Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月24日

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

皆さんは「出身地」の定義をご存知でしょうか。出生地や住所、本籍地などの似たような意味の言葉とごっちゃになってはいませんか。そこで今回は、出身地の意味や、出身地別の特徴や表現などを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

出身地の定義

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

皆さんは、出身地はどこかと聞かれて、すぐに答えられますか。生まれてからずっと同じ場所で育ってきた人、進学のために上京するまではずっと実家暮らしだった人などは答えに迷うことは少ないでしょう。

しかし、生まれて2〜3年は祖父母のいる田舎で暮らしてその後全く別の土地に移り住んできた人や、転勤族で1つの土地に留まった経験のない人はどうでしょうか。どう答えていいか悩んでしまうのではないでしょうか。そこで今回は、「出身地」について詳しく紹介していきます。

出身地とは

結論から言うと、出身地に明確な定義はありません。大きく分けて3つの解釈があり、1つは、「生まれた土地」つまり「出生地」と同じ意味を持ちます。そして2つ目は「育った土地」という解釈なので、転勤族の人などはどう答えていいのか分からなくなってしまいます。

3つ目に、「生まれ育った土地」という意味を持つこともあり、そうなると、生まれてから引っ越しをせず同じ場所で育ってきた人にとっては簡単に答えられますが、生まれと育ちが異なる人は答えられなくなります。

人格形成の基礎となった場所

ですから、世間で言うところの「出身地」とは、子供時代に1番多くの時間を過ごした場所や、人格形成の基礎となった場所を指すことが多いです。今の自分をつくったのに最も多大な影響を与えた土地、と言うべきでしょうか。

人格は子供時代の経験などによって形成されていくので、「子供時代に多くの時間を過ごした」ということが出身地を定義する上で重要なポイントとなってきます。

従って、中学を卒業した時点まで住んでいた土地と、長く住んでいた土地が異なる場合であっても、前者を出身地と定義するのが一般的です。

本籍とは

ところで、皆さん「本籍」とは何かご存じですか。出身地や住所などと混合してしまっているのではないでしょうか。出身地の意味は先ほど紹介したとおりで、生まれた土地や育った土地など、広い意味合いで使われることが多いものの、世間で広く使用されている意味は「子供時代を過ごした場所」ということです。

一方の住所とは、当たり前ですが自分が現在住んでいる場所、しかし、住民票を置いている場所とは異なる場合もあります。引っ越してから届出をしない限り、住民登録されているのはいつまでも昔の土地です。

戸籍を置いている場所

そして本籍とは、戸籍法による日本の現行戸籍制度において、戸籍に記載される人が任意に定める、日本国内のいずれかの場所のことです。簡単に言ってしまえば、本籍とは戸籍を置いている場所のことです。

そして面白いのが、「戸籍に記載される人が任意に定める」土地であるということ、つまり、出身地とも住所とも全く関係のない場所を本籍とすることもできるということです。

極端な話、土地の地番さえ存在すれば、行ったことのない県でも、銀座の一等地でも、好きな異性と同じ住所でも、好きな場所に本籍を置くことができます。

ちなみに、自分の本籍が分からない場合は、住民票を置いている市区町村役場で「本籍」の記載を指定して住民票を取れば分かります。

出身地と出生地の違い

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

それでは皆さん、出身地と意味の被っている出生地の意味はご存知ですか。言葉の通り、生まれた場所という意味ではあるのですが、この場所も人によってさまざまです。病院で生まれた人もいれば、自宅で生まれた人、予期せず移動中の車の中で生まれた人もいることでしょう。

それでは、病院で生まれた人はそこが出生地になるとして、自宅や車で生まれた場合、どこが出生地になるのでしょうか。続いては、そんな出生地と出身地の意味を違いについて紹介していきます。

出生地とは

まず、「出生地」とは生まれた場所のことです。明確な意味の定義がない「出身地」とは異なり、出生地は戸籍にも記されるため、法律的にも明確なものとなります。そして、戸籍に記載されるのは生まれた場所の住所です。

生まれた産婦人科の病院の住所が記載されるのが一般的でしょう。しかし、家で生まれれば例え行きつけの病院があったとしても自宅の住所が出生地となり、移動中に生まれた場合にはその地点が出生地ということになります。

出身地と出生地の違い

出生地は、この世に生まれて14日以内に登録されます。母親には、子供が生まれると戸籍を登録するために役所へ出生届を提出する義務があります。出生届の項目に「出生の年月日時分及び場所」の項があり、そこに記入された住所がその人の出生地となります。

ですから、出身地と出生地は全く異なり、出身地は「出身地」という意味の捉え方や、自分の意識などによって場所が変化することがありますが、一方の出生地は、自分が生まれてすぐの時から戸籍に明確に記載されており、生涯変えることはできません。

出身地を詐称することはできるのか

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

先述しているとおり、出身地には明確な定義がありません。生まれた土地のことを指しているとは限りませんし、本籍や住民票を見ても分かりません。本人が、「自分は子供の頃この土地で過ごし、影響を受けた」と思っていればそこが出身地になります。

しかし、人が考えていることなど他人には分からないので、影響を受けたと思っていなくても、もしくは住んだことがなかったとしても、そこが出身地ではないことを裏付ける明確な証拠は存在しません。そのため、出身地は詐称することが可能です。

出身地を詐称する芸能人

出身地を詐称する芸能人が時々います。例えば、都会育ちをアピールしたいがために、出生地が東京なだけであるのに、あたかもずっと東京で育ってきたかのように話す人もいます。

また、東京でも田舎のほうで生まれたのに、池袋や目黒などを出身と偽ったり、ひどくなると「同じ関東県内だし、東京に近いから」という理由で、出身地を東京にすることもあります。

また、コテコテの関西弁を売りにするお笑い芸人などが出身地をひた隠しにしている場合、実は大阪生まれではなく、必死に大阪弁を勉強して身につけただけというパターンが多いです。

出身地別の性格

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

人の性格は、育った土地の風習や環境によって大きく変化していきます。そのため、それぞれの県民性があり、その性格はさまざまです。続いては、都道府県別の性格を紹介するので、参考にしてみてください。

北海道

出身地が北海道の人はおおらかで、細かいことはあまり気にしません。古い考え方や伝統に固執することなく、新しい道具や方法などは進んで受け入れることができます。

他県から来た人も喜んで受け入れてくれますが、恥ずかしがり屋なところがあり、無口で不機嫌に見えてしまいがちですが、実際は人が好きで、温和な性格をしている人が多いです。

東京

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

出身地が東京の人はクールでプライドが高い人が多い傾向にあります。かっこ悪いことやダサいことが大嫌いで流行に敏感であり、見た目の華やかな人が多いのも特徴です。

お高くとまっている、冷たい、などとマイナスイメージを持たれることもありますが、郷土愛が薄いのでほとんど気にしません。また、人ごみにもまれることが多いため、ストレスが溜まっているのか、イライラしている人がたくさんいます。

神奈川

東京に近い神奈川の人は、おしゃれです。自分磨きを怠らないのはもちろん、友人や恋人にもセンスの良さを求めます。また、自立していて、自分の意見をはっきり持っており、「この人は違う」と思うと長年連れ添った恋人でもバッサリ切り捨てる人もいたりします。

愛知

出身地が愛知の人は、誠実かつ頑固です。一度こうだと決めると、頑なに考えを変えませんが、そのぶん信頼ができ、多くの信頼を集める特徴があります。

そして郷土愛が強く、よそ者には排他的です。さらに、愛知は日本一逆ナンの多い県だと言われており、女性は恋愛に非常に積極的です。

大阪

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

出身地が大阪の人は陽気でおしゃべりです。ズケズケとしたストレートな物言いが特徴で、デリカシーに欠ける部分もあります。何事においても「面白いかどうか」ということを第一に考え、オチのない話を嫌います。

また、お金にがめついところがあり、持ち前の行動力やエネルギッシュさを活かし、値切り交渉を積極的にするほか、バーゲンなどには目がありません。

福岡

出身地が福岡の人は、目立ちがりやで見栄っ張りです。勝気な性格で、あけすけな物言いが特徴です。お祭りごとなどが大好きで、伝統を大事にし、保守的な面が強く、他県から来た人に対しなかなか心を開きません。しっかり者の頑張り屋が多いため、仕事のできる人が多いです。

沖縄

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

出身地が沖縄県の人は明るく開放的です。同郷人を親しみを込めて「ウチナンチュー」と呼び、人間関係が親密です。

郷土意識が強いですが、おおらかでよそから来た人も寛大に受け入れてくれます。離島育ちの人はとりわけのんびりとしていて、島を走る車のスピードの遅さに旅行者は驚くことでしょう。

出身地別の相性

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

続いては、出身地別の相性を紹介します。あなたの意中の人との相性を確かめてみましょう。

東京と大阪

クールでダサいことが嫌いな東京人と、おしゃべりでお調子者の大阪人は相性が最悪です。正反対のタイプである両者は、全く別の国籍に属すると言っても良いでしょう。

好きなタイプに「面白い人」と答える人は東京にも多いですが、そもそも東京人が求める面白さと、大阪人の好む「関西ノリ」の面白さは噛み合っていません。

「ツッコミが怖い」「ダメ出しとかいらない」「真面目に話すときとそうでない時をわきまえてほしい」などと言う意見が多く、テレビのお笑い芸人のように激しいツッコミを入れられても、違和感を覚えることが多いです。

一方の大阪人は、そんな東京人のクールな態度を見て「ノリが悪い」「気取ってる」と感じると言います。

出身地での差別はあるのか

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

続いては、出身地による差別について解説していきます。

部落差別

江戸時代、「士農工商」という身分制度が制定されました。年貢を納めてもらうために、農民を上から2番目の身分として設定したのですが、実際は商人たちよりも低い水準の生活を送っていました。

そこで、農民たちに自分たちよりも苦しい暮らしをしている人がいるということを印象づけるために、死体の処理や、排泄物の処理など、一般人から見て軽蔑されるような仕事を生業とする「えた」「非人」という身分を作りました。

彼らは人間的には何ら変わることのない人たちであるにも関わらず、理不尽な差別を受けていました。

明治になるとこの身分制度は廃止されましたが、民衆の間に深く浸透したイメージを払拭することはできず、「えた」「非人」の居住していた区域のことを、明治以降は「部落」と呼称し、差別するようになりました。そういう背景があるので、部落は今でも公にはされません。

現在では

現代において明治時代にあったようなあからさまな差別はもちろんなくなりましたが、この地域の人と地域外の人が結婚しようとすると、お年寄りなどがこれを良しとせず、無理やり引き離してしまうこともあります。

また、差別されてきた弱者の立場を利用して甘い汁を吸っている人がいるなど、問題はさまざまです。

社会的には腫れ物に触る存在になっており、簡単には語れない問題です。

出身地別の方言

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

地域によっていろいろな方言があります。「何語喋ってるの?」と困惑するような訛りの強い方言や、「だっちゃ」や「やねん」のような、思わずキュンとしてしまう可愛い方言も存在します。そこで最後は、出身地別の方言を紹介していきます。

東北弁「〜してけろ!」

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

東北地方の方言「〜してけろ!」は、「〜してちょうだい!」という意味の方言です。アニメのキャラクターのような語尾がとってもキュートだと、他の出身地の男性から人気です。東北の可愛い女の子から「許してけろ」なんて言われたらなんでも許してしまうことでしょう。

東北地方には、「してけろ」の他にも、「ちょす→触る」「きかない→気が強い」「しゃね→知らない」「おらほ→私達の方」「おだずな→調子に乗るな」「ございん→来なさい」
「がが→母」など、難しい方言がたくさんあります。

博多弁「〜やけん!」

某女性雑誌が実施した「可愛いと思う方言ランキング」で、半数の票を得て1位を獲得した博多弁には、可愛い方言がたくさんあります。

「〜やけん」とは、「〜だから(理由)」という意味で、「好きやけん(好きだから)」「やけんね、明日は…(だからね、明日は…)」などといった使い方ができます。

他にも、「好いとーと(好きだよ)」「今日、会えると?(今日会える?)」「なんばしよっと?(何してるの?)」など、博多弁のゆるい感じがたまらないと、男性から大人気です。

出身地が自分を形づくる

出身地の定義・出生地との違い・差別はあるのか・性格・相性

いかがでしたか。出身地とは、多くの子供時代を過ごし、自分のルーツとなった土地のことです。私たちは出身地の風習や環境から影響を受け、人格や喋り方など、その地域独自の性質を身につけています。都会に住んでいる方は、さまざまな出身地の人と接し、土地ごとの性質の違いを感じてみましょう。

Related