Search

検索したいワードを入力してください

成功者は同窓会に行かないのか・行かない人の理由・後悔したこと

更新日:2020年03月08日

同窓会によって、その旧友たちと集まることがあります。同窓会では仕事や、家族、健康など、会っていないうちに、みんながどのように変わったのか?、また、子供の頃の思い出話でよく盛り上がります。ですが、この楽しい同窓会に行かないという人もいます。

良い思い出がない

学生時代の思い出は楽しいものばかりとは限りません。学生時代に良い思い出でがない人もいます。今が楽しく過ごせているのであれば、同窓会に行って、その良くない思い出をわざわざ掘り起こしたいと考える人はいません。

同窓会に行かないことで後悔したこと

もともと同窓会に行きたくないと考えている人は、同窓会に行かないことで後悔することはありません。しかし、後日に同窓会に参加した人の話しを聞いて、小さな後悔するようなことはあります。

初恋の人が参加していた

小学生や中学生は初恋をする時期でもあります。しかし、恋愛の仕方がわからずに初恋は実らずに終わってしまったという人は多いです。

その初恋をした人が行かなかった同窓会に参加していたという話しを聞くと、そのような人になっているのか顔だけでも見たかった、と後悔する人はいます。ですが、お互い良い大人になっているので、同窓会で再会したからといって、ドラマのようなことが起こるわけでもありません。

また、同窓会では写真を撮ることが多いので、その写真を見せてもらえば事足ります。なので、大きな後悔にはなりません。

先生が参加していた

先生が同窓会に参加することもあります。学生のときに先生にお世話になった、迷惑をかけたという人は多いです。なので、先生が参加しているのであれば、会ってお礼が言いたかった、と後悔する人もいます。

しかし、先生という特定の人物であれば、わざわざ同窓会で合わなくても、本人に対して直接連絡してしまえば、いつでもお礼の一言くらいは伝えられます。

また、教師をしているのであれば、学校へ行けばいつでも会えます。また、教師を引退していても、その同窓会で連絡先を交換している人が何人かはいてるはずです。その人をたどれば連絡をすることができます。

通知がこなくなる

同窓会に不参加が続くと、同窓会の通知が届かないようになります。もともと行かない同窓会なので、通知がこなくても問題はないのですが、通知がこないとなると、少し寂しく感じてしまう場合があります。

ですが、しばらく通知がこなくて寂しい思いをしていて、久しぶりに同窓会の通知がきたとしても、結局は同窓会には行かないという人が大半です。

同窓会に行かない方が良い理由

同窓会に最初から行かないと決めている人もいれば、行くか行かないかで悩む人もいます。同窓会に行くか行かないかで悩んでいる人の中には、行かない方が良い場合もあります。

他人の近況報告

同窓会では久しぶりに友人たちと会うことになります。会っていない間にどのようなことがあったのかを近況報告をし合うことになります。その近況報告の内容によって、他人を羨ましく思ってしまったり、劣等感を感じてしまったりする場合があります。

また、逆に自分が近況報告をすると、自慢話と勘違いされたりなどする場合もあります。同窓会によって嫌な思いをしてしまう可能性もあることを理解しておきましょう。

悪い思い出

先に述べた通り、学生時代に良くない思い出が多い人は同窓会に行かないということがあります。悪い思い出が多くなくても、全く悪い思い出がないという人はいません。同窓会に参加することで、その悪い思い出のことを思い出して嫌な気分になってしまうこともあります。

特に意味がない

同窓会に行かなくても、連絡を取り合っている人がいるという場合には同窓会に行く意味があまりないということもあります。同窓会では久しぶりに会う人が多いです。なので、結局は普段から連絡を取っている人とばかり話して、同窓会が終わってしまうというパターンも少なくありません。

同窓会に行かない返事の仕方

同窓会の通知がハガキで届くことは多いです。行かないのであれば、欠席に印をすれば良いだけですが、印だけではせっかくハガキまで送るという手間をかけてくれた人に申し訳ない気持ちになってしまいます。

なので、「行きたいけれど、理由や予定があって行けません。」というような内容を一言添えておきましょう。

電話などで連絡がきた場合は、仕事や用事があると言ってしまいましょう。このとき、本当は行きたいけれど、というニュアンスを出すようにしましょう。

同窓会の参加は自由

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests