Search

検索したいワードを入力してください

「わかりました」の正しい敬語の使い方|メール/ビジネスなど

更新日:2020年08月14日

ビジネスシーンでも使うことが多い「分かりました」ですが、この意味を示す言葉はいろいろあります。敬語と呼べるような言葉はありませんが、丁寧な表現として目上・上司・お客様に使うことに適しており、目下への使用には適さない「分かりました」の意味を持つ言葉もあります。

英語:依頼を受けた時の「分かりました」

・No problem.(ノー プロブレム)=「問題なくできます」

・You got it.(ユー ゴットまたはガット イット)=「任せて、私がやります(依頼への返答に使う)」

・Certainly.(サートゥンリー)=「確かにそうします(依頼に対する畏まった分かりました)」目上の人・上司・お客様に使用できる。

・Absolutely.(アブサルトゥリー)=「完全に・確実にそうします(ビジネスシーンでは当然です・もちろんですの意)」丁寧な言い方。

・Sure. / Sure thing.(シュア / シュア シィング)=「承知いたしました・かしこまりました」カジュアルに使うこともある。

・Will do.(ウィル ドゥ)=「分かりました・やります・これから取り掛かります(承諾と実行を同時に示す)」I will do it. の略。

韓国語

・Thank you for your correspondence.(テンキュー ユー フォー ユアー コレスポンデンス)=「ご連絡ありがとうございます・メールの内容を確認しました」丁寧な表現。

・Noted./Noted with thanks.(ノゥティド / ノゥティド ウィズ サンクス)=「分かりました(with thanksを付けると感謝の気持ちが込められる)」丁寧な表現。

・I get the point.(アイ ゲット ザ ポイント)=「要点を確認しました」

・Roger./Roger that.(ラジャー / ラジャー ザット)=「了解しました」カジュアル、冗談交じりに使うため使用する相手には注意。

韓国語

英語の次は、韓国語です。韓国語には日本語と同じように敬語表現があるため、「分かりました」にもいろいろな言い方があります。

イェ アルゲッスムニダ(예,알겠습니다.)

目上の人からのお願い(依頼)に対して使う、最も畏まった「分かりました」です。「イェ」の部分が最も丁寧な「はい」の言い方で、「アルゲッスムニダ」は「分かる」の意味がある「アルダ」に「ゲッ」を付けて柔らかい言い回しにしています。親しみある相手には語尾を「アルケッソヨ」にすると良いとされますが、ビジネスシーンでは「アルゲッスムニダ」が適します。

アルゲッソ(알았어요)

「分かる」の意味を持つ「アルダ」を「ヨ体」というものにしたシンプルな言葉ですが、言い方に注意が必要な言葉とされます。「アラッソヨ」は棒読みで言うと「そんなこと知ってます」や「分かってますって」といった感じで、冷たい・ぶっきら棒な印象になります。そのため「アラゲッソ」がビジネスシーンでは無難で、逆にフランクには「アラッソ」とも言います。

イヘハダ(이해하다)

この言葉は「理解する」意味の「分かりました」です。相手の気持ちを汲み取る時・作品の鑑賞をして内容の良さを知った時・態度を理解した時などに使用することが多いです。

ブンブデロ ハゲッスムニダ(분부대로 하겠습니다)

これは、家臣が王様に使うことがある「分かりました」です。「ブンブデロ」は、日本語で言う「仰せのままに」といった感じです。「ブンブデロ ハゲッスムニダ」は「言いつけ通りにいたします」の意味になりますか、韓国の人でさえあまり使わない表現と言われています。

「分かりました」にはいろいろな言い方が存在する!

「分かりました」を敬語で示す時には「承知いたしました」や「かしこまりました」が用いられますが、これらは敬語とも、敬語ではない丁寧な言葉とも言われています。

敬語とか敬語ではないとか言われると混乱しますが、「承知いたしました・かしこまりました」には相手を上にする意味合いがあり「分かりました・了解しました」にはそのような意味合いがないため、使う相手を分けることは難しくありません。

英語や韓国語に関しても、たくさんの「分かりました」がありました。英語には敬語という文化がないため丁寧な言い方とフランクまたはカジュアルな言い方があり、韓国語には敬語があるため畏まった言い方が存在します。グローバルな社会なので、どこかに書き留めておくと役立つ時がくるでしょう。

日本語の敬語は複雑ですが「承知いたしました・かしこまりました」は目上・上司・お客様・取引先などに対して使い、「分かりました・了解しました」は目下・同等・畏ると逆に失礼な相手に対して使いましょう。

初回公開日:2017年10月24日

記載されている内容は2017年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests