Search

検索したいワードを入力してください

「とんでもない」「とんでもないです」の敬語表現・使い方や例文3つ

初回公開日:2017年11月15日

更新日:2020年05月25日

記載されている内容は2017年11月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

相手に褒められた時の「とんでもないです」という言葉。日本人の謙虚な姿勢を表した表現ですが、正しく使えていますか。意外に知らない「とんでもない」の正しい日本語や、似た意味で使える言葉をご紹介します。ほめられても焦らないよう、目を通しておいてくださいね。

「とんでもない」という言葉よりも「とんでもございません」という表現方法のがやや丁寧な表現になります。

ビジネスやフォーマルシーンで使用する場合は、「とんでもございません」という言葉を選びように留意しましょう。

例文
「○○の件お忘れですか」
「とんでもございません、ただいま確認中でございます。」

「とんでもない」の関連語・言い換え

「とんでもない」「とんでもないです」の敬語表現・使い方や例文3つ
※画像はイメージです

「とんでもないです」には、同じような意味を持った言葉があります。同じような意味を持つ言葉ですが使う場面によって使いわける必要があります。

では「とんでもないです」の関連語や言い換え表現についてくわしく見ていきましょう。

突拍子もない

「とんでもない」という言葉の関連語の1つとして挙げられるのが「突拍子もない」です。「突拍子もない」は、常識はずれな、的外れという意味をもちます。

「とんでもないです」という言葉も常識外れな質問をされたときの返答として使用することがあります。「突拍子もない」という言葉もさまざまな意味があるので使用する際は留意しましょう。

滅相もない

「とんでもない」と同じように使える言葉の1つが「滅相もない」という言葉です。「滅相もない」という言葉は、決してそのようなことはないという意味を表わします。

たとえば、取引先から褒め言葉をもらった場合は「とんでもございません」の換わりに「滅相もございません」と返答する場合もあります。

「とんでもない」の意味を知って正しく使おう

「とんでもない」「とんでもないです」の敬語表現・使い方や例文3つ
※画像はイメージです

「とんでもないです」という言葉は「です」という丁寧語が付いているのでフォーマルな表現のような印象を受ける傾向にあります。

しかし、「とんでもないです」は状況に応じて失礼のないよう使いわける必要のある言葉です。とっさに目上の人から褒められたときなどに、快く対応できるよう意味を理解することが重要です。

間違った敬語表現に気を付けよう

「とんでもないです」は使うシーンによって失礼な場合もあります。「とんでもないです」を敬語表現にしたい場合は状況に合わせて表現を使いわけることが大切です。

相手から褒められて軽く返答する場合は「とんでもございません」、意外なことを言われた場合は「とんでもないことでございます」と表現しましょう。

Latests