Search

検索したいワードを入力してください

元朝参りをする意味・地域別の元朝参り・神社別の元朝参り

初回公開日:2018年05月18日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2018年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

元朝参りとは何なのでしょうか。どこで使われている言葉なのか、元朝参りと初詣の違いや、初詣の歴史や目的、手水の使い方など参拝の具体的な方法や、各地の元朝参りについてお伝えします。また神社別の元朝参りなど、最近耳にすることの増えた元朝参りについて紹介します。

元朝参りとは

「元朝参り」は地域によっては珍しくもない普通の言葉ですが、「元朝参り」という言葉があまり使われない地域の人では初めてみた方も少なくないでしょう。そんな元朝参りという言葉や、どのあたりで使われている言葉なのかをご紹介します。

元朝は元日の朝

「元朝参り」の元朝という言葉は「がんちょう」と読み、意味は元日の朝という意味です。「元旦」も元日の午前中という意味です。「旦」という字には朝という意味があり、元朝と元旦はどちらもおおよそ同じ意味になります。「元日」は一年の初めの1月1日という意味なので元旦や元朝といった場合は、同じ1月1日ですが時間的に範囲が狭くなります。

元朝参りは元日の朝に行う初詣

元朝は元日の朝という意味なので、元朝参りは元日の朝に行うお参りという意味です。初詣と似たような意味ですが、初詣が年が明けてから初めて行うお参りという意味に対して、元朝参りは元日の朝に行うお参りという意味なので、一年の初めの1月1日の朝にお参りを行う場合に使う言葉です。

そのため、初詣の場合は正月休みの三箇日の間の適当な日に行く人、場合によってはもっと日にちがたって落ち着いてから初詣に行く人も多いですが、元朝参りと言った場合は1月1日の午前中に初詣に行く場合のみ使える言葉です。

元日詣もある

元々初詣は年籠りと呼ばれ、大晦日の夜から元日の朝まで神社仏閣に籠る行事でした。後に大晦日の夜にお参り行う「除夜詣」と、元日の朝にお参りを行う「元日詣」に分離し、元日詣が現在の初詣の原型となり今に伝えられています。

現在でも初詣を大晦日の夜から元日の朝にかけて行う風習が残っている場合や、それを初詣の行い方として紹介される事もありますが、初詣の原型である年籠りが形を大きく変えることなく現代に残っている物です。

元朝参りは関東以北ではよく使われる言葉

元朝参りの元朝と言う言葉自体は、国語辞書にも収録されている言葉なのですが、元朝参りという言葉は関東以北の地域以外ではあまり使われる言葉ではないです。一種の方言なので各種のソーシャルメディアで、東北地域出身の方が東京など他の地域で元朝参りが通じないとカルチャーショックを受けている様子を目にしたことのある人もいるでしょう。

元朝参りをする意味

元朝参りは、時間が1月1日の朝に限定されている初詣で、後ほど詳しく紹介しますが、時間の指定がある以外は一般的な初詣との違いはありません。では、なぜ初詣を行うのかや初詣で得られるご利益などを紹介します。

初詣は神様に旧年の感謝と新年の願掛けを行う行事

年が明けたらなんとなくおめでたいので、もしくは神にお願いをするため、賑やかな場所に行くため、人によっては露天で遊ぶためなど、さまざまな理由で初詣に行きますが、そもそも初詣とは何をしているのでしょう。

初詣に行くと、多くの人は神社の本殿などにお参りを行います。また、お守りを買ったり、おみくじを引いたりする人も多いことでしょう。これらは要約すれば全て新年の願掛けです。新しい年にうまくいくように神に願掛けして、ものごとが上手くいくようにお守りを買い、おみくじの結果をみます。これが初詣の目的の一つです。

もう一つの目的は、新年が良い年になるよう願掛けではなく、旧年中無事に過ごしてお参りに来ることができたことへの感謝です。これらは初詣が現在の形になる以前の風習から引き継がれている目的です。

なお、お守りを買うと書きましたが正しくは、お守りを「授けられる」と言います。

元々は年籠りと呼ばれた

既に紹介しているとおり、初詣は元々はその家の家長が大晦日の夜から元日の朝にかけて、氏神神社に籠る「年籠り」という風習でした。氏神とは地域共同で祭っている神様で、氏神神社とはその氏神を奉っている神社です。なお氏神神社は最寄の一番近い神社であるとは限りません。

そして年籠りの間、大晦日は旧年中の感謝を、元日になり年が明けてからは新年の願掛けを行いました。やがて、大晦日の夜のお参りを「除夜詣」と言い、元日の朝のお参りを「元日詣」と言うようになりました。この元日詣が現在の初詣の原型だと言われています。

現在でも、ルールとして紹介する人が居たり、理由は分からないが大晦日の夜から神社へ向かう人がいるのは、この年籠りの風習が現在でも残っているからです。

元日詣と恵方詣り

もともと大晦日の夜から元日の朝にかけて行っていた年籠りは、除夜詣と元日詣の2つに分離し、元日詣だけが残りました。元日詣と言われていた頃は、元日に氏神神社にお参りしたり、恵方にある神社にお参りを行うようになりました。

明治以降、急速に発展した鉄道網で遠方への移動が容易になったことと、利用客を増やしたいと考えた鉄道会社は、恵方参りを利用し恵方にある遠方の有名神社へお参りに行きたくなるような宣伝を行いました。現在の氏神や恵方と関係なく有名社寺へのお参りを行う初詣のきっかけです。

鉄道網が発展するにつれて、あちこちの神社が恵方の神社を主張し始めたこと、また恵方詣りでは、住んでいる場所から方角が限定されることから、氏神も恵方も気にせずに好きな神社へ参拝する現在の初詣のスタイルに変化していきました。

現在の初詣

恵方の神社が増えたことや方位が限定されてしまう恵方参りは、いつのまにか正月に神社にお参りを行う初詣という、現在のスタイルに変化していきました。ただし、旧年中の感謝と新年への願掛けという目的だけは変わっていません。

元朝詣りは、元旦の朝に行うと言うことから、初詣の原型の元日詣や年籠りの形が現在でも色濃く残っています。

風習は時代や地域で変化する

伝統や風習は昔から変化しないものと考えられがちですが、時代や思惑、地域などさまざまなものによって少しずつ変化していきます。元朝参りも関東以北の地域で一般的ですがそれ以外の地域では言葉すら聞いた事がない場合が多いのも、そういった地域によって変わった風習、もしくは代わらず残り続けた風習の一つだからです。

元朝詣りは初詣と同じ

元朝参りは時間が限定されていることと、その言葉が一般的に使われている地域が限られていることを除くと、行う事は普通の初詣と同じです。なにか特別なルールやマナーなどがあるわけではありません。普通の初詣と同じように普通の参拝の方法で行うことができます。

Latests