Search

検索したいワードを入力してください

「わかりました」の正しい敬語の使い方|メール/ビジネスなど

更新日:2020年08月14日

ビジネスシーンでも使うことが多い「分かりました」ですが、この意味を示す言葉はいろいろあります。敬語と呼べるような言葉はありませんが、丁寧な表現として目上・上司・お客様に使うことに適しており、目下への使用には適さない「分かりました」の意味を持つ言葉もあります。

電話

「分かりました」でも良い時はありますが、堅くしたのであれば「承知いたしました」や「かしこましました」でも良いでしょう。「承知しました」と言う人も多く、日常の中で使用している人もいます。

承知は「分かりました」の敬語と思われがちですが、敬語ではなく堅い言い方なだけです。「かしこましました」は言い慣れないと言いにくい上に、相手にも緊張感を与えてしまうことがあります。「分かりました」はフランクな言い方なので、誰にでも使える堅い言い方の「承知いたしました」が無難でしょう。

就活

就活時にも、言葉遣いは重視されます。ビジネスの項目で説明したように、無難なのは「承知いたしました」ですが「かしこまりました」も状況に応じて、使用した方が良い時もあります。

「かしこまりました」は理解を示すことで、「承知いたしました」は承諾を示す言葉です。面接官から「分かりましたか?」と聞かれた時には「はい」だけでも問題ありませんが「これを持ってきてください」などには文面上または口頭上では「承知いたしました」を使います。「かしこましました」は文面上ではなく、口頭上でのみ使用した方が良いでしょう。

相手別で考える「分かりました」の敬語での言い方

「分かりました」ということを伝える言葉遣いは、相手によって適した言い方を考える必要があります。失礼にならないように、適した言葉遣いで「分かりました」の意味を伝えましょう。

上司

会社の上司とは書類やプロジェクトなど、ビジネスシーンでの会話が多くなります。そのため、ビジネスルール的に問題のない「分かりました」を使用することが無難とされます。ビジネスルール的に無難な「分かりました」は「承知いたしました」です。「かしこまりました」でも問題ありませんが、「承知いたしました」とは状況で使い分けると良いでしょう。

先輩

先輩と後輩の間柄では、言葉遣いを重視する世界もあります。先輩に対して「分かりました」を伝える時はそのまま「分かりました」が用いられることもありますが、言葉遣いを重視する必要がある場合は「承知いたしました」が無難でしょう。「かしこまりました」でも良いのですが、先輩の性質によっては畏まって接しられるのを嫌うタイプもいます。相手の性格に応じて言葉遣いを考えましょう。

先生

先生と言ってもいろんな先生がいますが、学校の先生に対しては「承知いたしました」が無難です。高校くらいまでは「はい」の一言で「分かりました」を示すことが多くなりますが、教授などと接する機会が増える大学では「承知いたしました」の使い時も出てきます。

病院の先生に対してはあまり畏まらなくても良いのですが、雑な言葉遣いは避けましょう。技能面などの先生に対してはその先生のタイプにもよりますが、無難なのは「承知いたしました」です。

目下

目下に対しては「分かりました」や「了解しました」で問題ありません。「承知いたしました」と「かしこまりました」には「相手を上にする」という意味合いも込められているため、目下に使用する言葉としては不適切です。目下に対しては、目下から目上に使用することが適切でないとされる「分かりました」や「了解しました」を用います。

外国語で「分かりました」の敬語はどう言うの?

日本語は複雑なので「分かりました」にもいくつかの言い方があることは当たり前のように感じられますが、英語などの外国語にもさまざまな「分かりました」が存在しています。

英語

英語では「OK」が「分かりました」の意味で用いられてしまうことがありますが、ビジネスシーンで「OK」は不適切な言葉となります。「OK」は日本語で言う「了解」です。「了解しました」は目上やお客様には失礼な言葉遣いであったことから、ビジネスシーンで「OK」は使用不可なことが分かります。では、英語で「分かりました」にはどんな言葉があるのでしょうか。

英語:内容を理解した時の「分かりました」

・I understand.(アイ アンダスタンド)=「たった今、分かりました」

・I nuderstand it.(アイ アンダスタンド イット)= 「それについて了解しました(何を理解したのかを強調している)」

・I nuderstand that ( about ) 〜. (アイ アンダスタンド ザット(アバウト)〜)=「しっかりと理解した後に返事をしました(内容が提示されてすぐではなく状況で、十分に理解したことを示す)」

・All right.(オール ライト)=「分かりました・大丈夫です」カジュアルだがビジネスシーンでも使用可。

・I get it.(アイ ゲット イット)=「了解しました・理解しました・分かりました(現在形の言葉たので、今 分かった時に使う)」または「腑に落ちた」「分かった」

・I got it.(アイ ゴットまたはガット イット)=「すでに分かっています・分かっています(I gep it.の過去形)」

・I agree to/with 〜.(アイ アグリー トゥ/ウィズ 〜)=「承知しました(何かに同意することを示す)」フォーマルな言葉。

・I consented 〜.(アイ コンセンテッド 〜)= 1つ上と同じニュアンスですが、少し堅い言い方になる。また、こちらの方が積極的な同意が含まれる。

次のページ:「分かりました」にはいろいろな言い方が存在する!

初回公開日:2017年10月24日

記載されている内容は2017年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests