Search

検索したいワードを入力してください

牡丹|時期/季節・名所|季語や花言葉/ボタンを詠んだ俳句10選

初回公開日:2018年01月30日

更新日:2020年02月11日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

華麗で風格ある気品を備えた「牡丹」のほとんどは、春の暖かい季節に見られますが、「冬牡丹」と言って、寒さ厳しい冬の季節に楽しめる品種もあります。今回は「牡丹」が見頃の季節や名所、「牡丹」の柄の着物は、どの季節に着るべきかなどをご紹介します。

「牡丹」とは

牡丹|時期/季節・名所|季語や花言葉/ボタンを詠んだ俳句10選
※画像はイメージです

「牡丹」は、春の季節4月下旬頃から5月くらいまでが見頃の草花の中でもっとも華麗で、20~30cmもの大輪になる美しい花です。「立てば芍薬、座れば牡丹」と女性の美しい容姿の形容もあるように「牡丹」は古くから珍重され愛されてきました。

また真冬の季節、寒い時期に花を開く、「寒牡丹」という品種があり、2月頃まで楽しめます。今回は豪華な花容で愛される「牡丹」が見頃の季節時期や、花言葉、複合語などを紹介します。

「牡丹」の読み

「牡丹」は中国名で、この漢字を音読みして「ぼたん」と読みます。古くは「ぼうたん」と呼んでいましたが、やがて「ぼたん」と呼ぶようになりました。学名は「Paeonia suffruticosa」となっています。さらに「ぼたん」を長音化した「ぼうたん」は季節を表わす季語として俳句で利用することが多いです。

また「ぼたん」は華やかで大きなものを掲揚する際に使われる言葉でもあります。覚えておくといいでしょう。

「牡丹」の特徴

ボタン科ボタン属の落葉小底木である「牡丹」の特徴は分枝して横に広がり成長をしていくことが挙げられます。季節で言えば春。それも晩春に、白や赤、桃色、黄色などの華麗で気高い大輪の花を咲かせます。「牡丹」の花は伸びた枝先に直径10センチ以上の花を咲かせ、大きいものとなると20センチ近い花を咲かせます。

「牡丹」の別名

「牡丹」にはいくつかの別名があり、それぞれ「二十日草(ハツカグサ)」「百花の王(ヒャッカノオウ)」「忘れ草(ワスレグサ)」などが挙げられます。花が咲く期間が20日間であることが「二十日草」と呼ばれる所以です。また平安時代の「本歌和名」と呼ばれる和歌では「深見草(フカミグサ)」や「二十日草」とも書かれていました。

他に「天香国色」「鎧草」「名取草」「富貴花」「花中の王」など多数の別名が存在しています。

「牡丹」の来歴

「牡丹」はボタン科の落葉低木の中国原産で、日本には奈良時代に渡って来た説と、平安時代に空海によってもたらされたという一説もあります。中国を代表する花であり、新しく年を迎えてお祝いする花として、当時の中国のセレブたちの間でめでたく、富のシンボルということで大切にされました。

中国では古くから花の王様「花王」や、花の神「花神」の名で親しまれ国の花にも指定されています。

牡丹の花の季節

「牡丹」は主に春の季節に花を咲かせるボタン属の植物です。しかし種類によっては真冬の季節に花開く品種「冬牡丹」、季節をわけ春の季節と秋の季節に咲く二季咲き性の「寒牡丹」とあり、複数の季節で鑑賞できます。

日本国内には春の季節に花開く牡丹の名所がいくつかあり開花時期も若干異なります。事前にチェックを行い、見に行ってみるといいでしょう。牡丹が花咲く季節に直接見に行くことで新たな魅力に気が付けるはずです。

時期

花開く時期は、4月下旬頃から5月上旬頃の春の季節で、北東北で桜が咲く季節と重なります。春の季節に咲く牡丹は「春牡丹」とも呼ばれます。二季咲き性の「寒牡丹」と呼ばれる品種もあり、春と10月下旬から1月に開花します。二季咲きとは春と秋に花をつける植物をさします。

春牡丹と同じ品種を1~2月の冬の季節の間に咲くように手間をかけ調節をした牡丹を「冬牡丹」と呼び、調節をせずにおくと春牡丹に戻ってしまいます。

名所

春の季節に咲く春牡丹、冬の季節に咲く寒牡丹とそれぞれ名所があります。春の季節の名所は数多くあり、関東では台東区「上野東照宮ぼたん園」や神奈川県鎌倉市、福島県の須賀川牡丹園などが挙げられます。関西では滋賀県長浜市の「総持寺」、同じく日野町や大阪・京都・奈良とさまざまな府県で見ることができます。

寒牡丹は中将姫伝説の花寺としても有名な奈良県葛城市の石光寺が名所です。

牡丹の花の花言葉

牡丹|時期/季節・名所|季語や花言葉/ボタンを詠んだ俳句10選
※画像はイメージです

「牡丹」の花言葉は「王者の風格」「高貴」「恥じらい」「人見知り」などがあります。牡丹には黒色系、紅色系、紫色系、黄色系、桃色系、白花系など多くの花色がありますが色別の花言葉はつけられていません。「王者の風格」は中国での「花王」や「花神」という別名から圧倒的な花の気品があることが挙げられ、花言葉として表されるようになりました。

「寒牡丹」にも花言葉はあり「高貴」「富貴」「壮麗」が挙げられます。

英語圏の花言葉

Latests