Search

検索したいワードを入力してください

聖書の名言をテーマ別に21選紹介!人生に役立つ有名な言葉も

更新日:2022年05月02日

就職、転職、引越し、友や恋人との出会いや別れ。人生にはさまざまな転機が訪れますね。聖書を読めば人間の悩みにも喜びにも寄り添う珠玉の名言に出会えますよ。聖書の成り立ちや歴史背景も分かりやすく解説。気になる方は是非ご一読ください。

「聖書って難しそう。ちょっと読んだけどさっぱり分からなかったわ」
「うちは仏教だよ。クリスチャンじゃないし」
こんな会話が交わされている日本。片やアメリカ大統領の就任式では、正副大統領が聖書に手を置いて宣誓していますよね。聖書の世界は、日本人にとって近いようで遠い存在だと言えるでしょう。

世界でも稀な、無宗教と言われる日本人ですが、日々の日常会話でも結構、聖書の名言は知らないうちに使われています。そして明治以降、西欧に追いつけ追い越せと近代化を進めた時代には日本にも多くのクリスチャンがいて、キリスト信仰を日常の心の支えにしていたことも事実。ミッション系の学校も日本中に数多くありますね。

そんな歴史を踏まえつつも、フラットな気持ちで聖書の名言に触れてみませんか。
きっといくつかの名言は、読む人の心に静かに錨(いかり)を下ろしてくれることでしょう。

聖書の名言について気になる方はぜひご一読ください。

聖書の名言にはどのような言葉がある?

聖書の名言は優しさと力強さに満ちています。聖書の名言には大きくわけて3つの特徴があります。

1.暴力を否定している「柔和な人々は幸いである、その人たちは地を受け継ぐ(マタイによる福音書第5章 山上の説教とよばれる)
「あなたの頬を打つ者にはもう一方の頬も向けなさい」(ルカによる福音書第6章)

これらの名言は良く知られていますが、読んですぐ「無理!」「あり得ない」と思う人の方が多いでしょう。しかしそこが聖書の秘密、大きな謎を秘めた部分なのです。聖書に記載されたキリストの教えを信じる人には全く違った意味で読む人に迫ってくるのです。

2.人のために貢献し、行動するようすすめている「あなたがたは地の塩である。世の光である。あなたがたの光を人々の前に輝かせなさい」(山上の説教)
マタイによる福音書第4章やルカによる福音書第4章では、キリストには病気の人を癒す力を持っていると知った人が次々と押し寄せ、奇跡を起こしたと書かれています。

大勢の病人に対応するのにきっと寝る暇もなかったでしょう。けれども、自分(キリスト)を信じるなら、自分と同じように行動しなさい、それが神様の愛に応えることです、と教えています。

3.日の当たらぬ人生を送る人に語りかけている「疲れた者、重荷を負う者はすべて私のもとに来なさい。休ませてあげよう」(マタイによる福音書第11章) 

キリストはご自身も労働者である大工さんとして苦労の多い人生を送ってこられた方です。キリストの言葉は子だくさんの労働者や生活に困っている女性、病気で苦しんでいる人など、弱い人の立場に立ったものですから、貧しい民衆の心を鷲づかみにしたのです。

聖書の基礎知識

ユダヤ教は旧約聖書を経典にする宗教で、旧約聖書だけを「聖書」と呼んでいます。キリスト教では旧約聖書と新約聖書とが「聖書」です。

「旧約」「新約」の「約」は、翻訳の「訳」ではなく、「神の約束(旧約)」「キリストの約束(新約)」という意味です。キリストは「ナザレのイエス」といわれる方でユダヤ人ですから、ユダヤ教の教えのもとで成長しました。しかし、自らが神の子であることを知り、飢えや病によって生き方を見失っていた当時の人々を救うために立ち上がられたのです。

ですからキリストは単なる教祖ではなく、キリスト教徒にとってはイエス・キリストご自身が信仰の対象です。仏教では釈迦の弟子たちがその教えを経典として文字にし広めたように、新約聖書ではキリストの弟子たちが「福音書」という形で世界中に広めたのです。

聖書は旧約聖書と新約聖書をまとめたもの

次のページ:聖書の名言【赦し(ゆるし)】

初回公開日:2022年05月02日

記載されている内容は2022年05月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests