Search

検索したいワードを入力してください

年齢別のクレーン現象・大人もなるのか・なぜ起こるのか

更新日:2020年08月20日

クレーン現象の症状が子供さんが三歳の年齢で起こればお父さんやお母さんもちょっと心配してしまうのではないでしょうか。赤ちゃんを育てるというのは非常に難しいことです。赤ちゃんを育てるのは、知識が必要です。クレーン現象の知識ももっておく必要があります。

年齢別のクレーン現象

バナナを剥いてほしい時、お父さんやお母さんにバナナを本来差し出すものですが、クレーン現象の症状の赤ちゃんは、お父さんやお母さんの手をバナナの方向へと持って行ったりします。

物をとってほしい時に、取ってほしい物に手を伸ばしたり指差しするというのが、赤ちゃんのスタイルですが、クレーン現象の症状の赤ちゃんはそうではなく、クレーンのようにお父さんやお母さんの手をそちらへと近づけようとします。

普通は、自分の体が先に進行方向へ進み、うしろにいるお父さんやお母さんの手を引っぱるのですが、クレーン現象の場合お父さんたちの手を行きたい方向へと押して、行きたいことを要求します。

クレーン現象の不自然な症状

お父さんやお母さんの身体を押したりし、自分は後ろにいて、手だけ前へ進めようとして、ちょっと不自然な感じがあります。

まだまだ、赤ちゃんは思うように行動はできないものですが、自閉症や発達障害の赤ちゃんはよけいに視野は狭いので、自分自身の要求を叶える大人の人たちことが目に入らないで、手ばかりが目に入ることになってしまいます。

クレーン現象を使用してしまうから、なおさら言葉が遅く、言葉や指差しなどの手段を使わないということもおこってきます。

お父さんやお母さんが、赤ちゃんがクレーン現象かもと気付いたときには、その存在をしっかり赤ちゃんにわからせるためにも赤ちゃんの目線の高さに合わせて、お互いの目を見て認識しあうという姿勢が大事です。

一歳

クレーン現象は、既に一歳の赤ちゃんからその症状を見つけることができます。 一歳の赤ちゃんでもお父さんやお母さんの手をまるでクレーンのように扱って意思表示をすることがあります。

「やって欲しいこと」や「して欲しいこと」などがあるときには、他者の手をつかって意思表示をすることになります。それは赤ちゃんが、自閉症である可能性もあります。

自閉症は社会性の障害や言語障害だけではなく、行動障害をともなうことになり、家庭教育や学校教育をはじめ、福祉施設での対応でも困難なことがある障害と言われていますが、大事なのは早期に発見する姿勢です。

しかし、一歳の赤ちゃんに自閉症の症状と決めつけるのはまだまだ早すぎでもあります。赤ちゃんなら、クレーン現象の症状は頻繁に起こることです。

二歳

二歳に成長したとしてもまだクレーン現象の症状を自閉症と決めつけるのは早いです。クレーン現象の症状とは、赤ちゃんの普通におこなう要求行動です。

それは、別になにも心配ないことです。しかし、そろそろ持っているおもちゃを目の前に差し出さないで、お父さんやお母さんの顔も見ることができないで手を引っ張るような行為があれば、ちょっと観察をし続けたほうがいいでしょう。

お父さんやお母さんが注意するに越したことはありません。

三歳

三歳になって、まだ子供さんがクレーン現象の症状など見せれば、お父さんやお母さんも、自閉症かもということを心配してしまうでしょう。

笑うことがあまりなく無表情な気がしたりし、抱っこを異様に嫌がったり、そして、特定の離乳食しか食べないというのも自閉症の症状かもと、お父さんやお母さんたちはどんどん気になる症状を見つけだしてしまうことになります。

お父さんやお母さんも、はじめての体験なのでいろいろわからない問題があったとしても当然でしょう。

自閉症の症状かどうかは、大体、三歳あたりからわかりはじめると言います。しかし、まだまだ個人差もありますので、それほど深刻にならないでいい問題である可能性もあります。

ただし、早い段階で症状に気付くというのもとても大事です。子供さんが自閉症の症状なら、それは、発達障害の1つであり生まれつき脳の機能を正常に働かすことができません。

クレーン現象は先天性の脳の障害?

精神的な病気だと誤解している人たちが結構多くいますが、自閉症は、先天性の脳の障害と考えてください。

そして、自閉症の症状の中にも、いろいろなタイプがあって、もし自閉症の症状だとすれば、そのタイプまでしっかり知り対応する必要があります。

自閉症の症状が重い場合には、お父さんやお母さんも、あきらかに変という違和感を覚える行動も見つけることができるようになるでしょう。

ちょっと変とは感じるけど、健常児とほとんど変わらない、個性の範囲内と捉えることができる場合もあります。

離乳食

赤ちゃんは、食事に対しても、強い拘りを持ってます。離乳食でも、決まったものしか食べないことに慣れてしまっていることがあります。

このような症状がなんでもない場合もあり、医師に相談すれば、自閉症の症状と指摘される場合もあります。

白いもの以外口にするのを極端に嫌がるという子供さんもいます。そのような子供さんは、一度医師に聞いてみたほうがいいでしょう。対応は早いに越したことはありません。

お父さんやお母さんが神経質になるというのも嫌でしょうけど、本当に自閉症の症状である可能性はゼロではありません。

早めに専門家に見てもらうメリットはいろいろあります。自閉症の症状とわかれば、1つは、早期から必要な介入や療養を受けさせてあげることができますし、障害を軽減や改善することができ、学校生活や社会生活での問題点を最小限に留めることができます。

トレーニング

子供さんが自閉症の症状とわかれば、自閉症の特徴に合わせ言語リハビリなどのトレーニングなどすることになります。専門のサポートを受けることによって、健常児との差がかなり埋まる可能性が高いのも、早く気付くことでおこるでしょう。

そして、あとあと自閉症の症状がわかれば、お父さんやお母さんが、もっとああするべきだったとお互いに責め合ってしまうことになるのではないでしょうか。赤ちゃんの問題は、やはりみなさんがもっと前向きで対処しなければならない問題です。まだまだお父さんやお母さんが、赤ちゃんをお世話しなければならない責任をもっています。

そして、なにもかもお父さんやお母さんがわかっている訳ではありませんので、不安と感じればすぐに医師に診てもらう姿勢が必要です。

次のページ:クレーン現象は大人もなるのか

初回公開日:2018年04月09日

記載されている内容は2018年04月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests