Search

検索したいワードを入力してください

タクシーを10km利用したときの料金は?地域別に目安を紹介!

更新日:2022年05月02日

タクシーに乗る際、いくら掛かるかわからず不安になることはないでしょうか。本記事では、タクシー料金の仕組みから、実際10kmタクシーを利用した際の料金の目安を紹介しています。タクシー料金について不安があればぜひチェックしてみてください。

「隣町まで行きたいけど、タクシー料金はどれ位かかるんだろう?」
「タクシーを使いたいけど、料金の仕組みが分からなくて乗るのが怖い!」
このようにタクシーに対して不安を覚えて、結局乗るのを諦めてしまった方もいるのではないでしょうか。

本記事では、タクシーの料金の仕組みと、実際にタクシーに10km乗った際の料金の目安を紹介しています。

この記事を読むことで、これまで理解していなかったタクシーの料金の仕組みを理解できるため、今までより簡単にタクシーを使うかどうかの判断ができるようになるでしょう。

これまでは敬遠していたけど、実はタクシーを使ってみたい、いつか乗るかもしれないので料金の目安だけでも知っておきたいと思っている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

タクシーを10km利用したときの料金はどのくらい?

実際にタクシーを使う際、乗車する距離はだいたい10km位が一つの目安となるのではないでしょうか。しかし、タクシー料金は走行距離だけで決まるわけではありません。料金の仕組みを正しく理解していないと、想定外の出費をしてしまう可能性もあります。

そこで、今回は詳しいタクシー料金の仕組みと、タクシーを10km利用したときの料金の目安を地域ごとに紹介します。

読んでいただくと、タクシーを使うかどうかの判断がし易くなりますので、ぜひ最後まで記事を読んでみてください。

タクシー料金の仕組み

一般的なタクシー料金を決める要素は、「初乗り運賃」と「加算運賃」そして「深夜料金などの追加料金」の3種類になります。言葉だけなら聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ここからは、タクシー料金の仕組みを解説します。読んでいただければ、タクシーの料金を簡単に割り出せるようになるでしょう。

初乗り運賃

タクシーは走った距離に応じて料金が加算されていきます。しかし、この料金は0円から始まるわけではありません。

例えば、「1.052kmまで420円」や「1.2kmまで500円」というように地域ごとに差はありますが、走行距離にかかわらず支払いの必要な最低料金が決まっています。これが、「初乗り運賃」です。

そのため、タクシー料金の目安を算出する際はまず今自分のいる地域の「初乗り運賃」を調べることが必要になってきます。

加算運賃

タクシーの料金は、基本的に走った時間と距離で決める「時間距離併用制運賃」というシステムを使っています。

この「時間距離併用制運賃」は、233mごとに80円、速度が10km/h以下の場合1分25秒ごとに80円という様に時間と距離ごとに加算される料金が決まっています。

もちろん、タクシー会社や地域によって加算される料金が変わることはあるでしょう。しかし、ほとんどの会社がこのシステムを採用しています。

特に、タクシー料金の目安を算出する際は距離が大切になりますので、「233mごとに80円」という要素は理解しておく必要があります。

深夜料金

次のページ:タクシーを10km利用したときの料金の目安【東京】

初回公開日:2022年05月02日

記載されている内容は2022年05月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests