Search

検索したいワードを入力してください

コックの服装・シェフとの違い・年収|コック帽/靴/スカーフ

更新日:2020年08月20日

「コック」とは料理を作る人を差す言葉です。料理人であるコックとは、一体どういった人物なのでしょうか。今回は、「コックの服装や給料」に関する内容を中心にまとめてご紹介しています。これから料理の世界へ進む方にも必見です。ぜひ素敵なコックを目指してください。

コックの服装とは?

コックという呼称がありますが、こちらは「料理人」差す言葉として用いられています。主にヨーロッパで使われていた言語ですが、日本国内でも使われています。手際よく調理をする姿に憧れを持つ方も多いことでしょう。さまざまな国の料理があり、日本でもほとんどの国の味を堪能することができます。

格式ある料理店から親しみやすい店まで無数の店舗があります。今回は、コックに関する内容をご紹介して参りましょう。まずはじめに、コックの服装をご紹介していきます。各地にある店舗においても、コックのスタイルが異なりますので、ぜひ参考例としてご覧ください。

どんな帽子を被っているの?

コックは主に「帽子を被って調理」をすることが多いです。やはり、衛生面を重要に考えて、頭髪が料理に混入しないようにするためでもあります。もちろん、調理人の象徴としてのファッションスタイルとも言えます。ショップによって、その帽子は異なり、長いものからコンパクトなものまで、それぞれあります。

主に「白くて20~30㎝程の高さ」がある帽子をイメージする方も多いことでしょう。昨今は、手ぬぐいや、ハンチング、ベースボールキャップを被ってコックを務めている方も多くいます。やはり、いずれにしても衛生面とファッション性を重視したスタイルで料理を作ることが目的です。

店舗によっても特徴ある個性的な帽子を取り入れている料理店もありますので、そのスタイルからも美味しい料理を想像できることでしょう。

どんな靴を履いているの?

コックは料理を作るだけが仕事ではありません。具材の仕込みを行ったり、重い寸胴や鍋を持ち運びます。そのため、最適な靴を着用する必要があります。時に重たいものを落としても、怪我をしないようにコックシューズの先端には硬い鉄や、皮が仕込まれています。これにより、大きな怪我から回避することができます。

また、厨房の床はさまざまな食材を使った油や水分が散漫しています。そのため、とても滑りやすい状態です。転倒してしまうと、包丁などの危険な調理用具との接触も起こります。転倒する確率を軽減するために、靴底が特殊なゴムでできています。

デザインもシンプルなものが多く、おおむね「スリッポン」タイプの靴です。水分をはじきやすいものが多いので、厨房では利便性の高い靴です。

スカーフを付けているの?

コックと言えば、オシャレな服装をイメージできます。中には、立派な髭を蓄えた方もいます。そして、首元に素敵なスカーフを巻いたコックも数多くいます。やはり、多くのお客さんを満喫させるべく、素敵なファッションをしている方が多いですので、年中スカーフを巻いて美味しい料理を提供しています。

主に白い衣服を着用している方が多いので、紅一点でカラフルなスカーフをチョイスしているコックもいます。料理人はカラーリングも意識しますので、自らのスタイルへも素敵な配分で色を入れています。清潔感のある方が多いのもそうしたことからの由来です。

ネクタイを締めているの?

ショップによってはスカーフではなくて、「開襟シャツにネクタイ」を締めているコックもいます。そのスタイルは大抵が料亭などの和食に店舗に多く見られます。そして、シャツの上に半纏などを着ているスタイルが多いです。やはり、お客様を「もてなす」ということに留意したスタイルをしています。

派手なものよりもシックなカラーのネクタイを締めているコックが多いのも特徴です。いかにも「美味しい料理を作ります」といったスタイルですので、出てきた料理の味わいも格段に上がることでしょう。そして、和式の帽子を被っていたり、手ぬぐいを巻いている方が多いです。これにより、「和」の印象をより深く強めることができています。

白衣が基本なの?

料理人と言えば、全身を白い着衣でまとっている方が多いです。やはり、「清潔感」ということが第一でしょう。綺麗で真っ白な白衣ですと、料理の美味しさも格別に感じることができます。だらしない格好のコックがいないように、いつでもビシッと決まったスタイルで調理をしたり、接客をしている方が多いです。

中には、黒1色で統一しているショップもあります。これは、とても引き締まった印象を与えますので、店全体にも統一感が生まれます。威勢のいい店もありますので、耳にも快活で、より一層料理を堪能することができます。いずれにしても料理を作るコックは、素敵なスタイルで調理をしています。そのため、我々が美味しい料理をじっくりと堪能できます。

コック服の正しい名称とは?

コックが着用する衣服の名称ですが、上着はコックコート・シェフコートと呼びます。そして、下の前掛けがサロンという名称です。国外からの文化であるため、横文字が正式な名称となります。日本でいうところの着物や作務衣といったことが、海外ですとコックコートという名称で呼ばれています。

専門のショップへ行くことで、たくさんあるコックコートやサロンの中から選べます。素敵なユニフォームですので、各種イベントなどでも着用する方が多いです。

コックとシェフの違いとは?

次のページ:コックの給料や年収はどれくらいなの?

初回公開日:2018年03月24日

記載されている内容は2018年03月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests