Search

検索したいワードを入力してください

「お受け取り」の例文・類義語・対義語・敬語での使い方|の程

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

何かを受け取る際に使われる「お受け取り」ですが、実際に使う場合にはどのように使用すればいいのでしょうか。また、「お受け取り」の類義語や対義語や敬語にはどのようなものがあるのでしょうか。「お受け取り」に関するそれぞれについて説明していきます。

「お受け取り」の例文

「お受け取り」とは、贈り物を受け取るという動作を敬う尊敬語の使い方で敬語表現になります。ここでは、「お受け取り」と使った例文を順番に説明していきます。「お受け取り」という言葉を使う際の参考にしましょう。

お受け取りください

「お受け取りください」は、「どうぞその書類をお受け取り下さい」や「あなたへのプレゼントですので、お受け取りください」のように使用します。

一般的に、お客や目上の人への贈り物やビジネスで使う書類などを渡す際に「お受け取りください」と軽く会釈または、状況次第では深々と頭を下げながら言います。

また、「お受取りください」をさらに丁寧に言う場合には、「ませ」をつけて「お受取りくださいませ」という使い方をします。

お受け取りの程

「お受け取りの程」は、手紙などで何かを送って受け取ってほしい時や、相手がなかなか受取ろうとしない時に使用します。

「こちらの同封したハンカチを、お受け取りの程よろしくお願いいたします」や「持って帰れませんので、なにとぞお受け取りの程、お願い申し上げます」などの使い方をします。

また、受取る意志があるかないか分からない人に、「お受け取りの程、いかがいたしましょうか」のように使う場合もあります。

お受け取りいたしました

「お受け取りいたしました」は、敬語表現の謙譲語にあたりますが、一般的にはあまり使われません。「お受け取りいたしました」よりも「拝受いたしました」という表現を使う事が多いです。

また、「この手紙、確かにお受け取りいたしました」でも敬語としては間違っていませんが、「この手紙、確かに拝受いたしました」の方が一般的です。

お受け取りいただく

「お受け取りいただく」は、先方にお受け取りしてもらうという意味があります。「あの商品をお受け取りいただき、ありがとうございます」や「こちらの本をお受け取りいただけるそうで助かります」などのように使用します。

また、希望や依頼として「お受け取りいただくことは可能でしょうか」や「お受け取りいただけたらと存じ上げます」と使う場合もあります。

「お受け取り」の類義語

「お受け取り」という言葉の類義語にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、「お受け取り」の類義語について順番に説明していきます。

「お納めください」

「お納めください」は、「お受け取り」よりも堅苦しい表現になります。「納める」は、片づけることや定位置にしまいこむという意味があります。「お納めください」は、一般的に相手に贈り物をした際に使われる言葉です。

「こちらの書籍を、どうぞお納めください」や「でき上がったお茶碗は、そのままお納めください」などのように使用します。

「つまらないものです」

「つまらないものです」は、本当につまらない物をわたすのではなく、渡すものに対して謙遜していう言葉になります。「つまらないものですが、どうぞお使いください」や「つまらないものですが、おすそわけでございます」などのように使用します。

また、人によっては「つまらないものだったらいりません」と言う場合もありますので、人を良く見て使用するようにしましょう。

「ほんの気持ちです」

「ほんの気持ちです」は、この言葉の中に「お受け取り下さい」が含まれています。「ちらの賞品は、運営からのほんの気持ちです」や「何もお役に立てませんが、こちらはほんの気持ちです」のように使用します。

また、余程のお金持ちや何かの大会商品などでない限り、気持ちの品はちょっとした粗品になります。

「ご笑納ください」

「ご笑納ください」とは「お受け取り」の類語で、「どうぞ笑いながら受け取ってください」という意味になります。冗談の通じる目上の人などに、この言葉とともに渡します。

「このカエルのおもちゃですが、お子さんにプレゼントしますので、どうぞご笑納めください」などのように使用します。

「ささやかですが」

「ささやかですが」は、ちょっとしたものですがお受け取り下さいという意味です。

「こ知らの料理は、本日ささやかながらご用意させていただきました」や「今回の会は、人数も少ないので、ささやかながら開催しました」のように、受け取ってもらうものが、イベントそのものだったりすることもありますので、物だけとは限りません。

また、ささやかと言う言葉は提供する側が使いますので、提供される側がささやかだと考えてしまう場合でも、「本当にささやかですね」と言うのはマナー違反になりますので注意しましょう。

「お受け取り」の敬語での使い方

「お受け取り」という言葉を敬語表現にする場合には、どのように変えればいいのでしょうか。ここでは、「お受け取り」の敬語表現について説明します。

敬語とは、丁寧語・謙譲語・尊敬語の3つがあり、丁寧な表現にするのが丁寧語でへりくだって相手を立てる表現が謙譲語になります。尊敬語は、相手を敬う表現です。

丁寧語

Latests