻となる女性も働きながら夫のサポートをするという生活になることが予想できますし、まだ早すぎるのではないかという反対に合うことも多いでしょう。ですので医者の平均結婚年齢はもう少し上になっています。

研修が終わってから結婚(28歳)

長かった過酷な研修がやっと終わってようやく医者として働きはじめることができる時期です。もしもこの時期に、学生時代の交際相手とまだ付き合っていれば、辛い時期を支えてくれた彼女とそのままゴールインということもありえるでしょう。医者の平均結婚年齢は29歳と言われていますのでちょうどこのころです。

しかし、医者と結婚をしたい女性が少し気をつけたいのがこの時期です。研修医時代が忙しすぎて遊べていない医者たちは、このタイミングで女遊びにはしってしまう人も多くいるからです。特にお金目当てで近づいてきたなという女性は、ちょうどいい遊び相手にされがちですのでご注意ください。

一人前といえるようになってから結婚(35歳ごろ)

一般的に、医学部を出てから一人前の医者として活躍できるようになるまでには、10年ほどかかると言われています。ですので、ちょうどこのころには医者として一人前といえるほどの技術や経験をもっていて、実力もついているでしょう。それに伴って年収も1000万円を超える人が多く、生活も裕福に、自立して送れるようになる時期です。

このころには結婚を真剣に考える医者が多く、交際している女性がいる場合は結婚に踏み切るでしょう。そうでない人は本格的に婚活を始めますので、このくらいの年齢がいちばん医者と結婚したい女性にとってはいい時期となるでしょう。

友人の結婚式に出席したとき

年齢が適齢になってくると、友人の結婚式も必然的に増えます。結婚式に参列すると幸せそうな新郎新婦を見て結婚したいという気持ちに火がつき、そのタイミングで結婚をという医者もいるのでしょう。

医者が結婚したいと思う女性の条件ってなに?

やっぱり美人

医者も男性ですから、やはり外見的に美しい女性には惹かれるでしょう。結婚すれば毎日見ることになるのですから、美人であるに越したことはありません。美人ではなくても、清潔感は常に持っておきたいです。

美人であるに越したことはありませんが、いくら美人であっても結婚相手に一緒にいて心が安らげない女性を選ぶ人はいません。内面も大事だということを忘れないようにしましょう。

癒してくれる女性

医者は常に人の健康を預かっているのですから、とても神経を使う仕事です。急な呼び出しがあったり夜勤があったり、肉体的にもきつい仕事です。そんな彼らは、仕事から家に帰ったら妻には癒してほしいと考えているでしょう。

家に帰って、妻に行動について質問ぜめにされたり、今日の愚痴を聞かされたりしたいでしょうか。そんなはずありません。大らかで優しく、いつでも笑顔でいてくれるような女性と結婚したいと考えているでしょう。

また、子どもができて子育てを手伝うイクメンが流行りではありますが、医者の夫には求めない方が無難です。もちろん子どもと触れ合うのが好きでなんの苦もなく手伝ってくれる方もいるでしょうが、激務で疲れている夫のせっかくの休日に「さあ子どもの世話をして」では休んだ気がしないという人もいます。夫を支えることをいちばんに考えましょう。

学歴も大事

医者といえば言うまでもなく高学歴ですから、あまりにも女性側の頭が悪すぎると会話が噛み合わないことや、話題が合わないということになってしまいます。そのため、ある程度の学歴を女性にも求める人が多いのでしょう。

加えて、学歴の高い女性は収入も高く、自立した人が多いですから、もし自分に何かあって働けなくなったとしてもこの女性なら大丈夫だという安心感があるのでしょう。

お金目当てでない人がいい

初回公開日:2018年01月30日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests