Search

検索したいワードを入力してください

異動の際のメッセージ文例(上司/部下/同僚)書くとNGな内容

初回公開日:2017年07月09日

更新日:2020年05月27日

記載されている内容は2017年07月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社内の同僚や上司が異動になった!そんな時どんなメッセージを送ったらいいか悩む人も多いのではないでしょうか?今回は『異動になった相手』へのメッセージを各シチュエーションごとに紹介していきます。困ったときにこそ用いたい内容をまとめました。

異動の際のメッセージ文例

会社勤めをしていると『人事異動』に合うことがあります。もし親しくしていた上司や部下が『異動・転勤』になったとき。色紙にメッセージを寄せて送ることもあるのではないでしょうか。異動時期には珍しくない光景ではありますが、いざ自分が頼まれてしまったら・・・どう書いていいものか悩んでしまいませんか?

あまり仲が良くなかった上司や、関係のない人だと更に頭を悩ませてしまうことでしょう。今回は『異動の際のメッセージ』をピックアップして、上司や部下が移動になったときに送りたい、メッセージ例や書くと良い内容、逆にNGな内容をまとめました。

上司(仲の良い場合)

○○係長(上司の苗字と役職名)、○○(異動先会社名や部署名)へのご栄転、おめでとうございます。(冒頭の挨拶) 

○○係長のご指導があったからこそ、今の私がいます。本当にお世話になりました。
職場が変わられても、どうかこれまでのようにご指導頂けましたら嬉しいです。(異動を祝う言葉)

ご健康とご活躍をお祈りしております。(締めの挨拶)

出典: https://mayonez.jp/topic/2058 | 異動メッセージ文例・メッセージに書くと良い内容とNGな内容-Mayonez

例)◯◯課長。
◯年間大変お世話になりました。◯◯課長のおかげで、
つらいことも皆で乗り越えられる、明るく楽しい職場でした。
新しい部署に行かれてからも、益々ご活躍されますようお祈りいたします。
本当にありがとうございました。

上司(寄せ書きの場合)

○○部長、今までお世話になり本当に有難うございました。
どうかお身体に気をつけて。今後より一層ご活躍されますようお祈り申し上げます。

先輩(お世話になった人)

○○先輩、○年間お世話になりました。(冒頭の挨拶)

いつも○○先輩の背中を見ながら仕事をしてきました。
先輩がいなくなると思うと不安でなりませんが、教えてくださった事を守りながら、一生懸命業務に励みたいと思います。(先輩とのエピソード)

今まで本当に有難うございました。(締めの挨拶)

出典: https://mayonez.jp/topic/2058 | 異動メッセージ文例・メッセージに書くと良い内容とNGな内容-Mayonez

先輩 (あまり接点のない場合)

○○先輩、○年間お世話になりました。(冒頭の挨拶)

○○先輩とはあまり一緒にお仕事をする機会がありませんでしたが、○○先輩の仕事に対する姿勢はとても勉強になりました。(異動を祝う言葉)

どうかお身体に気をつけてお過ごしください。
新天地でのご活躍をお祈り致します。(締めの挨拶)

出典: https://mayonez.jp/topic/2058 | 異動メッセージ文例・メッセージに書くと良い内容とNGな内容-Mayonez

〇〇さんと一緒に仕事をする機会はあまりありませんでしたが、いつも同僚から話を聞いていて、いつか私も〇〇さんの元で仕事をしたいと思っていました。願いが叶わず残念ですが、その日が来ることを楽しみにしています!

出典: http://nokkun.com/business_003/ | 上司の異動の寄せ書き例 メッセージの締めや親しくない場合の文例は? | WEBの図書館

先輩(寄せ書きの場合)

○○先輩、今まで本当にお疲れ様でした。
今後のご活躍とご健勝をお祈り致します。

出典: https://mayonez.jp/topic/2058 | 異動メッセージ文例・メッセージに書くと良い内容とNGな内容-Mayonez

部下(仲の良かった部下の場合)

○○さんには厳しい言葉を言った事があったね。
それでも挫けず一生懸命仕事に打ち込む○○さんは私の誇りです。
○○さんと一緒に働けた事、本当に楽しい想い出です。(部下とのエピソード)

新しい環境で体調を崩さないように気を付けて、無理せず頑張って下さい。(締めの挨拶)

出典: https://mayonez.jp/topic/2058 | 異動メッセージ文例・メッセージに書くと良い内容とNGな内容-Mayonez

部下(接点がない場合)

○○さんとは一緒に仕事をする機会があまりありませんでしたが、○○さんの仕事に対する姿勢はとても素敵だと思います。(部下とのエピソード)
新しい部署へ行っても素敵な仕事をしてください。(締めの挨拶)

出典: https://mayonez.jp/topic/2058 | 異動メッセージ文例・メッセージに書くと良い内容とNGな内容-Mayonez

仲の良かった同僚の場合

○○さんと一緒に仕事が出来た事、○○さんから学んだ事はずっと忘れないよ。
寂しくなるけれど、いつか○○さんと一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています。(同僚とのエピソード)

落ち着いたらまた飲みに行こうね、体に気を付けて新天地でも頑張って。(締めの挨拶)

出典: https://mayonez.jp/topic/2058 | 異動メッセージ文例・メッセージに書くと良い内容とNGな内容-Mayonez

あまり接点のなかった同僚の場合

お世話になりました。(冒頭の挨拶)
別れを寂しく感じますが、○○さんのステップアップについて、心よりご活躍をお祈りしています。(同僚とのエピソード)

どうか身体に気をつけて頑張ってください。(締めの挨拶)

出典: https://mayonez.jp/topic/2058 | 異動メッセージ文例・メッセージに書くと良い内容とNGな内容-Mayonez

同僚(寄せ書きの場合)

○○さんのおかげで楽しく仕事する事ができました。
新しい部署でも、身体に気をつけて頑張ってください。

出典: https://mayonez.jp/topic/2058 | 異動メッセージ文例・メッセージに書くと良い内容とNGな内容-Mayonez

異動の際のメッセージのポイント

敬語

お世話になった上司や先輩へのメッセージは必ず敬語でまとめましょう。仲が良いからと言ってくだけた言葉遣いはプライベートではい良いですがこういった場合にはNGです。異動になったからこそ、普段伝えられない思いを伝えるチャンスです。丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

言葉に気を付ける

私たちは流行言葉とでもいうような間違った日本語を認識しがちです。今回『異動』の際のメッセージに使われる間違えやすい日本語は『ご苦労様でした』という言葉です。使い方としては『今まで本当にご苦労様でした』と使うことも多いですが、これは間違いです。

正しくは『お疲れ様でした』です。ご苦労様でした、と書くのではなく『お疲れ様でした』となっているか確認をしましょう。

二重敬語に気を付ける

〇〇部長様、◯◯課長様というような二重敬語に気を付けましょう。役職名に様を付けるのはNGです。宛名は○○部長、○○課長と言う風に役職名だけになります。メッセージの冒頭にくる大切な部分なので最後にもう一度見直し、間違いがないか確認しましょう。色紙などに残るものだからこそ丁寧な書き方が求められます。

知ってると便利な英文メッセージ

Good luck on your new journey.
「新しい門出の成功を願っているよ」

May you live a happy life and a successful career.
「幸せな人生と輝かしいキャリアを築けますように」

Thanks for all those times when you helped me when I was having a hard time.
「いつも私が大変なときに助けてくださってありがとうございました」

Best of luck for your future!
「幸運を祈る!」

I wish you all the best in life.
「あなたの人生がうまくいきますように。

いかがですか?メッセージに英文が入るだけで異動する相手に送るエールも違った印象になります。他の人と少し違った印象を持たせたいなら英文を用いたメッセージも相手によって使い分けてみるのもおすすめです。

異動のメッセージに書くと良い内容・NGな内容

メッセージに書くと良い内容

異動の際のメッセージで良い例としては、一番にお礼の気持ちを込めてメッセージを送ることです。『ありがとうございました』『本当にお世話になりました』そのような言葉が含まれるだけで丁寧なメッセージとなるため異動する相手も気持ち良く受け取ることができます。

また、お世話になった上司や仲の良かった先輩や同僚なら特に盛り込みたいのが『相手とのエピソード』です。エピソードを少し入れるだけで内容が引き立つだけでなく、異動になる相手もメッセージを読むたび懐かしくなる、そんな素敵な思い出を文面として残せるでしょう。ただし一つ注意したいのは内輪すぎる内容はNG。軽く触れる程度にしましょう。

そして最後。文章の締めとなるのは異動する相手への『エール』です。メッセージの最後に入れることでとても丁寧な印象になります。もしエピソードがなかったとしても、エールを送るだけで異動する相手も嬉しいものです。『今後のご活躍をお祈りします』『今後も頑張ってください』そういった言葉に気持ちを込めてメッセージを送りましょう。

親しくない相手にも丁寧なメッセージを

親しくない、あまり関りのなかった人にも異動する際は丁寧なメッセージを送りましょう。どんな相手でも同じ会社で共に頑張ってきた仲間です。「○○さんには大変お世話になりました」という簡単なものでもいいのです。何も書かない!ではなく、一言でも添えましょう。『異動先でもご活躍とご健勝をお祈り致します』というような異動後のエールを付け加えるとグッと印象もよくなります。

困ったときには『お礼+エール』で丁寧なメッセージを送りましょう。

真っすぐなメッセージを送ろう

人は誰しも『真っすぐ嘘偽りない感謝の言葉』を言われると嬉しいものです。丁寧な言葉を心がけて書くのも一つですが、真っすぐなあなたの言葉でお礼のメッセージを書き上げるのも相手によってはOKだと思います。むしろありきたりな言葉よりも喜んでくれる人だって多いでしょう。

「失礼が無いように」「丁寧な言葉で」がすべてではありません。自分と相手の関係や雰囲気に合わせたメッセージ作りで異動する相手が心から喜ぶ、そんなメッセージを送りましょう。

NGな内容

暴露話を書く

昇進や昇格が多い異動において、暴露話を書くことはNGです。相手とのエピソードを盛り込むことは素敵ですが、暴露話となると全く違ってきます。メッセージを書く色紙は誰が見るか分からないし、寄せ書きとなれば尚更です。それを踏まえたうえでエピソードなども盛り込むよう注意しましょう。あくまでも相手の評判を落とさないことが肝心です。

『いろいろ』『いつも』はNG

『いろいろとお世話になりました』『いつもご指導くださってありがとうございました』これはよく使われる言葉かと思いますが、なんとこれもあまり良い印象ではありません。『いろいろ』や『いつも』というのは特定のことを指さない典型的な言葉です。そのため、受け取った相手からすると『書くことがなかったのかな・・・?』と思われがちなのです。

改善点として『いろいろ』や『いつも』をもう少し具体的に書いてみましょう。『〇〇の仕事の件では自分のミスをフォローしてくださってありがとうございました。』具体的に示すだけで読み手としても嬉しいものです。


下ネタや失敗談

相手がいくら下ネタ大好きな人だったとしても、相手の家族や友人に関わらず不特定多数の人が見るメッセージに下ネタや失敗談を入れるのはNGです。せっかくのメッセージも相手からしてみれば『見られると困るもの』となってしまいます。

異動という大切な場面。エピソードの一つとして盛り込めない話もあるということを認識したうえでメッセージを考えましょう。自分がもらって困るメッセージは送らないよう心掛けることが大切です。

感謝を込めて相手に合ったメッセージを

異動の季節。どんな方もメッセージを送ることは少なくありません。メッセージと言うのは短い中にたくさんの思い出や感謝が込められてます。そして短いからこそ伝えられる気持ちがあります。自分と相手に接点があるか否かでも送る言葉は変わってきますが、どんな相手でも丁寧なメッセージを送るよう心がけましょう。

マナーや礼儀だけでなく、相手との距離感次第では送る言葉を変えてもいいでしょう。異動することで今までともに頑張ってきた仲間から送られる言葉とは大きいものです。いつかまた再開する日があるかもしれません。気持ちのこもったメッセージを送ることで素敵な付き合いをしていきましょう。

Latests