Search

検索したいワードを入力してください

「自分の会社」の敬語表現・=使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年03月15日

更新日:2020年03月08日

記載されている内容は2018年03月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスでは、「自分の会社」という言葉を敬語にして使うシーンがたくさんあります。「当社」「弊社」の使い分けや「自分の会社」という言葉を敬語表現に変えた時の例文などを使い、使い方をご紹介しています。「自分の会社」を正しく表現するための参考にしてみてください。

「自分の会社」の敬語表現

「自分の会社」の敬語表現・=使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

ビジネスでは、会話や電話などで「自分の会社」のことを表現する場面があります。では、自分で「自分の会社」を表現する場合、どのように敬語表現にすれば良いのでしょうか。

「自分の会社」のことをへりくだった表現にする敬語についてご紹介します。

弊社

「弊社」という言い方を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。「自分の会社」のことをへりくだった表現にする場合の敬語表現は一般的に「弊社」になります。顧客や取引先などに対して、「自分の会社」という表現をしたい場合は、「弊社」を使うようにしましょう。

当社

「弊社」と同じように自分の会社のことを表す言葉に「当社」という言葉があります。これは、相手の人に対して自分の会社のことを表現する時に使うのではなく、身内に対してや特定の人に対してではなく「自分の会社」を表現したい時に使うのが一般的です。

実際にはどのような場面で使う言葉なのか例文を使ってご紹介します。

例文

・○○という商品の△△部分の改良を加え、新たに新商品を開発いたしました。これは、○○に関する旧製品と新製品の当社比で調査を行った結果です。
・(社内会議などで)当社としましては、今後は特に○○に力を入れた営業展開を行います。

このように自社の製品の性能を比較する場面や、社内会議などで「自分の会社」を表現する場合に当社を使います。「当社」は基本的には、外部の人に対して自分の会社を表現する時に使う言葉ではありませんので注意しましょう。

「自分の会社」の敬語での使い方

「自分の会社」を敬語表現にしなければならない場面は、社外の人に向けて「自分の会社」のことを表現するときです。この場合、自分をへりくだった表現に変える必要がありますので、「謙譲語」に変えて使います。

次の項目で敬語の種類と使い分けについて、詳しくご紹介します。

敬語の種類

敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3つの種類があります。使う相手や使う相手との関係性で同じ言葉をそれぞれにあった敬語に変換する必要があります。

使い方

「尊敬語」は、相手の言動や行動を自分が表現する場合に「尊敬語」に変換します。「謙譲語」は、自分の言動や行動に対して自分が表現する場合に、自分をへりくだった表現にするときに使います。「丁寧語」は、「です」「ます」といった言い方や言葉の頭に「お」や「ご」をつけ、丁寧な表現になるように使う言葉です。

自分の会社は、自分の言動や行動ではありません。自分自身をへりくだった表現する言葉に、「小生」や「小職」などがあります。

しかし、これと同じように社外の人に対しては個人であってもその会社の代表という意味合いがあるため、「自分の会社」のへりくだった表現として謙譲語の「弊社」という使い方をします。(※小生や小職は使い方は、年上の人に対して使ってしまうと失礼になりますので、注意しましょう)

メールでの使い方

「自分の会社」の敬語表現・=使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

相手の会社を敬語表現にした言葉には、「貴社」「御社」があります。相手の会社を敬語表現にする場合、「貴社」と「御社」には明確な使い分けがあります。この部分に関しては、あとの項目で詳しくご紹介しますが、「自分の会社」を敬語表現する場合は、社外の人に対して使う場合の敬語は「弊社」です。

メールなどで、社外の人に対して「自分の会社」という言葉を使う場面では「弊社」を使うようにしましょう。

社内での使い方

社内で「自分の会社」という言葉を使う場合は、お互いが身内なので、「自分の会社」は、他の人にとっても同じ会社が「自分の会社」ということになります。

会話の中で「自分の会社」のことを表現する場合と、社内会議などで使う場合、また会話する相手との関係性で言葉を変えることがありますが、社内で使う場合は以下のような言葉が使われています。

「当社」「わが社」「うち」

同じ社内なので、基本的にはどれを使ってもかまいませんが、自分よりもかなり上の上司に対して使う場合は「当社」や「わが社」といった言葉を使うと良いでしょう。

第三者が使う時

第三者とは、当事者ではないということです。つまり、同じ社内の人ではない人が使うということです。同じ社内の人ではない人ということは、平たく言うと他社の人ということになります。

他社の人が自分が勤務している会社のことを自分で表現する場合は、「当社」ですが、他社の人があなたの会社のことを表現する場合は、「貴社」または「御社」を使わなければなりません。

「相手の会社」を敬語表現にする場合

上記の項目で相手の会社のことを敬語表現にする場合、「貴社」と「御社」という言葉を使うというご紹介をしましたが、実は「貴社」と「御社」には明確な使い分けがあるということをご存知でしょうか。

「自分の会社」の敬語表現と一緒に「相手の会社」を敬語表現にする方法も併せて覚えておきましょう。

貴社

相手の会社のことを敬語表現にする場合、本来は「貴社」を使うのが正しい使い方です。しかし、書面ではなく会話の中で「貴社」を使う場合、「きしゃ」には「記者」「帰社」「汽車」のように同じ読み方でまったく意味の違う言葉がたくさん存在します。

そのため、電話などで相手の会社のことを「貴社」と伝えてしまいますと、意味が間違って伝わってしまう可能性があるため(もちろん文脈で判断することはできますが)、口頭で使う場合は基本的には「貴社」は使いません。

御社

「貴社」の項目で、口頭で使う場合は「貴社」は使わないというご説明をしましたが、口頭で使う場合は「御社」を使います。

「履歴書」「書類」「メール」「はがきや手紙」などの書面で使う場合は「貴社」を使い、会話などで使う場合は「御社」を使います。正しい使い分けを知らずに使っている人も見かけますが、実はこの2つには使い分けのルールがあります。

「貴社」と「御社」はたしかに相手の会社のことを表す敬語ではありますが、どちらを使っても良いというものではなく、実はこのようにはっきりとした正しい使い分けがあります。ビジネスマナーの1つとして、しっかり覚えておくことをおすすめします。

「自分の会社」を敬語表現するときの例文

「自分の会社」を敬語表現した例文をご紹介します。

例文

・このたびは、弊社製品をご利用いただき、まことにありがとうございます

・このたびは、弊社の手違いにより、お客様には大変ご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございませんでした

・○月○日の展示会では、弊社営業の山田が担当致します

お詫びで弊社を使う時の注意点

「自分の会社」の敬語表現・=使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

上記の例文のように、お詫びする場面で「弊社」という言葉を使うことがあります。お詫びする場面では、相手の方は自分の会社に対して、不満や怒りがある状態ということになります。

この場合、敬語の使い方を間違えてしまいますと、その言葉尻からさらに怒りが増してしまうこともあります。しかし、言葉を丁寧にしようとし過ぎてしまい「お」や「ご」を付けた言葉を多用してしまいますと、表現がくどくなり返って嫌味な印象を与えてしまうことがあります。

とはいえ、実際にお客様を取引先などを目の前にしてしまいますと、緊張から言葉がうまく出てこなくなってしまうことがあります。お詫びに行く場合は、事前にアポイントメントを取って伺うことが多いので、事前にシミュレーションをしておくのも1つの方法です。

お詫びの場面での敬語の使い方は、他の場面よりも慎重に使うように心がけましょう。

「自分の会社」の別の敬語表現例

「自分の会社」の敬語表現・=使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「自分の会社」という言葉を敬語表現にする場合、「弊社」という使い方以外に「私ども(わたくしども)」という使い方をすることがあります。「私ども」は、個人ではなく、会社や団体のことをへりくだった表現として使われている言葉です。

「私(「わたし」、または「わたくし」)という表現の場合は個人を表す言葉ですが、「私ども」という複数形にすることで、会社または団体を表す謙譲語になります。自分の会社を表す謙譲語として「弊社」と同じように使うことができます。

ビジネスでは「自分の会社」という表現は使わない

友達との会話などの場合は、「自分の会社」という表現でもかまいませんが、ビジネスシーンでは「自分の会社」という表現を使うことは避けましょう。

新入社員の時は、とっさに言葉が出てこないこともありますが「自分の会社」という表現は、相手に対して幼稚な表現になってしまいます。学生から社会人になると、始めは敬語の使い方に戸惑うこともありますが、内勤ではなく営業のように外回りの仕事に就く予定の人は、「自分の会社」「相手の会社」を敬語表現する場面が多くあります。

敬語も一度に全部身に付けることは難しいですが、普段良く使われる言葉については、スムーズに使いこなせるように事前に勉強しておくことも大切でしょう。

どちらが正しいのか迷った時はその場で調べる

「自分の会社」の敬語表現・=使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

相手の会社の敬語の「貴社」や「御社」のように敬語としてはどちらも正しいのですが、敬語の使い方でこの場合、どちらが正しいのか迷うことは良くあります。このように、どちらを使ったら良いか迷った場合は、その場ですぐに調べる癖をつけておくことがおすすめです。

敬語だけではなく、漢字なども場合も、この場合はどちらの漢字が正しいのか迷うことがあります。使い方や言葉の意味を調べると、次に使うときに迷うことがなくなります。結果として、書類作成や、メール作成などの時に、不必要な時間を使うこと減らすことができます。

こういった些細な時間の短縮が、結果として仕事の効率を上げるためにも役に立ちます。

普段よく使う言葉は適切な敬語を調べておきましょう

「自分の会社」のように、ビジネスシーンで良く使われる言葉は他にもたくさんあります。言葉を知らなければ、とっさの時に必要な敬語が出てこなくなってしまいます。ビジネスで使われている言葉の中には、普段の生活ではあまり使われない言葉もあります。

仕事で良く使われている言葉については、日ごろから適切な敬語を調べておくと良いでしょう。また、ビジネスでは、自分の落ち度ではなく、会社の代表としてお詫びに伺わなくてはならないこともあります。

このような場合は、事前にシミュレーションなどを行うと、言葉をイメージしやすくなります。緊張して言葉が出なくなってしまいますと、相手の怒りが増してしまうこともありますので、事前に準備をしておくことも、ときには大切です。

Latests